リップル(XRP)のレバレッジ取引ができる取引所厳選!FXの注意点やメリット・デメリットがわかる!

リップル FX

ビットコインの後継通貨が続々とリリースされ、一部が上場している中で、日本国内でも特に注目をあつめているのがリップルです。この記事では、リップルが世界的に注目されている理由や今後の展望について具体的にお伝えしていきます。

リップルの取引で特におすすめの仮想通貨取引所を国内、国外問わずいくつか御紹介しますので、ぜひとも最後までしっかりとお読みいただければ幸いです。

この記事をざっとまとめると

・リップルの基本情報がわかる!
・リップルの注目ポイントがわかる!
・リップル取引の注意点がわかる!
・リップル取引に最適な取引所がわかる!

リップルのレバレッジ取引をするならバランスの取れた「BItMEX(ビットメックス)」がおすすめ!

100倍のレバレッジが可能な上に、追証がないからリスクヘッジが初心者でもできるBitMEXに今すぐ口座開設してみよう!

リップル(XRP)という仮想通貨を簡単に解説!

ripple リップルとは

仮想通貨名 リップル
時価総額 1.3兆円
時価総額ランキング 世界第3位
プラットフォーム Xpring SDK
開発言語 ILP

リップルはビットコインの次世代通貨としてリリースされ、ビットコインの後継通貨として開発された経緯があります。

取引通貨としてのリップルの最大の特徴は、送金スピードの早さです。ビットコインの後継となるアルトコインはこれまでにも数多く開発されてきましたが、いずれの通貨も海外への送金の際には複数の銀行を経由してデータが処理されるため、どうしても一連の送金プロセスに時間がかかってしまう、というデメリットがありました。

リップルは既存のアルトコインの欠点を克服するため、リップル独自の送金プロセスを開発する、という道を選びました。送金トランザクションが処理された際も複数の銀行を経由させる必要がないため、その分処理スピードが早くなり、短時間でトランザクション処理が行えるようになっています。

リップルの場合、開発当初は仮想通貨としての将来と機能性を不安視する声もありましたが、徐々に注目度を高め、ビットコインに追随するかたちで価値を上昇させ、一時は世界第2位の時価総額を記録するほどの通貨へと成長しました。

リップル(XRP)はFX取引(レバレッジ取引)がおすすめの理由

リップル FX取引 おすすめ

多くの次世代通貨があっけなく消えていくなかで、リップルは現在も安定した時価総額をキープし、ビットコインの後継通貨としての存在感をよりいっそう強めています。

リップルがFX取引において特に注目されている理由について具体的に見ていきましょう。

【理由1】ボラリティで大きく儲けられる可能性も!

仮想通貨によるFX取引をはじめるにあたってぜひともおさえておきたいのがボラティリティです。ボラティリティとは「相場における値動きの幅」を表し、単位時間あたりの値動きが激しい通貨をボラティリティが高い、といいます。

リップルはアルトコインのなかでは比較的ボラティリティの高い通貨として知られており、リリース当初はあまり注目されていなかったものの、短期間で「1XRP=50円」にまで値上がりするなどののびしろを秘めています。

ボラティリティが高いということはすなわち短期間で大きく価値が跳ね上がる可能性が大きいということですから、その意味でも一獲千金の夢がある通貨であると言えるでしょう。

【理由2】他のアルトコインよりトレード人口が多い

リップルのもうひとつの強みは、他のアルトコインと比較してトレード人口が多い、ということです。ビットコインの後継通貨バブルが起きるなかで、リップルはひときわ存在感を放っており、基本的な仕組みにおいても他のアルトコインとは一線を画していました。

現在も、次世代通貨としての注目度、期待値は高く、ビットコインの将来性に限界を感じているトレーダーがリップルによるFX取引に流れている、という側面があるようです。

【理由3】知名度や上げ材料がありスキャムの心配をする必要がない

ビットコイン以降のアルトコインの命運を分けたのは、知名度です。ビットコイン以上の知名度を獲得した通貨は残念ながらひと握りであるのが現状であり、9割以上のアルトコインがいわゆる泡沫通貨としてあっけなく忘れ去られていきました。

リップルは親会社もはっきりと特定されており、また、世界的な知名度も安定しているため、いわゆるスキャムコインとして利用されにくく、価値の裏付けがしっかりとなされている点がさらなる信頼につながっています。

リップル(XRP)のFX取引ができる取引所一覧

取引所 最大レバレッジ 魅力
海外 BitMEX 20倍 レバレッジが高い
BINANCE 20倍 手数料が安い
CryptoGT 20倍 通貨のペアが豊富
国内 DMMBitcoin 4倍 大手が運営している
GMOコイン 4倍 24時間、365日対応

上の表からもおわかりいただけるように、リップルのFX取引におけるレバレッジ倍数は取引所の種類によっても異なります。

基本的に、国内よりも海外の取引所のほうがレバレッジ倍数が高くその分少ない元手でもまとまった利益を生み出せるチャンスがあります。

海外であれば運営会社がしっかりしているビットメックスがおすすめで、海外の取引所には不安がある、という方には国内大手のDMMビットコインがむいていると言えるでしょう。

リップル(XRP)のFX取引(レバレッジ取引)ができるおすすめの海外取引所3選!

リップル 取引所 FX

海外取引所でもリップルを上場するところが増えてきました。

ここでは、リップルのレバレッジ取引に対応しているおすすめの海外取引所を3カ所御紹介いたします。

BitMEX(ビットメックス)

bitmex まとめ

運営会社 HDRグローバルトレーディング
最大レバレッジ倍数 100倍
レバレッジ対応通貨数 6種類
レバレッジ手数料 0.05%
追証制度 なし
注文方法 指値注文、成行注文
ロストカット率 0.5%

海外取引所のなかでも大手として知られるビットメックスは、最大で100倍となるレバレッジ取引が魅力です。

追証制度がなく、ロスカットによって損失を最小限におさえられるため、海外取引所に慣れていない初心者トレーダーの間でも幅広く支持されています。

《BitMEXの評判》

ビットメックスは上級トレーダーはもちろんのこと、ビギナートレーナーにも人気があります。特に、ロスカットによって損失をゼロに近づけられるところが支持されているようです。

BINANCE(バイナンス)

binance

運営会社 binence
最大レバレッジ倍数 100倍
レバレッジ対応通貨数 140種類
レバレッジ手数料 0.075%
追証制度 なし
注文方法 指値注文、成行注文
ロストカット率 なし

海外取引所として大手のBINANCEは最大100倍のレバレッジ倍数を実現しており、なおかつ、低い水準のレバレッジ手数料も魅力のひとつとなっています。

《BINANCEの評判》

最大100倍のレバレッジ倍数と低いレバレッジ手数料で知られるBINANCEは、上級トレーダーにとってもまとまった利益が期待できる取引所として期待されています。

また、取引画面がシンプルでわかりやすいため、取引に慣れていないビギナーにも使いやすいと評判です。

CryptoGT(クリプトGT)

クリプトGT

運営会社 hatio.LTD
最大レバレッジ倍数 200倍
レバレッジ対応通貨数 1000種類
レバレッジ手数料 無料
追証制度 なし
注文方法 指値注文、成行注文
ロストカット率 0

ギリシャに本拠地を置くクリプトGTは何と言っても、取扱通貨数の豊富さが魅力です。追証制度もなくゼロカットシステムを採用しているため、取引において巨額の負債を背負う不安もなく、高いレバレッジ倍数によってハイリターンを期待することも可能です。

《CryptoGTの評判》

クリプトGTは、海外取引所には珍しく常時日本語対応を行っているため、海外取引所にはじめて登録する、という初心者トレーダーの間でも安定した人気をキープしています。

リップル(XRP)のFX取引ができるおすすめの国内取引所2選!

ここからは、海外取引所ではまだまだ不安がある、というビギナートレーナーのために、おすすめの国内取引所についてお伝えしていきます。

DMMBitcoin(DMMビットコイン)

DMMビットコイン

運営会社 DMMグループ
最大レバレッジ倍数 4倍
レバレッジ対応通貨数 8種類
レバレッジ手数料 無料
追証制度 なし
注文方法 指値注文、成行注文
ロストカット率 なし

日本国内では知名度抜群のDMMビットコイン。取扱通貨数は今のところ少ないものの、新規キャンペーンやビギナー向けのアフターフォローも充実しており、上級者の間でも定評があります。

《DMMBitcoinの評判》

DMMビットコインの最大の強みは何と言っても、抜群の安定感です。

国内でも最大手といってもよいDMMグループが親会社ということで、季節ごとのキャンペーンも充実しており、新規トレーダーも参入しやすい条件が整っています。

GMOコイン

GMOコイン

運営会社 GMO
最大レバレッジ倍数 10倍
レバレッジ対応通貨数 5種類
レバレッジ手数料 0.5%
追証制度 なし
注文方法 指値注文、成行注文
ロストカット率 なし

金融業大手のGMOグループが運営しているGMOコインは、セキュリティも安心の国内取引所です。

レバレッジ対応通貨数は5種類とかぎられているものの、ビットコインなどメジャーな銘柄がそろっており、初心者でも比較的取引のコツをつかみやすい取引所と言えます。

キャンペーン
抽選で1日1名に現金10000円プレゼント

《GMOコインの評判》

金融業の分野でも信頼の厚いGMOグループ傘下のGMOコイン。知名度だけでなくアフターフォローや新規キャンペーンも充実しており、最大10倍のレバレッジ取引によって安定した利益が期待できると評判です。

リップル(XRP)をFX取引する上でのリスク

リスク リップル

リップルでFX取引にチャレンジするうえでの基本的な注意点について見ていきましょう。

リスク1 税金の申告を忘れずに!

仮想通貨取引をつづけるうえでまず注意すべきは確定申告の問題です。ビットコイン取引で得られた利益は税法上雑所得に分類され、給与所得には含まれないため、確定申告の義務があります。

副業でビットコイン取引を行う場合も、年間の総利益が20万円を超える場合には確定申告の必要性が生じます。

会社員であっても雑所得については源泉徴収の対象にはなりませんので、取引の損益は必ず専用の帳簿などで管理し、利益が振り込まれた際には明細書をプリントアウトして保存しておきましょう。

リスク2 追証制度で損失を被ることもある

取引所によっては追証制度がもうけられている場合があります。追証制度とは、事前に取引所に納めた証拠金では損失がカバーしきれなかった場合に追加で証拠金を納めることで、損失の規模によっては数百万円、数千万円単位の負債を背負うリスクがあります。

最近では追証制度のない取引所も増えていますので、取引所ごとの特徴を事前にリサーチしたうえで、損失を最小限におさえられる取引所を見きわめましょう。

リスク3 ボラリティが高い分大きく損失を出す場合も!

ボラティリティが高く、一夜にして一獲千金のチャンスもあるリップルコインですが、反面、通貨価値が急激に下落する可能性もあるため、一瞬にして巨額の損失が生じてしまうリスクも否定できません。

特に、ハイレバレッジの取引を行う場合は余裕のある資金で行い、損失が出たとしても暮らしには影響がない範囲でリスクをコントロールしましょう。

【まとめ】リップルのFX取引ができるおすすめNo.1取引所は「BitMEX」!

この記事のまとめ
・リップルはボラティリティが高い
・幅広い取引所で扱われている
・運営元がわかりやすい
・送金プロセスがシンプル

世界的な知名度が高く、日本国内でも人気の高いリップルコイン。

リップルコインを扱っている取引所は国内外で増えていますが、レバレッジ、手数料、アフターフォローとあらゆる面でビットメックスがおすすめで、初心者トレーダーはもちろんのこと、上級トレーダーにとっても利用しやすいと評判です。

海外取引所でも安心してトレードができるので、ぜひビットメックスでのリップルFXを体感してみてください!

口座登録は約5分で完了!