【失敗しない】ビットコインFX(仮想通貨FX)ができる海外取引所4選!送金におすすめの国内取引所もご紹介!

bitcoinFX 海外取引所

ビットコインFXのことが知りたい!注意点はあるの?
ビットコインFXができるおすすめの取引所が知りたい!

仮想通貨の代表として、すっかり定着してきたビットコイン。

「海外の仮想通貨取引所だったらビットコインFXでもっと稼げるのに!」そんなビットコインFXトレーダーが増えてきています。

ビットコインは販売所で買って、売るだけの投資方法はないのでしょうか?もっと効率よくビットコインを増やす方法があります。

それは、ビットコインFXです!

ビットコインFXをを勉強して、海外仮想通貨取引所でも取引出来るようになれば、資産を増やすチャンスが広がります。

「でも、なんでビットコインFX を海外の取引所でやったら儲かるの?」

今回はそんな魅力的な、海外の仮想通貨取引について、国内の取引所と比較しながら、ビットコインFXをまとめてみました。

これからビットコインFXを海外仮想通貨取引所で始めたいトレーダーの方々、この記事を参考になさってくださいね。

この記事をざっとまとめると

・ビットコインFXとは?
・ビットコインFXができる国内/海外仮想通貨取引所比較
・ビットコインFXを海外取引所でするメリット
・海外仮想通貨取引での注意点
・海外取引所ならBitMEXがおすすめ!

要するに
  • BitMEXのレバレッジのやり方や倍率の変更方法はとても簡単!取引画面で操作完結!
  •  BitMEXのレバレッジは最大100倍!
  • BitMEXヘの入金は1分で完了!国内取引所にはないハイレバレッジが体験できるから人気!
  • BitMEXの入金手数料は無料!かかるのは、国内取引所側の送金手数料のみ!
  • BitMEXでレバレッジは初心者にもおすすめできます!
  • BitMEXヘの入金反映時間はおよそ、15分から30分ととてもスピーディーだからおすすめ!
  • 手数料が高いと懸念されるが、指値注文の場合は問題なし!スキャルピング取引には向かない。

bitmex

BitMEX(ビットメックス)公式サイトはこちら

BitMEX公式サイト

ビットコインFX(仮想通貨FX)を簡単に説明!

ビットコインFX 解説

ビットコインFXとはどんな取引なのでしょうか?

最大の魅力は簡単にいってしまえば、少ない資金で、大きい額の取引ができるということです。

投資というと、ある程度、大きな資金がないとできないと思われていませんか?

ビットコインFXでしたらビットコインを持っていなくても、百円から投資に参加できます。ではその仕組みをみていきましょう。

ビットコインFXと現物取引の違い

初めに、現物取引とビットコインFXの違いを見ていきましょう。

現物取引はまず、ビットコインをビットコイン販売所で購入することから始まります。

そして、購入したビットコインの価値があがったら売却することで、儲けをだします。現物取引とビットコインFXの大きな違いは、ビットコインFXはなんと、ビットコインを持ってなくても投資できます。

ビットコインを購入しなくても、売って投資をすることが出来てしまうんです!

ビットコインFXのチャートを見てこれからビットコインが下がる!と思ったところで売りを仕掛けます。

そして、決済するときは買いで決済します。

利益は売った場所から価格が下がったところで決済するまでの差額分になります。

ビットコインFXで使う用語

ビットコインFX 用語


【ロット】とは
各取引所で決められている、最小で取引できるビットコインの単位を1ロットと呼びます。

【証拠金】とは
ビットコインFX の口座に入っている取引ができる金額になります。

【ロスカット】とは
取引所が定めている証拠金維持率を下がってきたら、損失をこれ以上拡大させないために取引所が強制的に持っているポジションを決済してしまうことです。

【追証】とは
追証がない取引所では、証拠維持金率がさだめられた水準を下回った場合にはロスカットされ、それ以上の損失はでないようになっています。追証がある取引所では証拠金以上の損失が出た場合は借金となります。

【ロング】とは
ビットコインの価格を見て、ここから上がると思った場所でビットコインを買うことです。決済をする時は売りになります。

【ショート】とは
ビットコインの価格を見て、ここから下がると思った場所でビットコインを売ることです。決済をする時は買いになります。

ロング(買い注文)とショート(売り注文)は、仮想通貨FXには欠かせない肝となる部分です。

【ポジション】
ビットコインFXで、買いか、売りを決算しないで持っている状態を言います。買いのポジションを持っている、売りのポジションをもっているという言い方をします。

ロングかショートの注文を持っている状態なので、簡単に言えば、トレードをしている時ですね!

【手数料】とは
ビットコインFXでは主に、スプレッド、取引手数料、出入金手数料、スワップポイントなどが手数料となります。各取引所によって手数料は違うので確認しましょう。

仮想通貨を取引する時には、切っても切れないのが手数料です。しっかりと確認しておきましょう。

【レバレッジ】とは
ビットコインFX の口座にはいっている資金より、大きな金額で取引ができることをいいます。

【チャート】とは
ビットコインFXのレートの値動きを時間帯によってあらわしてグラフにしたものです。テクニカル分析などではチャートにインディケーターをインストールして、売買していきます。

チャート 見本

これらの用語は、ビットコインFXをする上で知っておくととても便利ですので、覚えておきましょう!

もし、覚えられない!と思っても大丈夫。

トレードを繰り返していくうちに、自然に理解していくのが一般的です!

ビットコインFX(仮想通貨FX)で儲かる仕組み

ビットコインFX 儲かる仕組み

ビットコインFXは現物取引より儲かると聞ききますが、それはなぜでしょうか?

ビットコインFXはなぜ儲かる?

・レバレッジが効くので、自分のもっている資金以上の投資ができて大きく儲けられるチャンスがある。


・ビットコインFXはビットコインを売って取引できる。ビットコインを買うだけではなく売りでポジションをもてるので、取引回数が増えて、儲けられるチャンスも増える。


・ビットコインFXでは流動性が低いため、価格の変動が大きい。その分損失のリスクも高いが、
短い時間で利益を大きくすることも可能。

ビットコインFX(仮想通貨FX)ができる国内仮想通貨取引所2選!

まず、国内のビットコインFXでおすすめの取引所を見ていきましょう。

国内の仮想通貨取引所は国外のようにレバレッジが大きくありませんが、対応も日本語でサポートも充実しているのでその分安全に取引ができるという利点があります。

また、海外でビットコインFXをする場合、ビットコインを国内の取引所から海外のビットコインFX取引所のアカウントへ振り込まないと取引できないということがあります。

その際も国内に仮想通貨取引所のアカウントを持っていれば、素早く対応ができるので、日本の仮想通貨取引所のアカウントも持っていると便利です

DMMBitcoin(DMMビットコイン)

DMMビットコイン

運営会社 合同会社DMM.com
レバレッジ倍率 最大4倍
レバレッジ手数料 建玉ごとに0.04% / 日
取り扱い通貨数 7種類

DMMビットコインは2018年に日本に誕生した国内の仮想通貨取引所です。

親会社は外国為替取引所としても有名なDMM.comなのでセキュリティ、サポート面もしっかりしています。

現物取引にもレバレッジ取引にも対応しており、特にアルトコインのレバレッジ取り引きが充実しているのも人気の一つになっています。

また、出入金の手数料が無料であったり、他の手数料も安いというのも大きな利点です。

【DMMビットコインのキャンペーン情報】

DMMビットコインは国内でも少ないビットコインFX出来る取引所です。

キャンペーン
2019年8月7日(水)~ 2019年11月6日の間、DMMビットコインに新規口座を申し込んで、取引を開始すると1万円のキャッシュバックのチャンス!

この機会にビットコインFXを始めてみてはいかがでしょうか?

GMOコイン

GMOコイン

運営会社 GMOコイン株式会社
レバレッジ倍率 4倍
レバレッジ手数料 建玉ごとに0.04% / 日
取り扱い通貨数 5種類

GMOコインは2016年に誕生した国内では最大級の仮想通貨取引所です。

現物取引にもレバレッジ取引にも対応しています。

GMOコインは、各手数料が無料のほか、スマホアプリでのコインFX取引が可能です。

ビットコインFXでは4倍までのレバレッジ取引が行え追証もないので、証拠金以上の損失がでることがありませんので、安心して取引が行えます。

【GMOコインのキャンペーン情報】

キャンペーン
2019年9月1日 (日)より、GMOコインの販売所で5000円以上のビットコインを購入した方全員に抽選で5万があたるキャンぺーンを毎日、実施しています。

もし、その日に当選者がいなかった場合、5万円は次の日の当選額に加算されるので、当選額が10万円又はそれ以上になるチャンスも!

ビットコインFXができるおすすめ海外仮想通貨取引所

では、海外の仮想通貨取引所の魅力はなんでしょうか? 

それは国内の仮想通貨取引所では見られないレバレッジの大きさと、仮想通貨取引のできるアルトコインの数に違いがあるようです。

どれくらの違いがあるのでしょうか?海外の代表的な仮想通貨取引所を比較してみました。

BitMEX(ビットメックス)

ビットメックス

運営会社 HDR Global Trading Limited
レバレッジ倍率 最大100倍
レバレッジ手数料 メイカー手数料:-0.025%
テイカー手数料:0.075%
取り扱い通貨数 8種類(変動あり)

ビットメックスは2014年に誕生した、香港を拠点とする、海外仮想通貨取引所です。

ビットコインFXの最大レバレッジは100倍です!追証もないので、レバレッジを大きくかけても証拠金以上の損失を負うリスクがないので

ハイリスクなトレードににも対応しやすいのがビットメックスの魅力です。

日本語でのサポートも充実しているので、安心して取引が行えます。

【ビットメックスのキャンペーン情報】

キャンペーン
BITMEX新規口座開設していただいたお客様に、6か月間手数料が10%オフキャンペーンが行われています。

スキャルピングなど売買を一日に何度も繰り返す、短期トレーダーには一度の取引に手数料がセーブできておすすめです。

Binance(バイナンス)

binance

運営会社 Binance
レバレッジ倍率 最大125倍
レバレッジ手数料 0.1%
取り扱い通貨数 1000種類

バイナンスは2017に中北で誕生して、マルタを拠点とする海外仮想通貨取引です。

バイナンスの取引量とと登録者数は世界一です。

バイナンスの魅力はビットコインFXの最大レバレッジ125倍ということに加え、取り扱っているコイン通貨は100種類以上、その上、手数料が安いということが挙げられます。

そして、一日2BTCまでなら2-3分の登録時間だけで、取引が開始できるので、気軽にビットコインFXを始められるようになっています。

【バイナンスのキャンペーン情報】

バイナンスでお得に取引する方法があります。

バイナンスは自社トークンを扱っていて、BNBというコインを発行しています。

キャンペーン
BNBを使って取引をするとなんと手数料が50%オフという待遇がうけられます。

手数料をなるべく抑えたい短期トレーダーなどおすすめです。

CryptoGT(クリプトGT)

クリプトGT

運営会社 Hatio Ltd
レバレッジ倍率 最大200倍
レバレッジ手数料 スプレッド手数料、スワップ手数料あり(曜日によって変動)
取り扱い通貨数 49種類

クリプトGTは2018年に誕生した新しい海外仮想通貨取引所です。

その最大の魅力は最大レバレッジ500倍!世界一のハイレバレッジで、ビットコインFXを楽しむことができます!

他にも、出入金手数料無料、追証なし、MT5プラットフォーム採用、スマホアプリにも対応している充実ぶり。

日本語サポートも充実しているので、安心して取引がおこなえます。

【クリプトGTのキャンペーン情報】

2019年10月より、「世界一の仮想通貨FX取引所への挑戦」「四大革命」企画がはじまりました。

第一弾として、レバレッジ革命、最大レバレッジ500倍が発表されました。

第二弾:スプレッド革命、第三弾:ユーザビリティ革命、第四弾:ボーナス革命が、すでに用意されており、

順次、企画の詳細が発表されるようなので、目がはなせません!

Bittrex(ビットトレックス)

Bittrex(ビットトレックス)

運営会社 Bittrex.Inc
レバレッジ倍率 未対応
レバレッジ手数料 0.25%
取り扱い通貨数 223種類

ビットトレックスは2014年に誕生した、アメリカを拠点とした海外仮想通貨取引所です。

2018年にマルタを拠点とするBittrex Internationalをヨーロッパ、日本のトレーダー向けに設立しました。

ビットレックスの魅力はビットコインから新しいコインまで幅広く取引ができるのことです。ビットトレックスの取り扱っているコイン通貨は200種類以上あります。

日本の取引所ではお目にかからないコインも扱っているので、ビットトレックスでしたら仮想通貨FXでの取引の量を増やすことが可能です。

【ビットトレックスのキャンペーン情報】

2019年10月29日よりビットトレックス・インターナショナルは、拠点をリヒテンシュタインに移しビットトレックス・グローバル」に名前をかえ、移行されました。

今後の新しい展開に期待大です!

ビットコインFX(仮想通貨FX)には必須の「MT4」が使えるおすすめ国内取引所

ビットコインFXを快適に取引するためにはプラットホームが大事になってきます。

外国為替取引の間では有名なMT4。

MT4には沢山のインディケーター、が無料で用意されていて、簡単にインストールできるようになっています。

その他、スマホのアプリにも対応しているので、外出先でも、ビットコインの取引を可能にしてくれます。

世界でもっとも使われている高機能プラットフォームMT4。

国内のビットコインFXでもMT4が使える取引所があるので紹介していきましょう。

BITPOINT(ビットポイント)

bitpoint

運営会社 株式会社ビットポイントジャパン
レバレッジ倍率 最大4倍
レバレッジ手数料 無料
取り扱い通貨数 5種類

ビットポイントは2016年に誕生した国内の仮想通貨取引所です。

唯一国内でMT4をさいようしている取引所として人気があります。MT4が使えればテクニカル分析の質がグンと上がります。

またMT4はスピード注文にも対応しているため、簡単に取引が行えます。

【ビットポイントのキャンペーン情報】

キャンペーン
現在、開催されているキャンペーンはありませんが、過去のキャンペーンをみるとキャッシュバックキャンペーンやビットコインプレゼントなど頻繁に行っているので、要チェックです。

知っておきたいビットコインFX(仮想通貨FX)の手法3選

ビットコインFX 3つの手法 解説画像

ビットコインは最近まで上がる一方の相場環境だったので、ビットコインを買っていれば儲かる環境にありました。

けれど、今、その買い相場は終わり、相場は乱高下をくりかえしています。

これからは相場をどちらに動くか予想して、買いで入るか、売りで入るか手法を身につけなければ、儲けることはできなくなりました。

是非、ビットコインFXの手法をみにつけて、どんな相場でも対応できる技術を身に着けてください。

手法1 スキャルピングでコツコツ稼ぐ!

スキャルピングとは超短期で行われるトレード手法の事を言います。

外国通貨取引のトレーダーの間ではポピュラーなスキャルピング手法。瞬時で売買の判断を行わなくてはならないため、

本業プロトレーダー向きといえるでしょう。

一度の取引時間は数秒から数分と超短期のため一回の取引での利益は少ないですが、一日何回もの売買を繰り返し、

コツコツ積み上げていくことで、利益を増やしていきます。

ビットコインFXでは短時間の間で価格の変動が激しいため、

スキャルピングで売買をくりかえし、利益を積み重ねていく大きく稼ぐことが可能です。

少ない資金で高いレバレッジをかけて取引可能なビットコインFXは、スキャルピングを得意とするトレーダーにも人気です。

手法2 中長期的にポジションを持つ

スキャルピングとは反対に数日から数か月ポジションを持ちつづけて、ローリスク、ローリターンで利益が狙うスイングトレード。

日足、周足を見ていくので、一日に1度チャートをみればオーケー。

なのでメンタル的にも楽ですし、売買の判断にもじっくり時間がかけられます

中長期のスイングトレードの売買判断はテクニカル分析が大事になってきます。ローソク足は、長い時間足でトレードするほど、テクニカル分析がききやすくなり、だましがすくなくなります。

スキャルピングよりも小さなロットで値幅を大きく狙っていくので、利益になるまで時間がかかりますが、急な価格の動きなどにまきこまれないで、長い目で資金を増やして行きたいトレーダー向きのトレード手法です。

手法3 トレンドラインや移動平均線を意識!

チャートだけ見ていても、相場がどう動いているのかよくわかりませんよね。

そこでテクニカル指標を使っていきます。まずは、チャートに移動平均線を表示させてみましょう。

シンプル移動平均線20か25を設定し、チャートに反映させます。その移動平均線の間で相場がいったりきたりしているのがみえてくるとおもいます。

移動平均線のを表示させることによって、相場が上昇トレンドなのか、下降トレンドなのかレンジなのか判断出来るようにします。

移動平均線が上を向いていたら、ローソク足の目立った安値2か所を結んでトレンドラインを引いてみましょう。相場が上昇トレンドなのがわかります。

移動平均線が下を向いていたら、目立つ高値を2か所結んでトレンドラインを引いてみましょう。相場が下落トレンドなのがわかります。

上昇トレンドでは買いを狙い、下落トレンドでは売りを狙う戦略を組み立てていきます。

ビットコインFX(仮想通貨FX)をする上での注意点3つ!

3つの注意点 ビットコインFX

ビットコインFXでは大きな利益を期待できることがわかりました。

特に海外の取引所では何百倍のレバレッジをかけて取引ができます。

その分大きな利益を望めますが気を付けなければ、大きな損失もだしかねません。

まずは、ビットコインfxで取引をする前にしっかり確認しなくてはいけないことがあります。

【注意点1】追証があるか、ロストカットがあるか確認しておく

ロスカットがない取引所では追証金が発生します。

ロスカットがある取引所では損失が証拠金維持率を下がってきたら、これ以上損失を拡大させないために取引所が強制的に持っているポジションを強制ロスカットします。

ロスカットのある取引所では証拠金以上の損失を防ぐため、最悪の場合でも、借金を背負うことはありませんが、ロスカットのない取引所では、証拠金以上の損失がでる可能性があります。

その分の証拠金不足は借金(追証金)となり取引所に不足分をはらわなければならなくなってしまします。

その為、もしもの事を考え、取引所はロスカットあり、の取引所を選ぶのが安心といえるでしょう。

【注意点2】取引手数料、をしっかり確認しておく

ビットコインFXをする上で、かかってくる手数料はいくつかあります。

「取引手数料無料!」としている取引所を見かけますが、スプレッド(売買の際に生じる差額)はほとんどの取引所でもかかってきます。

スプレッドが広いとその分儲けが少なくなります。

特に、スキャルピングのように何回も取引を繰り返しているとスプレッド分がバカになりません

スプレッドの狭い取引所を選んで、効率よく取引をしていきましょう。

【注意点3】レバレッジ分の損失も理解する

ビットコインFXの魅力のひとつでもあるレバレッジ。

資金の2倍ー500倍で取引ができるので、100円でも売買が可能だったりします。

けれど、損失にもレバレッジがかかってくることを忘れてはいけません。

ビットコインFXはレバレッジ取引で現物取引より儲けられるという点が人気の一つですが、ハイリスク、ハイリターン。

負けた時も現物取引より大きいということを頭にいれておかなくてはなりません。特にビットコインFXは価格の変動が大きいので、チャンスも大きいですが、大きく負ける可能性も高いということを覚えておきましょう。

【まとめ】ビットコインFX(仮想通貨FX)するなら『BitMEX』!

bitmex まとめ

では、ビットコインFXするならどこの取引所がいいのでしょうか?

海外のビットコインFX取引所、BITMEXがおすすめです!

BITMEXがおすすめ理由

・レバレッジをかけて大きく儲けられるチャンスが増える。
・日本語で対応。
・追証なしが安心。
手数料が安い

BITMEXはビットコイン建てでのの入金しかできません。

あらかじめ国内の取引所で購入したビットコインをBITMEXのアドレスに入金する必要があります。

ですので、日本の取引所にもビットコインFXのアカウントをもっておくと便利です。

その際はビットポイントにアカウントを持っていれば、日本でのビットコインFXもすることが出来ますし、ビットポイントのアドレスからBITMEXのアドレスに入金できるので

のビットコインFXにもスムーズに対応できて、ご自分の都合にあわせてビットコインFXを楽しむ事ができます。