【リップル(XRP/Ripple)の買い方/購入方法】図解で分かりやすく解説!取引所やメリット・デメリットもわかる!

リップル 買い方

リップル(XRP)の買い方が知りたい!
リップル(XRP)は今後どうなる?買うべきかどうか知りたい…

リップルは、アルトコインの中でも高い人気を誇ります。

ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインと言いますが、数あるアルトコインの中でも次世代を担う仮想通貨として注目度急上昇中なのがリップル(XRP)です。

リップルは中央集権の代表仮想通貨として、今後も進化していくでしょう。

この記事では、ビギナーにリップルがおすすめな理由とリップルの買い方について具体的にお伝えしていきますので、ぜひとも参考になさってください。

この記事を読んでわかること

・リップル(XRP)の歴史がわかる!
・リップル(XRP)の特徴をわかる!
・リップル(XRP)の買い方がわかる!
・リップル(XRP)が買えるおすすめの取引所がわかる!
・リップル(XRP)を買うメリットがわかる!

ざっくりまとめると
  • Bybitでは「クロスマージン」「分離マージン」の2種類を設定可能!
  • 日本語に完全対応しているから、何かあったときでも安心!サポートも日本対応!初心者でも操作しやすいデザインだからとても見易い。
  • Bybitのアプリで取引可能!スムーズに外出先からでもチェックできるから高い人気を誇る!
  • Bybitはキャンペーンが豊富!全て達成すると最大90ドルが無料でもらえる!
  • 注文がサクサク通る!メンテナンス時間がないから投資機会を逃す心配なし!

bybit キャンペーン

 

Bybit(バイビット)公式サイトはこちら 

 

\USDTがもらえるキャンペーン中!/

Bybit公式サイト

おすすめの取引所『Bybit』

bybit
・口座登録はとても簡単!5分で完了するから初心者でも安心。
・追証なしなのにハイレバレッジで取引可能!
最高90ドルまで無料でもらえるチャンス!
・今勢いのある海外取引所『Bybit』にいますぐ登録しよう!

買い方 将来性

リップル(XRP,Ripple)とは?

ビットコインバブルの最中でも取り上げられることの多かったリップル。

リップル(XRP)には果たして、仮想通貨としてどのようなメリットがあるのでしょうか。リップル(XRP)の基本情報から具体的に見ていきましょう。

リップル(XRP)の基本情報

リップル

リップル(XRP)
24時間取引高 $1,147,438,768
時価総額 ¥1,048,404,522
最高値 $0.222204
技術 スマートコントラクト
魅力 決済用通貨としても使える
おすすめ度 ★★★★

リップルは2004年に開発され、その翌年に運用が開始されたアルトコインです。意外なことに、開発時期はビットコインよりも早く、開発当初から高い注目度をキープしていました。

リップルは仮想通貨でありながら、決済用通貨としての側面も持ち合わせており、また、独自開発の技術によって国際送金も格段に高速化しているため、実用性のほうも抜きんでていると評価されています。

リップル(XRP)の技術

リップルの取引ではリップル(XRP)そのものを直接的にやり取りするのではなく、「IOU」という仕組みによって安全に取引が行えるよう配慮されています。

IOUとは「I owe you」の略で、日本語では(私はあなたに借りがある)という意味になります。

IOUを一言で表すと、借用書です。たとえば、3000XRPの取引ではダイレクトに3000XRPが相手に送金されるわけではありません。

この場合、「3000XRP分の借用書」が相手に送られる形となっており、リップル(Ripple)取引では原則として、コインそのものではなく、IOUという借用書がやり取りされる、というシステムになっています。

このシステムにより、生のコインデータをネットワーク上でやり取りする必要がなくなるため、予期せぬサーバーダウンによるコインデータ紛失などのトラブルを防ぐことができます。

リップル(XRP)が誕生した経緯

アルトコインの多くは、ビットコインに対するアンチテーゼ、という意味合いから開発され、体系化されてきました。

ただ、リップルの場合はビットコインよりも早く誕生したため、本来であればリップルこそが仮想通貨のトップに立っていたはずです。

仮想通貨はもともと、投資用ではなく、「よりスムーズにやり取りできるネットワーク上だけの通貨がほしいよね」という流れのなかで開発されました。

リップル(Ripple)にはビットコインが標準的に取り入れていたブロックチェーンなどのテクノロジーを搭載しており、決済用通貨としての役割も早い段階から期待されていました。

リップル(XRP,Ripple)のメリットは将来性?

リップル(XRP)のメリット/将来性

リップルのメリットと将来性について、リップルをこれから保有しようと思っている仮想通貨ビギナーにむけて詳しくお伝えしていきます。

しっかりとリップル(XRP)の将来性を考慮に入れて、購入するようにしましょう。

国際送金を変えた革命児コイン

ゲートウェイとは
仮想通貨の送金のバックボーンをチェックする窓口

仮想通貨取引において指摘されている弱点のひとつに、国際送金の煩雑さがあります。

ビットコインをはじめ、ほとんどの仮想通貨の場合、国をまたいで送金する際には必ず「コルレス銀行」と呼ばれる仮想上の銀行を通さなくてはなりません。

コルレス銀行を経由する際には手数料がかかり、その分だけ国際送金のコストがかさんでしまう、という問題点があります。

リップルではブリッジ機能が導入されており、簡単に言うとリップルそのものがコルレス銀行のような役割を果たすため、国際送金の際の手数料を省略することができます。

また、リップルでは「ゲートウェイ」という仕組みによって送金窓口のセキュリティを担保しており、安全性の面でも高く評価されています。

多くの取引所で取り扱いがある

リップル(XRP)は今や、ビットコインをしのぐ次世代通貨として知名度を高めています。

リップル(XRP)を常時購入することができる取引所も増えており、大手取引所はもちろん、新興の海外取引所でもリップルを購入することができます。

多くの企業・銀行と提携している

リップル(Ripple)は投資用通貨でありながら、決済用通貨としての側面を持っています。

開発当初から注目度を高めてきたリップル(Ripple)は世界的な企業、銀行と提携関係を結び、国をまたいだ送金や日常の決済がスムーズに行えるシステムをととのえています。

リップル(XRP,Ripple)を買うなら「BINANCE」か「Bybit」の二択!

リップル(XRP)が買える取引所TOP5!

リップルは現在、たくさんの取引所で購入することができます。

リップルの購入におすすめの取引所についてトップ5を御紹介していきます。

【海外取引所】BINANCE

binance

BINANCE
ビットコインの取引手数料 0.1%
ビットコインの送金手数料 0.0005BTC
ビットコインの受金手数料 無料
最大レバレッジ 20倍
追証制度 なし

日本国内でもよく知られている海外取引所です。

ビットコインだけでなく幅広いアルトコイン取引に対応しており、最大20倍までのレバレッジ取引を行うことができます。手数料が安いというのも魅力のひとつです。

2段階認証を徹底しており、セキュリティ面でも信頼のおけるのは、バイナンスです!

アプリもリリースされたので、今まで以上に使いやすさ、取引のしやすさが向上しています!

バイナンス binance fx【2020年】バイナンス(BINANCE)でFX取引が可能に!レバレッジ取引のルールや取り扱い通貨について徹底解説!

Bybit(バイビット)

Bybit(バイビット)

Bybit
会社所在地 シンガポール
最大レバレッジ 100倍
追証制度 なし
ロストカット率 50%
取引手数料 テイカー手数料 0.075%
メイカー手数料 -0.025%
日本語対応 あり

バイビットは2018年創業。シンガポールに拠点を置く海外仮想取引所です。グローバルな取引を目指し、多くの言語に対応しているのも特徴です。

ビットコインFX、最大レバレッジ100倍、アルトコインFXも最大100倍のレバレッジで取引可能です。追証なし、バイビットのビットコインFXではレバレッジの変動率によりますが、証拠金維持率が50%を切るとロスカットが適用されるようになっています。

【海外取引所】BitMEX

BitMEX

BitMEX
ビットコインの取引手数料 -0.075%
ビットコインの送金手数料 0.0002BTC
ビットコインの受金手数料 無料
最大レバレッジ 100倍
追証制度 なし

日本国内での知名度も非常に高い、大手ビットコイン取引所です。海外取引所にはめずらしくレバレッジ取引に対応しており、最大レバレッジ倍数は100倍となっていますので、ビギナーにとっても一獲千金のチャンスが広がっています。

最大手のビットメックスで、レバレッジ取引を始めたい方はぜひ簡単登録でいますぐ取引を始めてみてみませんか?

【海外取引所】Liquid

Liquid

Liquid
ビットコインの取引手数料 0.25%
ビットコインの送金手数料 無料
ビットコインの受金手数料 無料
最大レバレッジ 25倍
追証制度 なし

Quoinexがリニューアルして生まれたLiquidは、海外取引所としてはめずらしく、レバレッジ取引に対応していることで知られています。

取扱通貨数も52種類と豊富で、ビギナーから上級者まで幅広く支持されています。海外取引所で本格的なレバレッジ取引をしたい、という方にはLiquidがおすすめです。

Liquidでは最大25倍までのレバレッジ取引に対応していますので、ローリスクハイリターンな取引を目指すことも充分に可能です。

【海外取引所】Poloniex

Poloniex

Poloniex
ビットコインの取引手数料 0.15%
ビットコインの送金手数料 0.0001BTC
ビットコインの受金手数料 無料
最大レバレッジ 2.5倍
追証制度 なし

Poloniexは世界的にも最大級の取引量を誇る大手海外取引所です。

おすすめポイントは各種手数料の安さで、特にビットコインの送金手数料が0.0001BTCと際立って低水準のため、アルトコイン以外の取引にもおすすめです。

【海外取引所】Bittrex

Bittrex(ビットトレックス)

Bittrex
ビットコインの取引手数料 0.25%
ビットコインの送金手数料 無料
ビットコインの受金手数料 無料
最大レバレッジ 100倍
追証制度 なし

大手海外取引所のなかでも手数料の安さで勝負しているのがBittrexです。

Bittrexでは取引手数料が必要になるだけで、入出金手数料がすべて無料なので非常にお得です。レバレッジ倍数も100倍と高いため、ハイリターンな取引に向いています。

【BitMEX編】リップル(XRP,Ripple)の買い方

【BitMEX編】リップル(XRP)の買い方

ここからは、BitMEXでリップル(Ripple)を購入する方法について具体的にお伝えしていきます。

一つずつ手順を追って、ご説明していきますので、ぜひ最後までみてみてくださいね。

コインチェックからBitMEXに入金(送金)

BitMEXでは日本円による入金を受け付けていないため、コインチェックなどの国内取引所から日本円を仮想通貨に換え、BitMEXの専用口座に入金する必要があります

ポイント
入金ミスに注意

リップル(XRP)を選択する

リップルを選択

国内取引所から通貨を入金したら、次は画面上の通貨メニューからリップル(Ripple)を選択します。この時、リップル(Ripple)の相場についてもチェックしておきましょう。

ポイント
通貨の選択ミスに注意

リップル(Ripple)を注文する

注文の出し方

BitMEXでは、画面左側に通貨の注文を入力する欄がもうけられています。注文ボックスでは、通貨の購入数、レバレッジ倍数、注文方式が指定できます。

ポイント
注文方式を確認

【BINANCE編】リップル(XRP,Ripple)の買い方

【BINANCE編】リップル(XRP)の買い方

ここからはBINANCEを例にとり、リップルの買い方について見ていきましょう。

バイナンスに登録する

登録画面

新規にBINANCEを利用するには、アカウント登録が必須になります。BINANCEの場合、基本的にはメールアドレスとパスワードだけで手軽にアカウントを作成することができます。

バイナンスでリップル(XRP,Ripple)を選択

BINANCE 選択

BINANCEでアカウントと専用口座を作成したら以下の画面に進み、表示されている通貨セットの中からリップルを選択しましょう。

ポイント
相場を要確認

バイナンスで注文を出す

注文を出す

BINANCEでは、指値注文、成行注文、逆指値注文、という3つの注文方式を選択することができます。

先に画面上部の注文方式を選択し、画面下部で買うのか、売るのか決定します。

ポイント
注文方式の特徴を把握しよう

リップル(XRP,Ripple)が買える取引所比較

リップル(XRP)が買える取引所比較

取引所 XRP取引手数料 XRP送金手数料 XRP入金手数料
BitMEX -0.075% 0.25XRP 無料
BINANCE 0.1% 0.0001BTC 無料
Liquid 無料 無料 無料
Poloniex 0.15% 0.0001BTC 無料
Bittrex 0.25% 無料 無料

リップル(Ripple)の送金手数料は取引所ごとに異なります。

上の表を御覧いただいてもわかるように、リップル(Ripple)の取引であれば手数料の安いBINANCEが初心者にとってもおすすめです。

リップル(XRP,Ripple)を買うときの注意点

リップル(XRP)を買うときの注意点

ここからは、ビギナーがリップル(Ripple)を購入する際の注意点について具体的にお伝えしていきます。

ボラリティに注意する

仮想通貨にはそれぞれ、ボラティリティという指標が設定されています。

ボラティリティが高いほど市場での値動きが大きく、ハイリターンが期待できる反面、通貨価値が一夜にして暴落するリスクをはらんでいます。

リップルを中長期保有する際は、ハードウォレットを利用する

リップル(Ripple)にかぎらず、仮想通貨を保有するうえで何よりも恐ろしいのが不正アクセスです。不正アクセスへの対抗策として、ハードウォレットが挙げられます。

ハードウォレットとは紙媒体やPCなど、物理的な方法で個人情報を保管する方法のことで、ネットワーク上で何らかのトラブルが起きても重要なデータを保護することができます。

セキュリティがしっかりした取引所を選ぶ

仮想通貨取引ではコアな個人情報を預けるわけですから当然、取引所のセキュリティが重要となります。

BINANCEならば利便性はもちろんのこと、セキュリティシステムも厳重になっており、本人確認も何重にもなっていますので、ビギナーの方にもおすすめです。

リップル(XRP,Ripple)の買い方まとめ

この記事のまとめ
・リップルの歴史はビットコインよりも古い!
・リップルは多くの取引所で買える!
・リップルならセキュリティも安心!
・リップルのボラティリティに注意!

リップル(Ripple)の特徴とメリット、具体的な買い方についてお伝えしてきました。

リップル(Ripple)は次世代アルトコインとして特に期待されており、市場での値動きも比較的安定しているため、ビギナー向けの通貨と言えるでしょう。

リップルに関する記事をご一読ください。