仮想通貨ステラルーメン(XLM/Stellar)の将来性や今後はすごい?|過去の価格動向や価格予想、特徴、チャートを分析!

ステラ 将来性

ステラルーメン(Stellar)はどこの取引所で購入できる?
ステラルーメン(Stellar)の購入方法を詳しく知りたい!

ステラの将来性を運営元、技術について詳しく基本情報、現在と過去の価格をトレーディングビューのデータを元にご紹介します。

また、ステラの特徴と将来性について詳しく、ステラが購入できるおすすめの取引所3つおすすめの理由や基本情報なども含めながら、今後のステラの価格予想についてもご紹介します。

この記事を読んでわかること

・ステラ(Stellar)の基本情報
・ステラ(Stellar)の現在の価格と過去の価格
・ステラ(Stellar)の特徴と将来性
・ステラ(Stellar)が購入できるおすすめ取引所3選
・ステラ(Stellar)の価格が上がると言われる理由と価格予想

おすすめの取引所『BINANCE』

バイナンスコイン
・口座登録はとても簡単!5分で完了するから初心者でも安心。
・追証なしなのにハイレバレッジで取引可能!
・二段階認証でセキュリティにも定評あり!
・BINANCEに登録しておけば間違いなし!
・ステラの取引が可能!

要するに

  • 手数料や取り扱い仮想通貨数からみても、おすすめの仮想通貨取引所は、『BINANCE(バイナンス)』!
  • BINANCEへの登録後は、2段階認証の設定が必要!とても簡単で5分で完了!
  • 『BINANCE』でお得に取引したいなら、『バイナンスコイン 』を要チェック!
  • 初心者で初めての海外取引所は、『BitMEX』か『BIANNCE』がおすすめ!
  • BINANCEは、日本語に対応しておらずカスタマーサービスも全て英語での対応になる。

 

bitmex ホームページ

BINANCE(バイナンス)公式サイトはこちら

BINANCE公式サイト

買い方 将来性

ステラ(XLM/Stellar)の基本情報や特徴

ステラ(XLM)の基本情報や特徴

ステラ(Stellar)の将来性について考える前に大雑把な価格や魅力などそもそもステラとは何か基本情報をご紹介します。

ステラ(XLM)の基本情報

ステラのロゴ

ステラ(XLM)
24時間取引高 約3,645億6,216,800円
時価総額 約1,377億39,860,600円
最高値 約87円
技術 コンセンサスアルゴニズムSCP
魅力 送金スピードと手数料の安さ
おすすめ度 ★★★

ステラ(Stellar)の時価総額ランキング13位で過去最高値を2018年1月3日に記録し、日本の仮想通貨ではコインチェックに上場しており、海外では知名度も高い仮想通貨になります。

リップルの企業向けの送金・決済とは違い個人向けの送金・決済を行っておりリップルのように送金スピードの速さと手数料の安さが魅力の仮想通貨です。

また、ビットコインなどとは違い価格の乱高下が少なく安定した価格で送金することができるのも特徴です。

ステラ(XLM)の運営元

ステラ(Stellar)はジェド・マケーレブ氏がビットコインだけでなく他にも仮想通貨が必要だと思い、リップルの開発に携わりそのアイディアの元ステラの開発を先駆けていましたが、運営しているマウントゴックスがハッキングにより破綻したため、その後リップルの開発者がステラ(Stellar)開発財団を作り、SDFという非営利団体によって開発、運営をされています。

ステラ(XLM)の技術

ステラ(Stellar)はリップルのプラットフォームを元に作られているため送金スピードの速さ、手数料は安く、ステラ(Stellar)の技術が活かされています。

また、独自のコンセンサスアルゴニズムSCPを採用しており、信頼が高く、分数制御を行い、処理の遅延が抑えられている、セキュリティレベルの高さがあるため、魅力でもある送金スピードの速さやトラブルの対処、セキュリティについては信頼ができ、個人でも安心してスムーズに多くの取引が可能となっています。

ステラ(XLM/Stellar)の現在の価格と過去の価格

ステラ(XLM)の現在の価格と過去の価格

ステラ(Stellar)の現在と過去の価格をトレーディングビューを参考にテクニカル分析、現在のチャートについてご紹介します。

テクニカル分析とは?

テクニカル分析とは
過去の取引の価格と経済情勢から将来の取引価格を分析すること

トレーディングビューでは2019年3月辺りからのアメリカドルとステラ(Stellar)の概要、マーケット、チャート、テクニカルから分析することができます。

トレーディングビューのテクニカル分析では時間刻みや日単位、月単位でテクニカルな分析をすることができ、オシレーター、移動平均、ピボットのデータも簡単に見ることができ、細かく売り、買い、中立を知ることができます。

ステラ(XLM)の現在のチャート


コインベース、ビットファイナックス、バイナンス 、ビットレックス、クラーケン、ヒットビットコイン、ビットバイの8つの仮想通貨取引所のステラ(Stellar)のチャートを見ることができます。

現在はどの取引所も同じような価格で2020年以前から価格が上がってきている状況です。

ステラ(Stellar)はコインチェックに上場もしているため需要が高くなり、今後の価格が高くなる可能性もあります。

ステラ(XLM/Stellar)の特徴

ステラ(XLM)の特徴

ステラ(Stellar)の特徴を送金速度、技術、送金手数料、発行枚数、システムの5つについて詳しくご紹介します。

【特徴①】仮想通貨の送金が早い

ステラ(Stellar)の送金速度は2~5秒でビットコインの送金速度は10分と言われ、送金速度トップとも言われる4秒のリップル並みの速さになります。

ステラはリップルに並び個人間の送金・決済のため普及すれば大きな普及となります。

【特徴②】リップルを基盤に作られた

リップルは企業間の送金・決済ですが、ステラは個人間の送金・決済の特徴になり、リップルとステラ(Stellar)は似ていますが、元々はリップルを基盤に作られた仮想通貨です。

今となってはステラ(Stellar)は独自のコンセンサスアルゴニズムSCPを採用しているため技術面では仕様が違いますが、ほぼ性能や取引システムとしてはリップルと同じになります。

【特徴③】送金手数料が安い

ステラの送金手数料は0.00001XLM(約100万分の1ドル)で個人向けの送金・決済仮想通貨でもあり、何回も細かくトレードするトレーダーからも親しまれます。

送金スピードが早く、送金手数料も安いと何回取引しても苦にならず余計な計算もしなくて済み便利です。

【特徴④】発行枚数が毎年増えている

ステラ(Stellar)の発行枚数上限は1兆枚ではありながら上限に達成するまで毎年1%ずつ総発行枚数が増えていきます。

上限が1兆枚なので毎年100億枚発行枚数が増えていきます。

個人向けの送金・決済として利用されますので急な高騰などを防ぐためにもこのような策が取られています。

【特徴⑤】中央集権だからリップルと同じ

中央集権とは
ビットコインのように承認者が取引する全ての人、マイナーがいるわけではなく管理者によって取引などを管理すること

リップルもブロックチェーンを使わない中央集権で、マイナーも必要ないため決済も早くセキュリティ面でも信頼できます。

しかし、管理者がしっかりしていれば問題も起こりませんが、中央集権だと管理者に権限があり、不正などの問題が起きる場合もありますので、管理者の信頼性も重要になります。

ステラ(XLM/Stellar)の今後や将来性

ステラ(XLM)の今後や将来性

ステラ(Stellar)はリップルといていることもありすでに需要が高まっています。ステラ(Stellar)の技術やリップルとの関係により今後の将来性をご紹介します。

①イスラム圏、東南アジアマーケットでの需要の高まり

ステラ(Stellar)は東南アジアのマレーシアやインドでは貧困層が銀行口座を持てないため需要が高まり、銀行口座がなくても送金ができる魅力があります。

またイスラム圏では絶対的に信頼があるシャリア適合認証の証明ができるステラ(Stellar)が、多くの海外労働者がいる地域で広まる可能性があります。

シャリア適合認証とは
投機的取引を証明すること

②リップルとの価格連動

リップルとステラ(Stellar)は送金スピードも送金手数料も同じく似ており、比べられる存在でもあり、リップルの価格が上がるとステラ(Stellar)の価格も上がり、リップルが何らかのトラブルやハッキングに合うとステラの需要が高まるということも可能性としてもありリップルとの価格連動があるため、リップルの価格変動にも注目が必要です。

③大企業との提携

MimbleWimbleとは
ブロックチェーン上の個人情報漏洩を防止することができる技術

ステラ(Stellar)はTENPOやIBMなどの大企業との提携し、特にIBMは「IBMBlockchainWorldWire」という国際送金ネットワークが開発し、今後さらなる需要拡大が予想されます。

④バーンが実施される

半減期とは
マイナーへの報酬を下げ、急騰な価格変動や通貨の希少性を高めるために行われること
バーンとは
運営元が流通しているある金額の仮想通貨を永久に確保することによって、流通量を減らし希少性を高めより多くの資金を仮想通貨に使用してもらえるようにします。

最近では2019年11月にステラ(Stellar)を550億XLMバーンし、約7.4円から8円に価格が20%高騰しました。

年々発行枚数を増やしながらバーンもすることによって、一時的な価格高騰はあるもののかなり高騰な価格上昇を抑えることができより格安でサービスを利用することができます。

ステラ(XLM/Stellar)が購入できるおすすめ取引所4選!

ステラ(XLM)が購入できるおすすめ取引所4選!

ステラ(Stellar)の基本情報、特徴を理解し、将来性を理解した上で実際にステラを購入する際におすすめする取引所を4選しました。

おすすめ度もそれぞれの仮想通貨で評価しており、それぞれの取引所には特徴がありますので頭に入れておくことをおすすめします。

BINANCE(バイナンス)

binance

BINANCE
おすすめ度 ★★★★★/5
取り扱い通貨数 1,000種類以上
レバレッジ対応 あり
最大レバレッジ倍率 125倍
日本語対応 なし
おすすめの理由
取扱通貨も豊富ながらレバレッジも100倍以上利かすことができ、BNB払いで便利に取引手数料もお得に取引できます。

BNB払いとは
バイナンス独自のトークンで利用年数が経つにつれ1年目50%、2年目25%、3年目12.5%、4年目6.75%、5年目に無料と取引手数料がお得になります。
バイナンス binance fx【2020年】バイナンス(BINANCE)でFX取引が可能に!レバレッジ取引のルールや取り扱い通貨について徹底解説!

Kraken(クラーケン)

Kraken

Kraken
おすすめ度 ★★★★/4
取り扱い通貨数 20種類
レバレッジ対応 あり
最大レバレッジ倍率 50倍
日本語対応 あり
おすすめの理由
日本語に対応しており、24時間年中無休のグローバルサポート、先物取引ではレバレッジを50倍までかけることができます。何十ものセキュリティで日本円も入金できます。

Poloniex(ポロニエックス)

Poloniex

Poloniex
おすすめ度 ★★★★/4
取り扱い通貨数 50種類以上
レバレッジ対応 あり
最大レバレッジ倍率 2.5倍
日本語対応 なし
おすすめの理由
追証もなく、日本語には対応していないもののUIが直感的でわかりやすく、レンディングもでき通貨ペアも多いため多用的に便利に取引ができます。
追証とは
注文し決済を終えた取引においてある一定の金額より価格が下がった際に強制的にその注文した取引を売られること
レンディングとは
仮想通貨の場合は仮想通貨取引所に自分が保有する仮想通貨を貸し出すことにより金利を得られること

BITTREX(ビットトレックス)

Bittrex(ビットトレックス)

BITTREX
おすすめ度 ★★★★/4
取り扱い通貨数 587種類
レバレッジ対応 なし
最大レバレッジ倍率 なし
日本語対応 なし
おすすめの理由
取扱通貨数が多く、ICO直後の仮想通貨が上場し15分程度で解決するカスタマーサポート力もおすすめです。
ICOとは
仮想通貨の新規上場として新しい仮想通貨の取引が開始されること

ステラ(XLM/Stellar)の価格が上がると言われる理由

ステラ(XLM)の価格が上がると言われる理由ステラ(Stellar)にはリップルと同じく今問題に直面している現金送金のコストや貧困層の方について今後もその問題解決の鍵になるような存在でもあります。

ステラ(Stellar)の基本情報、特徴、将来性、購入できる取引所を理解した上で今後の価格上昇の理由をご紹介します。

基盤通貨のリップルの価値上昇

ステラ(Stellar)はリップルに似ていると言われ、リップルと比較されることからリップルの価格上昇に伴いステラ(Stellar)も価格が上がると言われています。

リップルの需要が高まれば同じようなステラ(Stellar)も需要が高まりやすく、リップルの価格に影響しやすいので今後のリップルの価格も見逃せません。

ステラの需要の高まり

すでに東南アジアの地域の一部では銀行口座を作れない貧困層の方がステラ(Stellar)を利用していたり、イスラム圏では信頼を得てステラ(Stellar)を利用することができ、次第にステラの普及が始まっています。

時価総額13位にもランクインしており、リップルと同じく見逃せない仮想通貨として注目を浴びていますし、その技術も高く今後もさらに需要が高まることが予想されます。

ステラ(XLM/Stellar)の価格予想!今後はどうなる?

ステラ(XLM)の価格予想海外の予測を参考に今後のステラ(Stellar)の価格予想をご紹介します。

それぞれ、参考にしてみてくださいね。

Long Forecast

Long Forecast gave an entirely conservative prediction, where they forecasted that by the end of 2020, XLM might reach $0.039, which makes it look like it won’t grow much as compared to the current price.
引用:https://coinswitch.co/

Long Forecastは完全に保守的な予測を提供し、2020年末までにXLMが0.039ドルに達する可能性があり、現在の価格に比べて大きく成長しないように見えると予測しました。

一時的な価格高騰が過去にあったものの、毎年発行上限が増えていることもあり価格は以前安定して今後も急な高騰はない判断のようです。

ステラ(Stellar)はすでに2019年11月に多くのバーンを実行して価格高騰の防止も行っていますので今のところ2020年末までは特に大きな価格高騰は見られないでしょう。

【No.2】Wallet Investor

Wallet Investor updates prices and predictions every three minutes using the latest technical analysis. They have very conservatively made a 1-year forecast of $0.00291 and a 5-Year forecast of $1.005.
引用:https://coinswitch.co/

Wallet Investorは、最新のテクニカル分析を使用して3分ごとに価格と予測を更新している。Wallet Investorは、非常に保守的に1年間の0.00291ドルの予測と5年間の1ドルの予測を行っています。
Wallet Investorとは
仮想通貨の市場、株式市場、外国為替市場、ファンド市場、商品市場の相場と予測を閲覧することができるサイト

Wallet Investorでは1年間では価格が0.00291ドルとかなりの低価格を予想しているものの5年後には1ドルの予測をしており今後の将来性的には価格が高くなると予想しています。

【まとめ】ステラ(XLM/Stellar)の将来性に期待!

この記事のまとめ
・リップルと似たような技術とサービス
・中央集権化で信頼がある

・ステラ(Stellar)を購入する際のおすすめ取引所はバイナンス 、クラーケン、ポロニエックス 、ビットレックス
・リップルとともにステラ(Stellar)の需要が高まり価格上昇の予想

ステラ(Stellar)は日本ではあまり上場している取引所が少ないのですが、海外取引所でも日本語対応している取引所もありサポートもしてくれます。

リップルと似て今後の将来性もあり、需要も高まる可能性もあり、リップルの価格に影響もすることでステラ(Stellar)を取引、購入するのであれば情報やチャートから目が離せません。

ステラ(Stellar)に関する情報を手軽に収集するのであればツイッターもおすすめです。

ステラ 買い方仮想通貨ステラルーメン(Stellar/XLM)の買い方・購入方法とは?|おすすめ海外取引所・注意点・メリット/デメリットを解説!