仮想通貨FX(ビットコインFX)とは?注意点や初心者におすすめの取引所4選をご紹介!

仮想通貨FX

「仮想通貨FXって、難しそうなイメージするんだよね」

「チャレンジはしてみたいけれど、ビットコインのFXって仕組みがわからない」

なんて、そこのあなた悩んでいませんか?たしかに、「仮想通貨FXはたくさん勉強しなきゃできない」とか、「上級者向け」というようなさまざまな不安なイメージがあるかと思います。

仮想通貨FXの仕組みや魅力に気づき、不安がなく安心して仮想通貨FXデビューを一緒に果たしましょう!

この記事をざっとまとめると

・仮想通貨とは、ネットワーク内でしか存在しないお金のこと。
・為替変動は主に4つの原因で取引は左右される。
・仮想通貨FXの魅力は4つある。
・仮想通貨FXをやるうえでの注意点は全部で3つある。

仮想通貨FXとは?

仮想通貨とは

あなたにとって、「仮想通貨」と「FX」って同じものだと思っていますか?
一つの言葉のように「仮想通貨FX」と思っていませんか?

仮想通貨をやるうえでの「投資」と「FX」は、似ているようで全然違う種類の投資ということに知っていましたか。

まずは、基礎知識の一つとして「仮想通貨」と「FX」の違いからご紹介していきましょう。

*仮想通貨とは*

ネットワークの中でしか、存在しないお金のことをいいます。実際に、通貨や貨幣などのように存在するわけではありません。

しかし、同等の価値があるため買い物をしたりして支払いをするうえで使用することも可能です。

そして、その中でも2009年に一番最初に誕生したのは「ビットコイン(BTC)」でした。

以下、有名な四種類が出来た順番に紹介します!

2011年10月1日 ライトコイン(LTC)
2013年9月26日 リップル(XRP)
2015年7月30日 イーサリア(ETH)
2017年8月1日 ビットコインキャッシュ(BCH)

ただ、現在は合計約2000種類以上と増えています。

仮想通貨FXと為替FXの違い

違い

FXとは、中々聞きなれない人もいるかと思います。

実は、「外国為替証拠金取引」という名称の一つとされておりForeign Exchangeの略字をFXと言われています。

簡単にいってしまえば、日本円では「円」、アメリカでは「ドル」のように決まった通貨を使いながら、為替変動によって利益を得たりしていくためのいわば「取引」なのです。

為替変動とは?

為替変動とは、Foreign Exchangeの略語です。

FXは円・ドルなどの法定通貨を使って、為替変動により利益を得る取引方法です。

まず、「1ドル=100円」として考えましょう。
すなわち、「円=ドル」ということになります。

それが、「1円の円安」になると「1ドル=101円」となり、言葉に言い換えれば、「円安ドル高」いう表現になりますね。

意味としては、「日本円は安くなったが、ドルは高くなった」ということになります。

逆に、「1円の円高」になると、「1ドル=99円」となります。同じように言葉に言い換えれば、「円高ドル安」といった表現になってきます。

また、どうしてこのような為替変動が起きてしまうのかと、疑問点でますよね?

為替変動の原因は、以下④つとなりました。

為替変動の原因①:経済の季節

景気が良い国の通貨というのは、株価や金利への上昇の傾向があることから期待されています。

金利の上昇というのは、その国の景気や物価の水準に密接する関係性を示します。

例えば、物価が上昇(インフレーション)していけば、中央銀行は金利の水準を引き上げインフレ対策をとるようになっていきます。

為替変動の原因②:投機的

投機的1「実需」
自国だけでなく、様々な国に対しても活動している企業は、他国での売り上げの通貨はその国での受け取りになります。

利益を国内に還流させるために為替取引が行われており、そういった経済活動をしていうえでの市場参加者を実需と言います。

投機的2「投機筋」
ヘッジファンドや、機関投資家などによって構成されいるものです。
実需とは、対照的に膨大な資金を投入をすることで短い間で稼ぐ参加者もいます。

為替変動の原因③:地政学

戦争やテロが起きた後、政情が不安定になると、投資をしていることや消費に悪影響が出てくることが懸念されるようになりその国の通貨は売られる傾向があります。

戦争が起きると、「有事のドル買い」といった基軸通貨であるドルが安全資産として買われる現象が起きることがありました。

為替変動の原因④:テクニカル

為替市場に参加している投資家のほとんどの人は、チャートを見ながらトレードしています。

多くの投資を行っている人は、同じようにするためサポートライン(支持 線)やレジスタンスライン(抵抗線)として意識していることから短い間で、相場を加速させることもあります。

現物取引と仮想通貨FXの違い

現物 仮想通貨FXの違い

仮想通貨FXとは
証拠金を預けてその数倍から数十倍のお金を動かせ「レバレッジ取引」を行える取引方法です。
仮想通貨現物取引とは
その時々の相場の現在価格で仮想通貨を売買する取引方法です。

現物の日本円だけを使ってトレードを行う本来の取引とは違い、仮想通貨FXなら高額での売買ができますし、ビットコインがなくとも、売買したと仮定したときの差額が利益となってくることから「差金取引」ともよばれています。

仮想通貨FXは、「ビットコインやアルトコインヘの投資を考えているけど、もう少し大きな利益を作りたい」そういった人たちに人気の取引の方法です。

例えば、1BTC=1万円の時にビットコインを1BTC購入していたとしましょう。

時期が経ち、1BTC=2万円に価格が上がると1万円の儲けとなり、反対に1BTC=5,000円に下がってしまえば5,000円の損という取引の仕方になってきます。

仮想通貨FXをするメリットと魅力

仮想通貨FXをするメリットと魅力

「仮想通貨FXってどんなメリットがあるのかわからない」

「初めてだから、やる前にどんな魅力があるのか知っておきたい」

など、今のあなたは考えてませんか?

初めて仮想通貨FXをやるとなると、まずはどんなメリットがあるのかは事前に知っておきたいですよね!

そして、最初は恐る恐るやっていて魅力もなんも感じないのでは勿体ないです!

まずは、仮想通貨FXのメリットを知りそして魅力を知ってから安心してスタートをしましょう。

【魅力1】追証が無い取引所を選んでリスク回避できる!

追証なしででも出来る仮想通貨FX
・GMOコイン
・DMMビットコイン
・Liquidコイン
・BitMEXコイン
・CryptoGTコイン

「追証なしの仮想通貨FXを選ぶときのポイント」
大事なポイントは2つ!

1つ目、「ロスカットライン」

ロスカットラインがどのくらい設定されているのかがポイントになってきます。

2つ目、「レバレッジ」

レバレッジの倍率が最大、どのくらいまでなのか?
を見ておくのが大事なポイントになってきます。

一般的に、ロスカットラインの数値が高いコインほど損失のリスクは低くなります。

逆に、数値が低いほど損失リスクは高くなります。

↓ロスカットラインの数値が高いものほど左側へとなっています。

ロスカットライン

CryptoGT>BitMEX>Liquid>DMMコイン>GMOコイン

【魅力2】少ない元手からでも大きく設けられるレバレッジ制度!

レバレッジとは、日本語で「てこ」という意味で、「小さい力を大きな力に変える状態」という表現もできます。

初めて仮想通貨FXを始めるひとは、まず「どのくらいを元手として用意した方がよいのか」と悩むところだと思います。

「投資をするのなら、多くの金額を元手として準備しなくては!」

仮想通貨FXも投資の一つとしていますが、実は、そんなに大金を元手として考えなくても10万もあれば大丈夫なんです。

そして、レバレッジ制度を使用することで少ない金額を証拠金として預けて、その預けた金額の何倍もの買い付けを行うことが出来るのです。

元手の何倍もの額の取引がレバレッジ制度を通してできるので、結果として数%の値動きでも大きな利益になります。

【魅力3】下げ相場でも利益が出せる!

下げ相場とは
価格が下がりつつあっても、利益が出すことが出来る事をいいます。

例えば、

利益が出る例

1BTCを100万円で先に売ったとしましょう。
ですが、その1BTCの価値が50万円まで下がるタイミングがあったとします。

その時を狙って、買い戻します。その結果、日本円では50万円の利益になります。

仮想通貨FXでは、「まずは高く売ったと仮定して、安くなったら買いもどそう」という儲けのやり方も可能です。

このような儲け方を、「空売り」または、「ショートポジションを取る」とも呼び、仮想通貨FXの特有の取引の方法の一つとなっています。

【魅力4】24時間いつでも取引が可能!

「仮想通貨FX」と「FX」の取引の時間が異なります。
ですが、それを意外と経験者でも勘違いしてしまうのでしっかりと覚えておきましょう!

仮想通貨FXでは、「取引時間」はなんと24時間365日で行われています。

それに比べて、「FX」は24時間で、「平日」のみとなっています。

そのため、価格の変動が大きいのは「仮想通貨FX」です。
変動の原因は、不確定と特定は難しいですが、FXの場合は、価格の変動が小さい分、その原因としても、経済指標や政策金利が多くを占めています。

仮想通貨FX初心者におすすめの取引所4選!

仮想通貨取引所 4選

仮想通貨FXは種類が約2000種類ととても多いです。

初めてやるのに、そんなにも多いと困りますよね?

そんなあなたに、まずは初心者が仮想通貨FXをやるのに、おすすめの取引所を4つを運営会社・最大レバレッジ・取引手数料・日本語対応・サーバー、と5つの項目を踏まえてご紹介していきます。

その中から、あなたにピッタリの取引所を見つけてほしいです。

BitMEX(ビットメックス)

bitmex 

BitMEX(ビットメックス)
運営会社 親会社:HDR Global Trading Limited
最大レバレッジ 100倍
取引手数料 入金手数料:無料
出金手数料:0.0002BTC~
日本語対応 対応可能。登録画面の右上から国旗マークから選択
サーバー 国内取引所に比べるとサーバーは軽い

BitMEXのおすすめ理由は、なんといっても「100倍のレバレッジ」です。通貨によって、利用できる最大の倍率は様々です、他の取引所よりかはかなり高い倍率で仮想通貨FXをすることが出来ます。

BITMEX公式のスマートフォンのアプリはありませんが、パソコンからになりますが、実際に登録して仮想通貨FXをしているひとからは、サーバーも軽いと評判がよく、信頼性を考えても良いものです。
登録の仕方も簡単にできるためパソコンの操作が苦手というひとでもお勧めです!

BINANCE(バイナンス)

binance

BINANCE(バイナンス)
運営会社 BINANCE
最大レバレッジ 125倍
取引手数料 入金手数料:無料 取引手数料:0.1%
日本語対応 対応不可。ただし、ブラウザ上で翻訳機能で日本語表記は可能。
サーバー 国内取引所に比べるとサーバーは軽い

BINANCEの魅力の一つは、公式のアプリがあることです。
また、そのアプリも高評価でほとんどの人が、使用しています。

登録の仕方も、初めてやる人もわかりやすく且つシンプルで「メールアドレス」を登録するだけした!(取引には、身分証を提出する必要があります。)

パソコンを持っていなくても、仮想通貨FXはできることから、主にパソコンをもっていないというひとから多くの支持がありました。

外出先などで、ちょっとした時間でも手軽に取引が出来ることから人気で初心者向けと人気ですよ!

キャンペーン
キャンペーンは現在行っておりません

Bybit(バイビット)

bybit

Bybit(バイビット)
運営会社 Bybit Fintech Limited
最大レバレッジ 100倍
取引手数料 入金手数料・出金手数料:無料
日本語対応 対応可能
サーバー ダウンタイム無し

Bybitの魅力と言えば、日本人にたいしてのサポートが手厚いという事です。
日本語対応の対応が可能あること、そして24時間のサポートもあることから、人気上昇中となっています。

そして、この24時間サポートの仕方も簡単です。
取引画面上にある「チャット」を押し、すぐにわからないことは聞けるようになっています。

また、日本語でそのまま聞けるので翻訳などの手間なく分からないことはすぐに聞けることもBybitを支持する理由でした!

英語が苦手な人は、尚更おすすめです!

キャンペーン
新規で口座を開設すると6000円入金されます!

BaseFEX

BaseFEX

BaseFEX
運営会社 BaseFEX
最大レバレッジ 100倍
取引手数料 入金手数料・出金手数料:無料
日本語対応 対応可能
サーバー 国内取引所に比べるとサーバーは軽い

日本語対応していることから人気です。また、登録の際には個人情報など大丈夫?と不安な方も安心して取引できるように、証明書などの提出は必要ありません。

必用なのは、メールアドレスだけとなっています。

レバレッジ制度も、最大100倍となっていますが、初めて仮想通貨FXをやるうえで最初もう少し引く倍率を探しているとしたBaseFEXをおすすめです!

なぜなら、ホントに一番低いものだったら「1倍」から設定が可能であることから元手が少ないと悩んでいる方も含めて、人気となっています。

キャンペーン
半年間、手数料が10%還元されます

仮想通貨FXの知っておきたい注意点

注意点

初めての仮想通貨FXでの取引ということもあり、やっぱり、自分のメリットだけでなく「注意点」も、気になる部分かと思います。

ここでは、仮想通貨FXを初めて多くの人が、気になった部分や、勉強不足でちょっと失敗したと、痛い思いをした3つ取り上げて一つずつ丁寧に紹介します。

ここをしっかりと最低限の基礎として、身につけていきましょう!

【注意点1】ロストカットに注意!

ロストカットとは
一定の金額の損失が出てしまったときこれ以上影響が拡大しないようにと取引を、強制終了させるルールの事です。

ロストカットという仕組みから、何かあったときの損失は、証拠金の金額以内で収まるようになっています。

しかし、ロストカットが執行されると自動ですべてが決済されてしまうため、大半を失う事になります。

【注意点2】追証制度で大幅な損失も

追証制度とは
レバレッジ制度や、FXの取引など保証金を担保とし

その保証金維持率が下回ってしまった際に追加で収めなくてはいけない金額のことです。

仮想通貨FXをやるうえで、「追証」の有無は重要です。
そして、しっかりと自分で確認することも大切になってきます。

この追証がない場合は、たとえ保有資金を超えてしまう損失が、発生したとしても借金を負うリスクはゼロなんです!

ただし、基本的には追証がある取引所は多いです。

なので、初めて仮想通貨FXをやるうえでの、取引所は、しっかりと他の取引所と比べるなどをして、「追証」のない取引所を選びましょう。

【注意点3】仮想通貨FXは余剰資金で行うこと!

このお話は、仮想通貨FXだけとは限りません。
その他の投資をやるうえでも、共通して言えますが、投資を行う時は、必ず余剰資金で取引を行いましょう!

仮想通貨FXは、変動もおきることからレバレッジ制度を、設定できるので注意する点となってきます。

また、多くの初心者は自分の「運」や「勘」に頼りがちな傾向があります。
いくら余剰資金だからといってすべてを投資するのではなく、少ない金額から、取引をすることをおすすめします!

余剰資金とは
手元にある資産から、自分が生活するうえで必要なお金を差し引き
さらにそのお金が減っても生活に影響がでないお金のことをです。

【まとめ】仮想通貨FXのメリットと注意点をよく理解して始めよう!

この記事のまとめ
・追証制度がないところを選ばないと追加で金額を払わないといけなくなる!
・レバレッジ制度は、少ない金額でも大きく設けられる!
・一定の金額が損失してしまうと、強制的に終了されてしまうロストカットというルールがある!
・仮想通貨FXは、必ず余剰資金で行う事!

いかがでしたか?

今回は「仮想通貨FXとは?」という内容をご紹介してきました。

仮想通貨FXには、魅力がたくさんあり惹かれると思います。

ですが、魅力だけではなく注意しておかなくてはいけない部分だったり、最初の「取引所」を2000種類の中から選ぶのが肝心となってきます。

しっかりと、見分ける知識をここで学びつつ、楽しみながら、仮想通貨FXができるようにしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です