草コインの買い方は簡単!今買いの草コインやおすすめ取引所をご紹介!

草コイン 買い方

日本でも衰える気配のない仮想通貨ブーム。ビットコインバブルの陰でここ数年注目度を高めつつあるのが草コインです。

ビットコインと対比されることの多い草コインですが、果たして、草コインとはどのようなコインなのでしょうか。

次世代通貨として期待されることの多い草コインの基本的な意味と取引方法、おすすめの取引所について初心者向けに御紹介いたしますので、ぜひとも参考になさってください。

この記事を読むとわかること

・草コインの意味がわかる!
・ビットコインと草コインの違いがわかる!
・草コインの取引方法がわかる!
・草コインの将来性がわかる!

おすすめの取引所『BINANCE』

バイナンスコイン
・口座登録はとても簡単!5分で完了するから初心者でも安心。
・追証なしなのにハイレバレッジで取引可能!
・二段階認証でセキュリティにも定評あり!
・BINANCEに登録しておけば間違いなし!
・トロン(TRON/TRX)の取引が可能!

草コインとは

草コインとは

ビットコインの対比のなかで生まれた草コイン。草コインとは一体、どのような特徴を持つコインなのでしょうか。

草コインの基本から具体的に見ていきましょう。

草コインとは?

草コインについての明確な定義はありません。草コインとは言ってみれば仮想通貨業界のスラングのようなもので、大ざっぱに言えば、「ビットコインや名の知れたアルトコイン以外のきわめてマイナーなコイン」を表しています。

仮想通貨の分類としてはまず、「ビットコインとそれ以外」に分けられているようなところがあり、ビットコインの後継通貨として開発された次世代通貨はアルトコインとよばれ、それだけでも数十種類を超えています。

草コインはアルトコインのさらに下の世代の通貨として登場し、一般的な認知度はほとんどなく、市場での取引量もそれほど多くはありません。

草コインの由来には諸説あり、「メジャーなコイン=メジャーリーグ、マイナーコイン=草野球」という言葉遊びから名前がついたとも言われています。

アルトコインとは
アルトコインとは、Alternative Coin(代替のコイン)の略称で、ビットコイン以外の仮想通貨を指す総称。

草コインの種類は何種類?

草コインの正確な定義は今のところありませんが、ビットコインやアルトコイン以外の通貨ということで、市場に出ているだけでも数千種類を超えていると言われています。

草コインは現在も無限に増えつづけており、仮想通貨取引市場が拡大しているかぎり今後も新種がリリースされつづけると見られています。

草コイン投資で一攫千金も夢じゃない!

草コインは一般的な知名度がほとんどなく、市場での取引量もそれほど多くはありません。そのため、ほとんどの草コインは通貨価値がゼロに近く、1コインあたり0.1~-0.2円程度が基本相場となっています。

9割以上の草コインは注目されないまま市場から消えていきますが、ごく稀に一部の草コインが注目を集める場合があり、価格が一気に高騰して巨額の利益をもたらす可能性も秘めています。

買うべき草コインを見極める重要なポイント

買うべき草コインを見極める重要なポイント

数千種類以上リリースされている草コインの将来性を見きわめ、一獲千金のチャンスをつかむためのポイントについて見ていきましょう。

【ポイント1】運営会社が信用できるかどうか

一般的な知名度が低い草コインだからこそ、運営会社の信頼性が重要なチェックポイントとなります。

運営会社がしっかりしていればたとえ知名度の低い草コインでもある程度の取引量が保障され、将来的に大化けする可能性があります。

草コインにかぎらず、仮想通貨を購入する際には必ず運営元をチェックし、トレーダーのクチコミも合わせて確認しておきましょう。

【ポイント2】ある程度の取引量があるか

草コインだけでなく、すべての通貨は幅広い市場で取引され、より多くのユーザーに保有されてはじめて通貨価値が保障されます。

まして、ただでさえ認知度の低い草コインにとって取引量は命であり、大手取引所の場合、取引高が極端に低いマイナーコインについては予告なく上場を強制廃止する可能性があります。

上場廃止になれば通貨価値は問答無用でゼロになってしまうため、草コインを購入する際には一定以上の取引量がある銘柄を選びましょう。

【ポイント3】多くの人に注目&支持されているか

法定通貨と異なり、法的な裏づけのない仮想通貨にとって発展のエネルギー源となるのが世間の注目度です。

草コインは特にバックボーンが不安定ですので、少しでもたくさんの人に注目され、支持されている通貨であるか、ということが重要な判断基準となります。

とりわけ、著名人が注目している通貨は草コインであっても大化けする可能性が高まるため、SNSなどでインフルエンサーがどの通貨に注目しているか、という動向をこまめにチェックしておきましょう。

今買いたい!おすすめの草コイン3選

仮想通貨ビギナーから上級トレーダーまで絶対に注目すべき、おすすめの草コインを3つ御紹介させていただきます。

【大注目】USD Coin

USD Coin

発行元 circle社
時価総額ランク 58位
時価総額 153億円
最高値 1TUSD=114円
技術 ERC20
上場予定の取引所 okEx、CoinEx、CPDex

USD Coinは草コインにはめずらしく、法定通貨と紐づけされたステーブルコインです。アメリカドルの市場とコインの通貨価値が連動しており、いわゆる通貨価値のバックボーンとして機能しています。

通貨価値が法定通貨とひもづけされているため、値動きが安定しているかわりに急騰する可能性は低く、現時点ではアメリカドルとの交換用通貨として利用されているようです。

トークンとは
ネットワーク上で仮想通貨の取引権利を管理するための仕組み

 

Maker (MKR)

Maker (MKR)

発行元 MakerDAO
時価総額ランク 23位
時価総額 200億円
最高値 1KMR=80円
技術 スマートコントラクト
上場予定の取引所 okEX、Bitbox、HITBtc

MakerはUSD Coinなどと同じく、法定通貨と通貨価値が連動したペッグ通貨です。Makerは母体となるdaiの付属通貨として開発され、daiの価格が急激に上下することのないように調整する役割を担っています。

そのため、Makerそのものが投資用通貨として発展する可能性はきわめて低いと言われています。

ペッグ通貨とは
法定通貨との等価交換が可能な仮想通貨

 

Tether (USDT)

Tether (USDT)

発行元 Tether
時価総額ランク 17位
時価総額 24.6億ドル
最高値 1USDT=114円
技術 ブロックチェーン
上場予定の取引所 OKEx、Bittrex

テザーはTether社が発行しているステーブルコインです。ステーブルコインのため、草コインで懸念されている通貨価値の急激な暴落のリスクが低く、投資用よりもペッグ通貨としての側面が強いという特徴があります。

ステーブルコインとは
アメリカドルと通貨価値が連動している仮想通貨

 

草コインが買えるおすすめの取引所3選

草コインが買えるおすすめの取引所3選

最近では、マイナーな草コインを取り扱う取引所も増えてきました。

ここでは、特におすすめの取引所をビギナーの目線でピックアップしてみました。

BINANCE(バイナンス)

BINANCE(バイナンス)

取り扱い通貨数 174種類
最大レバレッジ 20倍
セキュリティ面 二段階認証、ハードウォレット
追証制度 なし
日本語対応 あり

BINANCEは日本国内でも知名度の高い、大手取引所のひとつです。

大手ということで取扱通貨数も多く、最大レバレッジも20倍なので初心者でも比較的ローリスクな取引が可能になっています。

バイナンス binance fx【最新】BINANCE(バイナンス)でFX取引が可能に!レバレッジ取引のルールや取り扱い通貨について徹底解説!

Huobi Japan(フオビ・ジャパン)

Huobi Japan

取り扱い通貨数 80種類以上
最大レバレッジ 3倍
セキュリティ面 本人確認、SMS認証
追証制度 なし
日本語対応 あり

Huobiは中国に拠点を置く仮想通貨取引所であり、日本への進出を果たしたことで近年注目度が高まっています。

取扱通貨数が多く、レバレッジ倍数が高くないため、ビギナーでも安定感のある取引が進められます。

Liquid

Liquid

Liquid
取り扱い通貨数 5種類
最大レバレッジ 4倍
セキュリティ面 2段階認証
追証制度 なし
日本語対応 あり

LIQUIDは、QUOINEXのリニューアルにともなって誕生した大手仮想通貨取引所です。

取扱通貨数は5種類とやや少なめですが、追証制度もなくセキュリティ面もしっかりしているため、草コインをこれから取引していきたい、というトレーダーにおすすめです。

草コインの買い方【入金編】

草コインの買い方【入金編】草コインについての概要がわかったところで、ここからは実際の購入方法について具体的に見ていきましょう。

入金は、国内取引所からすることで可能になります。

ビットコイン建で、国内取引所へ送金してみましょう。

【ステップ1】国内取引所から送金

仮想通貨を新規に購入するためにはまず、手持ちのリアルマネーをいったん国内取引所で仮想通貨に交換し、海外取引所へ送金する必要があります。

送金時の通貨データ紛失や入力ミスなども起こり得ますので、充分に注意しましょう。

【ステップ2】 BINANCEで入金(受金)を確認

草コインを取引できる海外取引所のなかで特におすすめなのがBINANCEです。

国内取引所からBINANCEに仮想通貨を送金したら、アカウントメニューから専用ウォレットを開き、入金残高が増えていることを確認します。

BINANCEに未登録の方はまず新規にアカウントを作成し、専用のウォレットを開設します。

アカウントの開設は画面上のガイダンスに従って操作をすれば簡単に完了できますので、初心者トレーダーでも安心です。

草コインの買い方【購入から売却編】

草コインの買い方【購入から売却編】

海外取引所に専用のウォレットを開設し、元手となる通貨を入金したら、いよいよ草コインを購入して取引をスタートさせます。

ここではBINANCEを例にして、一連のプロセスを見ていきましょう。

【ステップ1】BINANCEで草コインを購入

BINANCEの取引画面から希望の草コインをピックアップし、購入数と金額を入力すれば買うことができます。

同じような銘柄が並んでいる場合がありますので、操作ミスには充分に注意しましょう。

【ステップ2】BINANCEで草コインを売却

保有している草コインをBINANCEで売るには、まず、トップページからFUNDSを選択します。

そのうえでbalanceをクリックすると現時点で保有している通貨の一覧が出てきますので、売りたい通貨をクリックし、売却金額を決めていきます。

注意点
ほんのわずかな操作ミスで通貨の売却数を2ケタ、3ケタ間違える、ということも充分に考えられますので、入力は慎重に行いましょう。

【レバレッジ】草コインでレバレッジ取引

草コインの購入金額を入力したら、今度はレバレッジ倍数を決定しましょう。

BINANCEでは現在、最大で20倍のレバレッジ倍数に対応しています。レバレッジ倍数は取引銘柄によっても異なりますので、まずは公式サイトから確認しておきましょう。

草コインを買う上での注意点

草コインを買う上での注意点

メリットも大きい草コインですが、購入に際しては注意点もいくつかあります。

草コインを買う上での注意点を詳しくご紹介していきます。

【注意点1】詐欺コインに注意

草コインを購入するうえで何よりも注意すべきなのがスキャムコインです。

スキャムコインとはいわゆる詐欺コインのことで、通貨としての実績がなく、資金集めのみを目的として開発されたダミーのため、保有していても決して値上がりすることがありません。

草コインの知名度の低さを逆手に取り、こうしたスキャムコインを売りつける怪しげな業者も多いため、身元のわからない草コインにむやみに手を出すのはやめておきましょう。

【注意点2】上場直後に買うと高掴みになる可能性も!

草コインであっても、ほとんどの場合上場直後は注目を集め、価格がある程度高止まりするものです。

しかし、上場直後が価格のピークになってしまうパターンも決してめずらしくはないため、リリースされたばかりの草コインに安易に目をつけるのは避けたほうが良いかもしれません。

【まとめ】草コインはよく見極めて買おう!

この記事のまとめ

・草コインはマイナーな仮想通貨のこと
・草コインは数千種類もある
・草コインには暴落のリスクもある
・購入は自己責任で行うこと!

1年間のうちにほぼ無限にリリースされる草コイン。

そのほとんどが市場の中に埋もれてしまいますが、一部は何かのきっかけで注目され、次世代の仮想通貨として大化けする可能性を秘めています。

草コインの取引なら日本国内でも信頼の厚いBINANCEが圧倒的におすすめです。

登録は簡単で、取引の流れもシンプルですので、仮想通貨ビギナーでも短期間でコツを覚えることができます。

草コイン 取引所【2020年最新!草コインの取引所】初心者から上級者までわかりやすくおすすめの取引所をご紹介! binance 登録【保存版】BINANCE(バイナンス)への登録方法を詳しく図解説!英語がわからなくても大丈夫!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です