アルトコイン(altcoin)とは?種類やビットコインとの違い、今注目のアルトコインもご紹介!

アルトコインとは

ビットコインと比較されることの多いアルトコイン。

アルトコインのなかから次世代の仮想通貨が得られる、という言い方もされますが、そもそもアルトコインとは何なのでしょうか。

アルトコインの意味とビットコインの違いについて見ていきましょう。

この記事を読んでわかること

・アルトコインの意味がわかる!
・アルトコインの種類がわかる!
・アルトコイン取引のメリットがわかる!
・アルトコイン取引の注意点がわかる!

アルトコイン(altcoin)とは?

アルトコインとは?

仮想通貨ビギナーにとっては、アルトコインの意味や定義がわかりにくいようです。

ここではまず基礎知識として、アルトコインの具体的な定義、草コイン、ビットコインの違いについて具体的に見ていきましょう。

アルトコインの定義

アルトコインとは、「ビットコイン以外の通貨」のことです。ビットコインの誕生以来、数えきれないコインが後継通貨として開発され、それらはビットコインと区別する意味でアルトコインと呼ばれてきました。

ほとんどのアルトコインはビットコインの基本アルゴリズムを引き継いでいるため、その意味ではビットコインと大きく変わるところはありません。

アルトコインと草コインの違い

メジャーな仮想通貨であるビットコインに対し、世に知られていないコインを草コインと呼ぶことがあります。

アルトコインもまた、リリース直後は知名度がほとんどありませんが、すべてのアルトコインが草コインと呼ばれるわけではありません。

たとえばプロ入り直後の新人野球選手も、高校野球の段階から各方面で注目されている選手もいれば、ほとんど注目されないまま引退をむかえる選手もいますよね。

仮想通貨も同じことで、リリース前からある程度の注目を集めるアルトコインも少なくありません。

その意味で、草コインとは「注目度がほとんどないアルトコインの総称」と言えます。

アルトコインとビットコインの違い

前述のように、アルトコインは基本となるアルゴリズムを共有しているため、機能面での違いはほとんどありません。

ただ、アルトコインもビットコインとの差別化をはかるため、新しい技術やアルゴリズムを開発しており、「仮想通貨第〇世代」などと呼ばれることもあります。

アルトコインとビットコインの違い

アルトコインとビットコインの違い

ベースとなるアルゴリズムを共有しているアルトコインとビットコイン。

両者の具体的な違いとは果たして、どのような点にあるのでしょうか。ビットコイン、アルトコインの本質的な違いについて詳しくお伝えしていきます。

発行枚数の違い

アルトコインとビットコインのわかりやすい違いとは、発行枚数の違い、ということになります。

ビットコインでは専用のアルゴリズムによってトータルの発行量が一定におさえられており、トレーダーはマイニングというプロセスによって埋もれている金貨を採掘するようにビットコインを獲得しています。

一方、アルトコインは必ずしもコインの発行上限が制限されているわけではなく、マイニングとは違った手法によって通貨価値をコントロールしているものも増えています。

マイニングとは
特殊な演算によって新規のビットコインを獲得すること

技術の違い

ビットコインの場合、ブロックチェーンという技術を用いてひとつの大きな取引台帳をつくり、個々のトランザクションや顧客情報を管理する、という手法を取っています。

もちろん、多くのアルトコインがブロックチェーンを採用していますが、一方でスマートコントラクトや分散型サーバーシステムなど、ビットコインでは採用されていない新しい技術やアルゴリズムを導入したアルトコインも増えており、その意味でも差別化が進んでいます。

トランザクションとは
取引情報のこと

取引量の違い

ビットコインは固有の仮想通貨であり、世界にたったひとつしかありません。一方、アルトコインはビットコイン以外の仮想通貨の総称ですから、つねに「アルトコインの取引量>ビットコインの取引量」ということになります。

ここ数年は単体でもビットコインの取引量をはるかにしのぐアルトコインが増えてきており、次世代通貨としての存在感をますます高めつつあります。

アルトコインが稼げると言われる訳

アルトコインが稼げると言われる訳

ここまでアルトコインの主な特徴について見てきましたが、ではなぜ、アルトコインには一獲千金のチャンスがあると言われているのでしょうか。

取引所に上場するタイミングで高騰するから

仮想通貨は、リリースされただけで一般に公開されるわけではありません。企業が株式市場に上場するように、仮想通貨も取引所に上場されてはじめて自由に取引ができるようになります

上場するということは、言ってみればそれだけ通貨としての将来性があるということですから、ほとんどのアルトコインが上場のタイミングで一気に高騰します。

上場前のアルトコインは注目度が低ければ無価値も同然ですから、上場前からアルトコインを保有していれば一夜にして一獲千金のチャンスもある、というわけです。

なお、アルトコインの上場をICOといい、ICO前のアルトコインに注目しておくことも仮想通貨取引の基本と言えます。

ICOとは
アルトコインが取引所に上場すること

ボラリティで大きく稼げる可能性があるから

アルトコインの評価指標としてチェックしておくべきなのがボラティリティです。

ボラティリティとはコインの市場での値動きの幅であり、ボラティリティが大きいほど無価値の状態から一気に高騰する可能性を秘めていると考えられます。

ボラティリティとは
アルトコインの市場での値動きの幅

マイナーコインでもあとから価格が上昇し億り人になった人も!

プロのトレーダーほどマイナーなアルトコインに目をつけるのは、マイナーコインにこそ一獲千金のチャンスが眠っていることを知り抜いているからです。

現に、たったひとつのマイナーなアルトコインによって一夜にして巨額の利益を生み出し、「億り人」になった人も少なくありません。

今注目のおすすめのアルトコイン5選

ここからは、ビギナーの方にも自信を持っておすすめできるアルトコインを5つ御紹介します。

【おすすめアルトコイン】リップル

リップル

リップル
時価総額 198億円
24時間の取引量 404万円
最高値 400円
技術 スマートコントラクト

ビットコインの後継通貨として期待を集めているリップル。

時価総額は198億円に到達し、一時は400円という最高値をつけました。

リップルはイーサリアムと同じスマートコントラクトが採用されており、送金に特化したアルトコインとしても知られています。

【おすすめアルトコイン】イーサリアム

ETH

イーサリアム
時価総額 238億円
24時間の取引量 $5,272,024,466
最高値 $148.75
技術 スマートコントラクト

ビットコインの弱点を克服する次世代通貨の代表とも言われているのがイーサリアムです。

時価総額は300億円を狙える勢いであり、トランザクション処理能力や万全のセキュリティシステムでも高い評価を受けています。

【おすすめアルトコイン】モナコイン

モナコイン

時価総額 $59,084,180 USD
24時間の取引量 $223,150 USD
最高値 0.0005BTC
技術 プルーフ・オブ・ワーク

実用性を兼ねてアルトコインを選ぶなら断然、モナコインがおすすめです。

日本発祥のアルトコインとしても知られており、プルーフ・オブ・ワークというブロックチェーン承認アルゴリズムによって万全のセキュリティをキープしています。

【おすすめアルトコイン】ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュ
時価総額 3.8Mドル
24時間の取引量 $979,315,638
最高値 214.43ドル
技術 ブロックチェーン

ビットコインからハードフォークによって分岐した、ビットコインの正統な後継通貨というべきアルトコインです。

名前がビットコインによく似ているため一般的にもなじみが深く、投機用としてはもちろんのこと、日常の決済通貨として日本国内でも浸透しつつあります。

【おすすめアルトコイン】リスク

リスク

リスク
時価総額 0.688197ドル
24時間の取引量 $2,695,196
最高値 $0.700172
技術 サイドチェーン

イーサリアムの後継通貨としてにわかに注目されているのがリスクコインです。

リスクコインではビットコインとは異なりサイドチェーンと呼ばれる技術を導入しているほか、DPoSと呼ばれる承認システムによってセキュリティを安全にキープしています。

アルトコインが取引できるおすすめの取引所TOP3!

アルトコイン取引が行えるおすすめの取引所についてトップ3を御紹介いたします。

BINANCE

バイナンスコイン

BINANCE
取り扱い通貨数 1000種類
取引手数料 0.1%
送金手数料 通貨により異なる
追証制度 なし
ロストカット率 なし
日本語対応 なし

日本国内でも知名度抜群の大手海外取引所です。

ビットコインのほか、ビットコインキャッシュ、リップル、イーサリアムなどのアルトコインの取引に常時対応しており、セキュリティシステムがしっかりしていることでも知られています。日本語には未対応ですが、ブラウザの翻訳機能を利用すれば問題ないでしょう。

取引できる主要アルトコイン
XRP、ETH、BCH、LTC、ADA
バイナンス binance fx【最新】BINANCE(バイナンス)でFX取引が可能に!レバレッジ取引のルールや取り扱い通貨について徹底解説!

BitMEX

ビットメックス

BitMEX
取り扱い通貨数 100種類
取引手数料 0.1%
送金手数料 無料
追証制度 なし
ロストカット率 なし
日本語対応 なし

Bitmexもまた、BINANCEほどではありませんが、アルトコインの取扱通貨数の豊富さで知られる大手仮想通貨取引所です。

取引手数料が安いのも大きな特徴で、一定の条件を満たせば少額のお金が取引の度にもらえる場合もあります。追証制度がないのもおすすめポイントです。

取引できる主要アルトコイン
BCH、ETH、XRP、LTC、ADA

Kucoin

KuCoin

Kucoin
取り扱い通貨数 200種類
取引手数料 0.1%
送金手数料 通貨により異なる
追証制度 なし
ロストカット率 なし
日本語対応 あり

2017年に香港で設立された、比較的新しい仮想通貨取引所です。

日本語対応がしっかりとしているところも海外の取引所としてはめずらしいポイントで、仮想通貨ビギナーにとっても親しみやすい取引所として知られています。

アルトコインを200種類以上取り扱っている点も注目ポイントです。

取引できる主要アルトコイン
BCH、LTC、BSV、ETC、DASH

アルトコインの取引での注意点

アルトコインの取引での注意点

アルトコイン取引の注意点について最後に見ていきましょう。

【注意点1】アルトコインのハイレバレッジはリスクが高い

アルトコインでも取引所によってはレバレッジ取引を行うことができ、高いレバレッジをかけるほど得られる利益は高くなります。

ただ、アルトコインのほとんどは将来性が未知数であり、レバレッジ取引によって大きな損失を出してしまう可能性があることを理解しておく必要があります。

また、価格の上下差が激しく時には1時間で価格が2倍〜3倍に跳ね上がったり、下がったりすることもこれまで見られました。

いわゆるボラですね。

ボラリティが高いアルトコインは、レバレッジは最高でも20倍ほどに抑えて取引をすることをおすすめします。

また、追証がない取引所を選ぶようにしましょう。

【注意点2】アルトコインの価値がなくなることもある

残念ながら、アルトコインのうち9割以上は上場からわずか1年以内で消えていってしまう、という現実があります。

価値が実際に0になるというわけではなく、価格が低迷して注目されなくなってしまうのです。

そうなれば大量に保有していたとしてもまったくの無価値となってしまいますので、購入時には通貨の将来性についても入念にリサーチしましょう。

【注意点3】取引所によって取り扱っていない仮想通貨も多数ある

アルトコインのなかでも知名度には格差があり、本当にマイナーなコインは一部の取引所でしか取り扱っていない場合があります。

希望のアルトコインが決まっている場合はまず、取引を常時受け付けている取引所を調べておきましょう。

【まとめ】アルトコインを正しく理解して取引しよう!

この記事のまとめ
・アルトコインとはビットコイン以外の仮想通貨
・アルトコインのなかには価値が急騰した実例もある
・価値の暴落に注意

アルトコインはビットコイン以外の仮想通貨の総称で、有名なものではリップルやイーサリアム、エイダコインなどがアルトコインに分類されています。

アルトコインは一獲千金のチャンスが広がる反面、ある日突然暴落するリスクもありますので、購入の際には将来性を含めて充分にリサーチしておきましょう。