BaseFEX(ベースフェックス)の手数料は安い?BitMEXと徹底比較!その他メイカー、テイカー手数料もご紹介!

BaseFEX 手数料

ベースフェックスの入出金手数料、取引手数料のうちのメイカー手数料、テイカー手数料、ファンディング手数料についてそれぞれについて、かかる手数料についてご紹介しながら、ベースフェックスとビットメックスとの手数料を比較していきます。

また、ベースフェックスの魅力や基本情報をおさらいしながらご紹していきますので、最後までお付き合いくださいね!

この記事を読んでわかること

・BaseFEX入出金手数料、取引手数料のメイカー手数料、テイカー手数料、ファンディング手数料がわかる!
・BaseFEXとBitMEXの比較でわかること
・BaseFEXとBitMEXそれぞれにオススメする方
・BaseFEXの魅力やメリット

おすすめの取引所『BaseFEX』

baseFEX
・口座登録はとても簡単!5分で完了するから初心者でも安心。
・追証なしなのにハイレバレッジで取引可能!
手数料10%割引キャンペーン実施中!
・セキュリティ対策にも力を入れている海外取引所!
・今勢いのある海外取引所『BaseFEX』にいますぐ登録しよう!

BaseFEX(ベースフェックス)の手数料一覧

BaseFEX(ベースフェックス)の手数料一覧

手数料一覧
入金手数料 無料
メイカー手数料 仮想通貨により変動
テイカー手数料 仮想通貨により変動
ファンディング手数料 仮想通貨の価格により変動
出金手数料 無料

出金手数料は無料ではありますが、BTCまたはUSDTを出金する場合はブロックチェーンの変動の影響によってマイニング手数料がかかります。

取引手数料はBTCUSD、BTCUSDTであればメイカー手数料-0.0200%、テイカー手数料0.0700%になり、そのほかのETHXBT、XRPXBT、BCHXBT、LTCXBT、BNBXBT、ETHUSDTはメイカー手数料0.0000%、テイカー手数料0.1000%となっており、ビットコインでのメイカー取引の方が手数料が逆にもらえます。

BaseFEX(ベースフェックス)の入金手数料

BaseFEX(ベースフェックス)の入金手数料

一般的には多くの仮想通貨取引所では入金手数料が無料です。

ベースフェックスの入金手数料、かかる手数料についてご紹介します。

入金手数料とは

ベースフェックスであればBTC、USDTを入金した際にかかる手数料になります。

ベースフェックスの場合はオフラインのマルチサイン式ウォレットに入金後保管されます。

マルチサイン式ウォレットとは
取引している自分以外の署名が2人必要になる仮想通貨を保管するシステムになります。

かかる手数料

BTC、USDTの入金のみが可能で入金手数料は無料です。

入金手数料はどのくらい入金しても無料ですが、出金の際にマイニング手数料がかかることも忘れずに高額な取引を行う場合は手数料が大きくなることもありますのであらかじめ計算の上入金をしましょう。

BaseFEX(ベースフェックス)の出金手数料

BaseFEX(ベースフェックス)の出金手数料

ベースフェックスでは送金アドレスと送金する金額、2要素トークンを入力することで送金することができます。

2要素トークンとは
本当に本人が操作しているのかそのことを確かめるためにSMSやグーグル認証、電話などの手段を得て確かめる方法で、2段階認証や2要素認証とも言われます。

出金手数料とは

仮想通貨取引所に保管している仮想通貨を出金する際にかかる手数料のことで、入金の場合と同様に一般的には出金手数料が無料でありますが、代わりにマイニング手数料がかかることがあります。

マイニング手数料とは
仮想通貨の取引などを記録するデータのブロックやそのブロックが複数連なっているブロックチェーンを処理する際に発生する手数料で、パソコンでマイニングを行うことができます。

かかる手数料

出金の際には手数料はかかりませんがBTC、USDTの出金にブロックチェーンの変動の元、マイニング手数料がかかります。

そこだけ注意しておきましょうね。

BaseFEX(ベースフェックス)のメイカー(Maker)手数料

BaseFEX(ベースフェックス)のメイカー(Maker)手数料

ベースフェックスの取引手数料のうちのメイカー手数料、かかる手数料についてご紹介します。

指値注文は初心者より中級者の方から向けの注文方法です。

Maker手数料とは

メイカー手数料とは指値注文をした際にかかる手数料になり、手数料というと普通は取られるものですが、多くの仮想通貨取引所では手数料をもらうことが多いです。

手数料がマイナス表記になることからマイナス手数料とも言われています。

指値注文とは
自分が購入する価格を決め、注文する方法。その自分が決めた価格に市場がなった際に注文が確定する。

かかる手数料

BTCUSD、BTCUSDTであればメイカー手数料-0.0200%、そのほかのETHXBT、XRPXBT、BCHXBT、LTCXBT、BNBXBT、ETHUSDTはメイカー手数料0.0000%になり、ビットコインでの取引では逆に手数料がもらえますが、そのほかのアルトコインはメイカー手数料が無料となっています。

BaseFEX(ベースフェックス)のテイカー(Taker)手数料

BaseFEX(ベースフェックス)のテイカー(Taker)手数料

ベースフェックスのテイカー手数料、かかる手数料についてご紹介します。

指値注文とは違い、初心者の方にも取引ができ簡単です。

Taker手数料とは

テイカー手数料とは成行注文をした際にかかる料金です。

成行注文とは
他に取引している人と順番で購入する注文方法で、注文の手続きをしてもすぐ約定される訳ではありません。
約定とは
注文をした際にその取引が確定することのことを言います。

かかる手数料

テイカー手数料はBTCUSD、BTCUSDTの場合0.0700%で手数料がかかり、ETHXBT、XRPXBT、BCHXBT、LTCXBT、BNBXBT、ETHUSDTはテイカー手数料0.1000%になります。

ビットコインの手数料は高いものの、アルトコインや取引所トークンは手数料が比較的安くなっていますのでアルトコイン狙いのトレーダーの方にはオススメです。

BaseFEX(ベースフェックス)のファンディング手数料

BaseFEX(ベースフェックス)のファンディング手数料

ベースフェックスのファンディング手数料について、かかる手数料も含めご紹介します。

あまり聞きなれない手数料だと思いますが、しっかり理解していきましょうね。

ファンディング手数料とは

資金調達率により毎日固定の価格で、現物価格と無期限取引価格の差でポジションを保持することによりかかる手数料で、ポジションの率にもより手数料をショートポジションの方とロングポジションの方で支払ったり受け取ったりします。

資金調達率とは
1日に午前5時、午後1時、午後9時の3回変動します。
ポジションとは
自分が注文し約定した状態を保持すること

かかる手数料

現物、無期限取引価格によって手数料が変わりますし、もし今かかる手数料が知りたいのであればベースフェックスの公式サイトでご覧になることをオススメします。

BaseFEXとBitMEXの手数料比較

BaseFEXとBitMEXの手数料比較

BaseFEX BitMEX
入金手数料 無料 無料
送金手数料 無料 無料
Maker手数料 無料 -0.025%
Taker手数料 0.05% 0.075%
ファンディング手数料 8時間おき 8時間おき
日本語対応 あり あり

ビットメックスもベースフェックス同様、送金手数料は無料ではありますが、ビットコインを送金する場合はブロックチェーンの変動によってマイニング手数料がかかり、メイカー手数料、テイカー手数料は仮想通貨により変動します。

また、ビットメックスのビットコインのメイカー手数料が-0.0250%、テイカー手数料が0.0750%でBCH、EOS、ETH、ADA、TRX、LTC、XRPのメイカー手数料は-0.0500%、テイカー手数料が0.02500%になります。

取引手数料でBTCではビットメックスに劣るものの他のアルトコインのメイカー手数料ではお得で、そのほかの入金手数料、送金手数料、ファンディング手数料、日本語対応については同じレベルですので良いライバル関係です。

BaseFEXとBitMEXそれぞれの特色

BaseFEXとBitMEXそれぞれの特色

ベースフェックスとビットメックスは、とても似ている取引所としてよく挙げられます。

ここでは、BitMEXとBaseFEXの違いを踏まえながら、どんな人におすすめなのかをそれぞれご紹介していきます。

BaseFEXがおすすめの人

後述で詳しくご紹介しますが、ベースフェックスは世界レベルのセキュリティの元、セキュリティ関係でのトラブルはなく、ウォレット管理方法も安全なため、高いセキュリティの元で取引をしたい方におすすめです。

また、取り扱う銘柄も多いながらそれぞれのレバレッジが高く、高いレバレッジで取引したい方、スマホアプリでも取引ができることからスマホで取引したい方におすすめです。

さらに、BNB、HT、OKBの3つの取引所トークンに対応しているため取引所トークンで取引したい人にもおすすめです。

BitMEXがおすすめの人

BTCの取引手数料の安さがメイカー、テイカーともに安く、取引手数料を安く済ませたい方、ビットコイン取引高が高いため、高額なビットコインの取引をしたい方、

サーバーが重くないため、スムーズで1秒を争うような取引をしたい方、デモトレードもしたい取引慣れしていない初心者の方におすすめです。

BaseFEX(ベースフェックス)の魅力

BaseFEX(ベースフェックス)の魅力

ベースフェックスの基本情報をおさらいし、レバレッジ倍率について、セキュリティ対策についても含め魅力をご紹介します。

BaseFEXの基本情報をおさらい

入送金手数料が無料、取引手数料としてテイカー手数料はBTCUSD、BTCUSDTの場合0.0700%で手数料がかかり、ETHXBT、XRPXBT、BCHXBT、LTCXBT、BNBXBT、ETHUSDTはテイカー手数料0.1000%になり、BTCUSD、BTCUSDTであればメイカー手数料-0.0200%、そのほかのETHXBT、XRPXBT、BCHXBT、LTCXBT、BNBXBT、ETHUSDTはメイカー手数料0.0000%になり安いです。

また、ファンディング手数料も仮想通貨取引所的にも安く、日本語対応もしており、アプリからでも取引ができるため利用しやすいというのが基本情報のおさらいになります。

レバレッジ倍率が高い

ベースフェックスではBTC/USDが100倍、ETH/XBT・XRP/XBT・LTC/XBT・EOS/XBT・BNB/XBTが50倍、HT/XBT・OKB/XBT・ATOM/XBT・ADA/XBTが20倍なっており、最大で100倍のレバレッジ取引が可能です。

国内取引所では、最大一律4倍までとなっているので、これだけでも海外取引所に登録する意義がありますね。

セキュリティ対策がきちんとしている

400以上の仮想通貨取引所を審査したMozillaのObservatory Testで最高の評価として、評価Aの +トップクラスの評価を受けています。

また、サービスを開始して以来ハッキングされたことがなく、入金の際に創業者が制御するキーがないとシステムがシャットダウンし、取引が停止になり、リーディングセキュリティとして最高のセキュリティプラクティスを使用し、マルチサインのコールドウォレットに資産は保管されます。

ハッキングとは
不正にコンピュータに侵入することを指し、データの偽造、強盗などの犯罪行為に及ぶことがあ
コールドウォレットとは
オフライン上で保管される方法

出金の際も複数のベースフェックススタッフの確認をしてからの出金になります。

世界的にも評価が高いため安心して取引ができます。

BaseFEX(ベースフェックス)の手数料まとめ

この記事のまとめ
・ベースフェックスの入出金手数料は無料で出金の際にマイニング手数料がかかり、ファンディング手数料も、取引手数料も変動がある
・レバレッジ倍率もビットコインだけでなくアルトコインも高い
・世界トップレベルの評価を受けているセキュリティ対策を行なっている
・ビットメックスとベースフェックスの比較においてかかる手数料、日本語対応も同じ

ベースフェックスの入出金手数料、取引手数料のメイカー手数料、テイカー手数料、ファンディング手数料にかかる手数料は安く、それぞれの手数料についてもご紹介しました。

ビットメックスとベースフェックスの比較においてもほぼ同じような取引所でありながら、幅広い銘柄を対象としたレバレッジの高さ、世界トップレベルのセキュリティの高さと取引所のトークンを取り扱ったり、日本語対応という点でもベースフェックスの良さをお伝えいたしました。

この機会に手数料の安いBaseFEXに登録してみてはいかがでしょうか?