【保存版】BINANCE(バイナンス)への登録方法を詳しく図解説!口座解説や本人確認がわかる!

binance 登録

ビットメックス、コインチェンジと並んで、日本国内でもよく知られているバイナンス。

登録プロセスも簡単で、仮想通貨ビギナーでも短期間のうちに取引をはじめることができます。バイナンスで取引を安全に始めるための基本的な流れについて初心者向けに詳しく解説していきます。

この記事をざっとまとめると

・バイナンスの登録方法がわかる!
・バイナンスの特徴がわかる!
・バイナンスのセキュリティシステムがわかる!
・バイナンスのメリットがわかる!

おすすめの取引所『BINANCE』

バイナンスコイン
・口座登録はとても簡単!5分で完了するから初心者でも安心。
・追証なしなのにハイレバレッジで取引可能!
・二段階認証でセキュリティにも定評あり!
・BINANCEに登録しておけば間違いなし!

バイナンス 使い方バイナンス(BINANCE)の使い方を詳しく図解説!【登録方法から出金、レバレッジ変更まで網羅】

バイナンス(BINANCE)への登録方法

BINANCE 登録方法

仮想通貨取引所というと、登録までの流れがややこしく、ビギナー向きではないように思われるかもしれませんが、バイナンスあれば登録プロセスもシンプルでスムーズに取引を開始することができます

バイナンスの基本的な登録方法についてビギナー向けに見ていきましょう。

【ステップ1】バイナンスの公式サイトにアクセス

バイナンスへの新規登録は、公式サイトから行うことができます。まずはバイナンスの公式サイトにアクセスし、以上のような画面を表示させましょう。

最近では、バイナンスの公式サイトを偽った詐欺サイトも増えてきていますので、アクセスする際には必ずサイトのURLを確認しましょう。

【ステップ2】Registerで必要事項を記入

登録画面

バイナンスに未登録の場合、まずは新規にアカウントを作成し、認証を行う必要があります。サイト画面右上のRegisterをクリックすると新規登録メニューが表示されますので、ガイダンスの通りに必要事項を入力すれば初期登録が完了します。

バイナンスの場合、メールアドレスとパスワードだけでアカウントが作成できるため、非常に手軽です。メールアドレスはバイナンスの退会時などでも必要になりますので、登録に使ったメールアドレスは必ずメモしておきましょう。

Registerメニューで必要事項を入力したら、画面に認証画面が表示されます。バイナンスの認証はパズルによって行われ、ジグソーパズルの空いた部分にピースをひとつ埋め込むことで認証が完了します。

注意点
パズルは冷静に!

【ステップ3】登録が完了したらこの画面を確認

Registerメニューで新規アカウントを登録し、パズルによる本人認証を完了したら、画面に上の図のようなメッセージが表示されます。

英語なのでわかりにくいかもしれませんが、要するに「登録が正常に完了しましたよ」という内容で、この画面が表示されればひとまず初期段階での登録プロセスは完了したことになります。

【ステップ4】メールを確認して承認をする

バイナンスの新規登録は公式サイトから行いますが、これだけでは登録がすべて完了したことにはなりません。

サイトから新規登録と本人認証を行うと、登録用メールアドレスにバイナンスから承認メールが届きますので、メールに記載されたURLにアクセスすることで登録プロセスが完了します。

バイナンス(BINANCE)の2段階認証設定

BINANCEの2段階認証設定

バイナンスではユーザーの個人情報保護のため、2段階認証によるセキュリティシステムを導入しています。

2段階認証は、取引をする上で必ず必要ですので、この機会に登録しておきましょう。

一回アプリを登録すると、次からは番号を確認するだけですので、おすすめです。

バイナンスでの2段階認証の方法について詳しく見ていきましょう。

【ステップ1】まずは2段階認証のアプリをダウンロード

バイナンスの2段階認証は、専用アプリから行うことができます。まず、AppStore、GooglePlayのいずれかからアプリをダウンロードし、PCやスマートフォンから起動しましょう。

バイナンスの知名度が高まるにつれて類似の詐欺アプリも増えてきています。詐欺アプリにはユーザーの個人情報を盗み取る目的があり、入力した個人情報はすべて悪用されてしまいます。

詐欺アプリに引っかからないためにも、アプリは必ず公式のプラットフォームからダウンロードするのが鉄則です。

注意点
詐欺アプリに注意!

【ステップ2】バーコードをアプリにスキャン

2段階認証専用のアプリをダウンロードしたら、画面に上の図のようなバーコードが表示されます。

表示されたバーコードをアプリ内にスキャンし、認証させることでアプリとバーコードが連携します。

【ステップ3】Google認証システムで番号を確認

バイナンスの2段階認証では、いくつかの認証方式が用意されていますが、Google認証から認証を行うことによってバイナンス内での取引手数料が半額になりますので、初心者の方にはGoogleからの認証をおすすめします。

画面には上の図のようにふたつの番号が表示されます。このうち、認証に必要なのは下の6ケタの番号ですので、忘れないようにしっかりと記憶しておきましょう。

バーコードを新たに追加するときは画面右上の「+」マークをクリックすることで、新規のバーコードが表示されます。

注意点
6ケタの番号を確認

【ステップ4】バイナンス側に認証コードを入力して完了!

上の2段階認証アプリに表示されている、6桁の番号をここに入力します。

そうすると2段階認証が解除できます。

注意点
この時に、表示されている6桁の番号を素早く記入しないと、数秒後に自動的にアプリ上の番号がセキュリティ保持のために変わります。番号が変わってしまった場合は、変更後の番号を入力してください。

【ステップ5】認証キーをメモしておく

ステップ3で表示させた6ケタの認証番号は非常に重要なので、この段階でしっかりとメモしておきましょう。

この画面にも先ほどの認証番号が表示されますので、紙やスマートフォン、別ファイルなどに忘れずに記録しておきましょう。

バイナンス(BINANCE)の本人確認書類を提出

本人確認書類

バイナンスでは、初期登録のみでも2BTCまでの取引を行うことができますが、本人確認を行うことで取引額の上限を100BTCまで引き上げることができます。

本人確認のできる書類は、パスポート、運転免許証、IDカード(写真付き)になります。

ここからは、バイナンスでの本人確認の手順と必要書類について詳しく見ていきましょう。

【ステップ1】ホームから本人確認のプロセスへ

binanceの本人確認は、ホーム画面右側の「Identification」から行うことができます

2段階認証に進む「Security」もすぐ上にありますので、そちらのほうも合わせてチェックしておきましょう。

【ステップ2】個人での登録か企業での登録か選択

ホーム画面から「Idenfitication」を選択したら、次は個人による登録か、法人による登録か、ということを選択する必要があります。

画面にはそれぞれのロゴがわかりやすく表示されていますのでビギナーの方も迷うことなくステップを進めることができます。

個人と法人では取引における権限が異なります。最近では個人レベルで取引を行うトレーダーが増えているようです。

【ステップ3】個人情報を記入する(名前・住所・誕生日)

個人か法人かを確定したら、次は個人情報を入力していきます。バイナンスの本人確認では氏名、居住国、住所、生年月日が情報として必要となり、専用フォームに順番に入力するだけですのでビギナーの方でも迷うことなく入力することができます。

一度入力した個人情報は原則として書き換えることができませんので、本人確認はダブルチェックによって慎重に行いましょう。

注意点
入力ミスに注意してください。

【ステップ4】ID登録へ進む

所定の必要事項を入力したら、個人IDの認証画面に移ります。個人IDは初期登録の段階で作成したアカウント情報とセットになっている文字列のことで、これがbinance内でのあなた自身の身分証明ということになります。

個人IDはそれぞれのユーザーに固有のものであり、紛失した場合には原則として再発行がなされませんので、個人で厳重に管理しましょう。

【ステップ5】パスポート・IDカード・免許証を選択し写真をアップロード

バイナンスにおいて本人確認資料として提出できるのは、パスポート、IDカード、運転免許証のうち、いずれか1つです。

注意点
詐欺サイトに注意!バイナンスの公式サイトであることを確認してください。

上記の本人確認資料のうちいずれかを写真に撮り、データとして送信することで提出が完了します。バイナンスの本人確認はスピーディに行われますが、タイミングによっては認証完了までに数日間かかる場合もあります。

画像データは必ず本人の顔写真と必要な個人情報が認識できる状態で撮影し、送信後も厳重に保管しておきましょう。

バイナンス(BINANCE)へ登録するときの注意点

注意点

バイナンスに新規登録するにあたっての注意点についてまとめてみました。

注意点をしっかりと把握してからバイナンスを使いましょう。

日本語に対応していない故に慎重に進める

バイナンスは現時点では日本語に対応していません。ウェブサイトの言語もすべて英語ですので、基本的な英語力に自信がない、という方にとっては戸惑うことも若干多いかもしれません。

Googleの翻訳機能を使えばウェブサイトを日本語に直すこともできますが、翻訳機能の精度はまだまだ完璧とは言えず、誤訳も多く見受けられますので、自分自身でしっかりと理解できるだけの英語力を身につけましょう。

本人確認書類は見やすい写真を使う

バイナンスでは本人確認において、パスポート、IDカード、運転免許証のいずれかが必要になります。基本的には自動スキャンによる画像読み取りになりますので、顔写真も含めてしっかりと認識できる書類の画像を用意する必要があります。

書類に不備があったからといって審査に通らない、ということはありませんが、認証プロセスに時間がかかるため、大きなタイムロスになります。

明るい部屋で、光の反射などに気をつけて写真を撮る、もしくは書類をスキャンしてアップロードしましょう。

2段階認証のキーなどは、オフラインで管理する

バイナンスの初期登録では、パスワードや2段階認証のキーなど、重要なコードを入力する場面が出てきます。

ウェブサイトの安全性は充分に保たれていますが、セキュリティの不備などによって不正アクセスの余地が生じないともかぎりません。

重要なパスコードを入力する際には念のため、オフラインモードに切り替えたうえで情報を管理するようにしましょう。

実際に取引を始めるには国内取引所から入金する必要がある

バイナンスでは日本円での取引を受け付けていませんので、取引を始めるにはあらかじめ国内取引所で日本円をビットコインに交換しバイナンスの専用口座に送金する必要があります

コインの送金の際には入金アドレスや送金額の入力ミスに充分に注意し、取り返しのつかないミスが起きないようにしましょう。

バイナンスへの入金(送金)には、『DMM Bitcoin』や『BITPoint』がおすすめです!

バイナンス(BINANCE)以外のおすすめの海外取引所

bitmex 

バイナンスと並んでビギナーに人気の海外取引所として、ビットメックスが挙げられます。

ビットメックスではバイナンスとは異なり、最大100倍までのレバレッジ取引が可能となっており、取引画面も非常にシンプルですので、バイナンスと併行して登録しておくのもひとつの方法です。

ビットメックスへの登録はとても簡単!5分で完了するので、ぜひバイナンスと共に登録してみてくださいね。

【まとめ】バイナンス(BINANCE)への登録を完了させて取引スタートしよう!

この記事のまとめ
・まずはアカウント作成
・2段階認証が必須
・本人確認書類はパスポート、IDカード、運転免許証
・パスコードは厳重に管理

バイナンスを利用するためにはまず、アカウントを作成する必要があります。メールアドレスとパスワードを入力し、2段階認証を完了したら取引を始めることができます。

本人確認によってアカウントレベルを引き上げることによって取引の上限を2BTCから100BTCにすることができますので、できるかぎり早い段階で必要書類を提出し、本人確認をすませておきましょう。

バイナンス binance fx【最新】BINANCE(バイナンス)でFX取引が可能に!レバレッジ取引のルールや取り扱い通貨について徹底解説! bitmex レバレッジBitMEX(ビットメックス)でレバレッジ取引(FX)をする方法!倍率の変更方法から始め方、手数料の種類まで全て解説!