ビット コインFX(仮想通貨FX)とは?おすすめ取引所・始め方・手法まで徹底解説!

ビットコインFX おすすめ

次世代の仮想通貨が続々とリリースされるなかで、現在もなお注目度が高まりつつあるビットコイン。

特に、ビットコインFXはハイリスクでも高いリターンが期待できる取引方法として、投資のプロはもちろんのこと、専門知識のない初心者の間でも期待が高まっています。

この記事では、ビットコインの基礎知識から解説するとともに、ビットコインFXの概要と注意点、注目される理由についてゼロからお伝えしていきます。

この記事をざっとまとめると

・ビットコインFXの儲ける仕組みを理解することが大事!
ビットコインFXに関する用語をおさらいしよう!
・おすすめのビットコインFXができる仮想通貨取引所は「BitMEX」!

ビットコインFXとは?わかりやすく全容を解説!

ビットコインFXとは

ビットコインFXもまた大きな括りで言えば、株式取引やFX、不動産売買と同様に投資形態の一種として扱われています。

では、ビットコインFXはその他の取引形態と比較してどのような違いがあるのでしょうか。

このセクションではまずビットコインFXの基礎用語について解説しつつ、ビットコインFXとはどのようなものか、という基本の部分についてひとつひとつ見ていきます。

ビットコインFXとは?

ビットコインFXは株式投資やFX取引などと同様に投資の一種として分類されていますが、「現物が一切取引されない」という点において大きな違いがあります。

株式投資や不動産売買では具体的な現物が取引されますが、ビットコインFXでは売り、買い、どちらのプロセスでも現物がやりとりされることはありません。

ビットコインFXで取引されるのはビットコインという仮想通貨であり、ビットコインの値動きの差額によって利益を生み出す、というのが基本的な仕組みになります。

ビットコインFXでも、トレーダーは売り、買いのうちいずれかを選択することになり、仮に10万円の価値で購入したビットコインが15万円になったタイミングで売れば、差額の5万円が利益として配分されます。

現物取引ではないといっても、ビットコインの購入にはリアルマネーが必要になるため、買った時より価値が下がってしまえば差額は損失となります。

ビットコインFXをする上で覚えておくべき用語

ビットコインFXを始める上で、最低限覚えておいた方がいい用語をまとめてみました。

全て覚える必要はありませんが、知っておくと理解もしやすいので確認していきましょう!

ポジションとは
買い状態から売り状態までの「ビットコインを保有している状態」のこと

スワップ手数料とは
ビットコインを保有することで加算される1日あたりの手数料のこと

指値買いとは
ビットコインの下がり値の限界値をあらかじめ指定し、そのラインまで下がったら買い注文を出すこと

ストップ買いとは
ビットコインの価格があらかじめ決めたラインまで上がったら買い注文を出すこと

指値売りとは
ビットコインを売却する基準の価格をあらかじめ指定し、売り注文を出すこ

ストップ売りとは
ビットコインの価格がある一定のラインまで下がったら売る、という考え方

ロスカットとは
ビットコインFXにおいて損失のトータルが一定以上に達した場合、強制的にそれ以降の取引を中断する取引方法

ロングとは
買い注文から入り、売り注文でポジションを終えること

ショートとは
売り注文から入り、買い注文でポジションを終えること

OCO注文とは
同時にふたつ以上のオーダーを出し、両方が成約した時点でどちらのオーダーを成立させるか選べる注文方式

IFD(イフダン注文)とは
同時にふたつのオーダーを出し、先行注文の制約を条件にあとのほうのオーダーを成立させる注文方式

成約とは
売り注文、買い注文のいずれかが成立した状態

ここまで見てきたように、ビットコインFXでは覚えるべき基本的な用語が少なくありません。

ただ、複雑な専門用語をいきなり覚えようとしてもそれだけで挫折してしまうため、初心者の方はまず、ポジション、ロング、ショート、売り注文、買い注文など、基礎的な用語から優先的に習得するようにしましょう。

基礎的な用語からひとつひとつ覚えていくことでビットコインFXの仕組みが理解でき、利益の生み出し方が自然とわかるようになります。

基礎的な用語をひと通り理解したら、OCO取引や成行注文、IFD注文など、より専門的な用語を覚えることでさらにビットコインFXの全容を深く把握できるようになります。

ビットコインFXの基本ルール

基本ルール ビットコインFX

ビットコインFXには特有の基本ルールがあり、それらを理解することによって取引をスムーズに進めることができます。

ビットコインFXを始めるにあたってまずおさえておくべきルールについて詳しく理解しておきましょう。

いずれも初心者向けの解説になっていますので、何度でもおさらいして本番の取引にそなえてください。

レバレッジ取引(ビットコインFX)で利益が出る仕組み

レバレッジ

レバレッジとは
元手以上の取引を行うために定められた倍率

レバレッジとは、日本語で「てこ」という意味になります。ビットコインFXではレバレッジを利用することで、実際の元手以上の取引が可能になっています。

たとえば、レバレッジが10倍であれば仮に元手が10万円しかなくても「10×10」で最大100万円までの取引が可能となり、取引によって生まれた利益も10倍になります。

レバレッジは通常、取引所ごとに定められており、一般的には海外の取引所のほうが日本国内の取引所よりも高いレバレッジを設定しているケースが多いと言われています。

ただ、レバレッジ取引では損失のほうもレバレッジの分だけかさんでしまうため、初心者の方は特に巨額の損失を負わないように注意する必要があります。

必要証拠金とは?

必要証拠金とは
取引開始前に取引所に預ける補償金のこと

ビットコインFXでは通常のFXと同様、トレーダーは取引所で取引をスタートする前に一定の金額を必要証拠金として納めなくてはなりません。

必要証拠金は言ってみればトレーダー自身の身元証明のようなものであり、また、損失が生じた場合の補填の手段でもあります。ビットコインFXにおいて損失が生じた場合、まずは必要証拠金を取り崩すかたちで補填が行われます。

損失が証拠金の範囲を超えた場合にはその差額が借金としてトレーダーに残ってしまいますので、あらかじめ注意が必要です。

仮想通貨取引の利益にかかる税金について

仮想通貨 税金

ビットコインFXにおいて一定の利益を得た場合は、確定申告によって納税額をきちんと申告し、納税を行う義務があります。

ビットコインFXによって得た利益は雑所得として分類され、税法上は株式投資や作家の原稿料、副収入と同じ扱いになります。

雑所得には所得税と住民税が課せられ、基本的にはトータルの利益に比例して納税額が増えていく、という仕組みになります。所得税については195万円以内までが5%、それ以上の利益については所得に応じて税率が引き上げられていきます。

また、取引で生じた損失も雑所得に組み入れることができ、最長で4年分までさかのぼって利益と相殺することができますので、より詳しい控除制度については税理士などの専門家に相談してみましょう。

ビットコインFXをするメリット

メリット ビットコインFX

かつての日本では株式投資や不動産売買が初心者向きの投資形態と言われていましたが、ここ数年はビットコインFXの注目度が初心者の間でも高まりつつあります。

なぜ、日本でもビットコインFXの注目度が高まっているのでしょうか。ビットコインFXが初心者でも気軽にはじめられると言われている理由と取引のメソッドについて見ていきましょう。

メリット1 少ない元手で大きな利益が得られることも

ビットコインFXの大きな魅力は、少額の元手でも取引の流れ次第では大きな利益を出すことができることです。

ビットコインFXにはレバレッジというシステムがあり、レバレッジの倍率を高めることで数百万円単位の利益を一夜にして生み出すことも夢ではありません。

また、ビットコインFXは少額からはじめられるという特徴があり、約1000円から取引開始することが可能ですので、レバレッジと組み合わせることによって資金に乏しい初心者でもコツさえつかめばまとまった利益を生み出すことができます。

メリット2 売り(ショート)から取引が始められる

株式投資や不動産売買では、まず株券なり不動産物件という現物を購入し、それらの値動きを観察することで取引の利益を高めるしかありませんでした。

しかし、そもそも現物を投機対象としないビットコインFXの場合、あとから買い注文に応じることさえできれば売り注文から取引をはじめることができ、その分だけ初心者にも取引の門戸が開かれています。

もちろん、売り注文からまとまった利益を生み出すことができますので、手元にビットコインを保有していなかったとしても比較的手軽に取引に参入でき、コンスタントに利益を確保することが可能です。

メリット3 下げ相場でも利益が出せる

ビットコインFXでポイントとなるのは、あくまでも買い注文から売り注文までの値動きの幅です。したがって、仮に下げ相場の真っ只中であったとしても買った時点から少しでも値上がりすればその分の差額が利益となります。

日本国内での仮想通貨ブームはいったん収束の気配を見せ、ビットコインFXも若干の下げ相場がつづいていますが、上記のような性質を理解することにより、下げ相場から大きな利益を生み出すことは決して難しくありません。

ビットコインFXをするデメリット

デメリット ビットコインFX

基本的な注意点とコツさえおさえれば初心者でもまとまった利益を生み出すことができるビットコインFXではありますが、投資である以上リスクを無視するわけにはいきません。

ビットコインFXにおけるデメリットについてきちんと理解したうえで、より安全に取引が進められるようにしましょう。

デメリット1 大きな損失が出る可能性もある

レバレッジというシステムを利用することによって初心者でもまとまった利益を生み出すことができる点がビットコインFXの大きな魅力ですが、レバレッジによって損失のほうも5倍、10倍となってしまいますので、初心者の方はまずそのリスクをふまえておく必要があります。

取引によって損失が生じた場合、事前に納めた必要証拠金でカバーできない分については借金として残ってしまいますので、取引に慣れていないうちは低いレバレッジからスタートしてみるのが安全かもしれません。

デメリット2 取引所が倒産する可能性もある

ビットコインFXにおいて最も警戒すべきはカウンターパーティリスクです。カウンターパーティリスクとはいわゆる倒産リスクを指し、登録していた取引所が破綻や倒産を引き起こせばそれ以降の取引ができなくなりますし、事前に納めていた必要証拠金も、取引で得た利益もすべてリセットされてしまいます。

カウンターパーティリスクを軽減するためには、取引所をあらかじめ分散させておくことが重要です。

複数の取引所に少額の資金を預けるようにすれば万が一取引所が倒産した際にも損害を最小限におさえることができます。

初心者のうちは日本語対応可能な国内取引所に登録することも有効なリスクヘッジのひとつと言えるでしょう。

ビットコインFXがお得にできるオススメの海外取引所

ビットコインFX 取引所

ビットコインFXは、どこの仮想通貨取引所でもできるという事ではありません。

現物だけしか取り扱っていない取引所もあります。

また、取引所によって手数料などが違ってくるのでよく吟味する必要があります。

今回紹介するビットコインFXができるおすすめの取引所
・ビットメックス
・クリプトGT【MT5】

BitMEX(ビットメックス)

ビットメックス

運営会社 BitMEX
レバレッジ倍率 100倍
レバレッジ手数料 無料
取り扱い通貨数 8種類

BitMEXは、海外に拠点を置く中規模のビットコイン取引所です。

取り扱い通貨の種類は8種類と、他の大規模な取引所と比較するとやや少ない印象があるかもしれませんが、いずれもメジャーな通貨ですので比較的相場も安定しており、初心者にとってもそれほどハードルは高くありません。

ウェブサイトも日本語に対応しており、取引はもちろん、トラブル時の対応も日本語で行ってもらえますので、国内の初心者トレーダーも積極的に参入しています。

クリプトGT

クリプトGT

運営会社 クリプトGT
レバレッジ倍率 200倍
レバレッジ手数料 無料
取り扱い通貨数 49種類

ギリシャに本拠地を置くビットコイン取引所です。

初心者にとっても日本語対応がしっかりしているところが大きな特徴であり、メール対応はもちろんのこと、日本語でのチャットシステムによってリアルタイムに対応してもらうことができますので、万一のトラブル時も安心です。

レバレッジは最大200倍と、海外取引所としてもかなりの高水準ですので、ビットコインFXにある程度慣れてきた方、ビットコイン取引でまとまった利益を手に入れたいという方におすすめです。

ビットコインFXがお得にできるオススメの国内取引所

ビットコインFXの初心者にとっては、日本語対応が可能な国内取引所のほうが安心かもしれません。

ここからは、日本国内で幅広く支持されている国内取引所の特徴とメリットについて詳しく見ていきましょう。

DMMビットコイン

DMMビットコイン

運営会社 DMMグループ
レバレッジ倍率 4倍
レバレッジ手数料 無料
取り扱い通貨数 14種類

仮想通貨取引でも大手のGMMグループが運営する取引所です。レバレッジは最大4倍ということで上級者にとっては少々物足りなく感じられるかもしれませんが、損失も最小限におさえられるということで、その意味でも初心者向きと言えるかもしれません。

取り扱い通貨数は14種類で、国内でもメジャーな銘柄を常時扱っており、初心者でも比較的短期間のうちに取引のコツをおさえられると言われています。

ビットコインFXのやり方

ビットコインFX 始め方

ビットコインFXを始めるにはまず、専用の取引所に口座とアカウントを開設、ログインする必要があります。

個人認証が完了したら、口座のほうにビットコインを入金する必要があります。

ここで、海外取引所の場合は国内取引所にあらかじめ入金しておき、ビットコイン建で海外仮想通貨取引所に送金する必要があります。

入金が終了したら希望の通貨を購入し、あとは自分のタイミングで売り注文(ショート)、買い注文(ロング)を出すだけです。

ビットコインFXで勝つための5ステップ!

ビットコインFX 勝つための5ステップ

基本的な上達のステップさえ理解すれば、ビットコインFXで利益を生み出すことはそれほど難しいことではありません。

初心者の方がまずおさえておくべきビットコインFXの上達法についてまとめました。

ステップ1 主に使う取引所を決める

ビットコインFXを始めるにあたってはまず、メインに利用する取引所を決める必要があります。

現在、国内、国外を合わせると数百種類の取引所がありますが、初心者のうちは国内取引所と契約をしたほうが良いかもしれません。

海外取引所と比べて、国内の取引所はトレーダーのフォローが手厚い傾向にあり、なおかつ日本語対応も徹底しているため安心材料があります。

取引所ごとにキャンペーンを実施しているため、キャンペーンの充実度によって取引所を選ぶ、というのもひとつの方法かもしれません。

ステップ2 テクニカル分析に慣れる

テクニカル分析とは
過去のチャートをベースに将来の値動きを予測する手法

ビットコインFXの手法には大きく、テクニカル分析とファンダメンタル分析があります。テクニカル分析とは過去のチャートから将来の値動きを予測する手法で、経済の専門知識がそれほど要求されない分初心者向きであると言われています。

テクニカル分析にはデメリットもいくつかありますが、ビットコインFXにおいては初心者向きの手法と言われており、早い段階でコツをおさえておくことで値動き予測の正確性を高めることができます。

ステップ3 テストトレードをしてみる

ビットコインFXにかぎらず、FXにはテストトレードというシステムがあります。

テストトレードでは実際にお金こそ動かないものの、一連のトレードのプロセスを仮想的に体感することができ、まさに取引の練習といった感じです。

テストトレードに期限はなく、トレーダーが満足するまでいつでも、何度でもテストトレードを行うことができます。

ビットメックスであればいつでもテストトレードからはじめられますので、初心者の方はぜひともトライしてみましょう。

ステップ4 少額からショートやロングでポジションを持ってみる

テストトレードである程度コンスタントに利益を出せるようになってきたら、いよいよ実際のトレードにチャレンジしてみましょう。

1000円単位の少額から取引をはじめられるのがビットコインFXの最大の魅力です。

慣れないうちはこつこつと、小さな利益と損失を積み重ねながら取引のコツをつかみ、いずれ本格的なトレードへ……というのがオーソドックスな上達のパターンです。

ステップ5 トレードノートを必ずつけて勉強する

ビットコインFXにおいて大切なのは、予習と復習です。

特に、復習は効率的な上達のためには重要で、1日のトレードが終了したらこまめにトレードノートをつけ、あとから見返せるようにしておくと資料として非常に役に立ちます。

トレードノートには最終的な利益や損失だけでなく、値動きの幅や自分なりの考察をできるかぎり具体的に記録しておくと情報としての価値がよりいっそう高まります。

ビットコインFXをする上での注意点

注意点

ビットコインFXは取引としてのハードルが低い分、リスクも大きい取引形態です。

リスクを少しでもおさえるためには取引所を見きわめることが重要で、トラブル時の対応もしっかりと行ってくれる取引所に登録することそのものがリスクヘッジとなります。

基本をきちんとおさえることも大切です。レバレッジやポジション、ショートやロングなど、ビットコインFXで必ず出てくる基本用語をしっかりと理解し、注意点をふまえることで安全な取引のスタイルが少しずつ身についてきます。

【まとめ】ビットコインFXを今日からやってみよう!

ビットコインFXはほかの投資形態と比較してもハードルが低いのが魅力です。

取引のプロセスをオンライン上で完結させることができ、1000円単位の少額から参入できるという大きなメリットがあります。

数ある取引所のなかでもビットメックスは、海外取引所でありながら日本向けのフォローやキャンペーンが充実していますので、ぜひとも利用してみましょう。