ライトコイン(LTC)買い方・購入方法を図解!将来性から基本情報、取引所、注意点まで!

litecoin ライトコイン買い方 購入方法

ライトコインの買い方をライトコインの技術、誕生の経緯、メリット、将来性や基本情報を踏まえ、バイナンスを例にし画像や文章でわかりやすくご紹介します。

ライトコインを購入できる取引所をTOP5にまとめ、それぞれの取引所の魅力をご紹介しながら比較し、ライトコインを購入する際の注意点をご紹介します。

この記事を読んでわかること

・ライトコインの基本情報、メリットや将来性について
・ライトコインを購入できる仮想通貨
・バイナンスでのライトコイン の買い方
・ライトコインを購入できる取引所の比較
・ライトコインを購入する際の注意点

おすすめの取引所『BitMEX』

BitMEX
・口座登録はとても簡単!5分で完了するから初心者でも安心。
・追証なしなのにハイレバレッジ100倍で取引可能!
・ビットコインの取引高は世界でも上位!
・BitMEXに登録しておけば間違いなし!

ライトコイン(LTC)とは?

元グーグルのエンジニア、チャーリー・リーにより開発され、そう発行枚数は約8400枚と予想され、約4年で半減期を迎える仮想通貨です。

アルトコインでありながらビットコインに近い、取引の速さと手数料の安さを目指し、ビットコインに起きた様々な問題を解決して作られ、今後ビットコインで実用的な物の売買をすることを目的としている仮想通貨です。

ライトコイン(LTC)の基本情報

ライトコイン

ライトコイン(LTC)
24時間取引高 4000~4400円
時価総額 2565億円
最高値 36000~39600円
技術 ライトニングネットワーク、Segwit、アトミックスワップ
魅力 送金速度が早い
おすすめ度 ★★★★

ライトコインの時価総額は仮想通貨の中でも上位の価格日本円に直すと2565億円、24時間取引高も4000~4400円、最高値が36000〜396000円で、ライトニングネットワーク、Segwit、アトミックスワップの技術により送金速度が早いのが特徴であり、魅力があり、おすすめ度も高いです。

ライトコインは海外、国内ともに取引所で広く流通しており、ビットコインと比較されるくらいアメリカでは人気で、2011年から約10年取引がされているビットコインの次に歴史が古い仮想通貨です。

ライトコイン(LTC)の技術

ライトコインの技術にはライトニングネットワーク、Segwit、アトミックスワップがあります。

ライトニングネットワークとは
マルチシグを利用するペイメントチャネルを利用したオフチェーン取引により、送金速度向上と少額取引の手数料を抑えることができる送金方法
マルチシグとは
1つ1つのトランザクションに署名する秘密の鍵を複数必要とするシステム
オフチェーン取引とは
ブロックチェーン外で行われる取引のこと

どれも第2のビットコインを目指す仮想通貨として技術をライトコインに付与しています。

ライトコイン(LTC)が誕生した経緯

ビットコインに並ぶ仮想通貨としてスケーラビリティ問題を解決するために開発され、日常的に物の売買など、高速な取引かつ安全な取引を目指す仮想通貨です。

ライトコイン(LTC)のメリット/将来性

ライトコイン(LTC)のメリット/将来性

ライトコインのSegwit、ブロック生成スピードの向上、スケーラビリティの解決をした技術によって送金速度が早く、アトミックスワップにより取引の上のセキュリティ上も安心できるというメリットがあり、将来的にはビットコインに並ぶモノの売り買いができる実用性があります。

高速かつ安全に高額な取引ができれば企業や決済サービスとの連携も増え、流通性が高いことも挙げられます。

Segwit(セグウィット)を採用

Segwitとは
仮想通貨ならではのデータ記録において1つのブロックのトランザクションを圧縮することでトランザクションをより多く入れることが可能になる技術です。
トランザクションとは
情報を記録するデータなどを指すこと

ライトコインはビットコインに並ぶ仮想通貨を目指すことによりビットコインで問題になっていたトランザクションの多さを改良するべくSegwitを採用し、Segwitを採用することによりより多くの人が取引でき、仮想通貨自体にも問題の心配がなくなりました。

ブロック生成スピードがビットコインより上

ライトコインは1ブロックの生成速度が2.5分で、ビットコインの4倍の速さになります。

リップルの取引決済時間が約4秒で生成速度もそれに見合ってライトコインより早いわけですが、ライトコインも仮想通貨の中では比較的早い生成速度になります。

生成スピードが早いとより同時に多くの取引注文があったとしても混雑せずに処理することができるのもメリットがあり、それに加えsegwitを採用していることでより早くのデータ処理を実現しています。

スケーラビリティ問題を解決

スケーラビリティ問題とは
ビットコインの1つのブロックで1MBに制限されていることにより、その制限を超えるとネットワークから排除されること

ビットコインの1つのブロックが1MBに制限されていることによりその制限を超えるとネットワークから排除されるだけではなく、取引や送金のロス、マイナーの割高な手数料という問題がありました。

このスケーラビリティ問題をライトコイン特徴のブロック生成速度の速さやSegwitにより取引をよりスムーズにさせ解決させました。

アトミックスワップを実現

アトミックスワップとは
異なる仮想通貨同士、より安全でより早く取引できるシステム

アトミックスワップは第3者の仲介者は必要なく取引ができ、取引の間にマルチシグアドレスが生成され、そのマルチシグアドレスにより取引が機密性があり、安全性が増します。

また、第3者でなければ異なる仮想通貨同士の売買ができず、第3者が仲介に入ることで取引確認のため取引に時間がかかり、手数料もかかってしまうこともなく取引が可能となります。

開発チームが充実している

開発チームの1人ライトコインを開発したチャーリー・リーはコートジボワール生まれ、マサチューセッツ工科大学を経て、元グーグルエンジニア、コインベースにも務めていたことがありコンピュータ科学者でコンピュータ科学者において優秀なお方です。

ライトコイン(LTC)が買える取引所TOP5!

ライトコイン(LTC)が買える取引所TOP5!

ここでは、ライトコインが購入できる取引所をご紹介していきます。

【海外取引所】BINANCE

binance

BINANCE
ライトコインの取引手数料 0.1%
ライトコインの送金手数料 0.001LTC
ライトコインの受金手数料 無料
最大レバレッジ 125倍
追証制度 なし

バイナンスでは取引手数料が0.1%で12月26日現在のライトコインの価格で言えば、4380円ですので428円になり、ライトコインの送金手数料が0.001LTCになり例えば100LTCを持っていれば0.1LTCが手数料になり、最低送金額が0.002LTCになります。

受金手数料は無料になり、最大レバレッジは125倍とかなり高いレバレッジをかけることができ、追証制度もないためあまり手数料などに不満を持たず取引が可能です。

バイナンス binance fx【最新】BINANCE(バイナンス)でFX取引が可能に!レバレッジ取引のルールや取り扱い通貨について徹底解説!

【海外取引所】Bittrex

Bittrex(ビットトレックス)

Bittrex
ライトコインの取引手数料 0.25%
ライトコインの送金手数料 無料
ライトコインの受金手数料 無料
最大レバレッジ レバレッジ取引なし
追証制度 なし

ビットトレックス は取引廃止になる仮想通貨もあるものの銘柄は200種類程あり、取引高も世界有数な取引所です。

ビットトレックス の取引手数料は0.25%で12月26日現在のライトコインの価格を参考にすると4380円で1095円になり、送金手数料も受金手数料も手数料が無料です。

しかし、送金手数料は無料ですがマイニング手数料がかかります。

マイニング手数料とは
仮想通貨をトランザクション処理などをする際にかかる手数料のこと

【海外取引所】Poloniex

Poloniex

Poloniex
ライトコインの取引手数料 メイカー手数料0~0.08%、テイカー手数料0.1~0.2%
ライトコインの送金手数料 無料
ライトコインの受金手数料 無料
最大レバレッジ 2.5倍
追証制度 なし

ライトコインの取引手数料はメイカー手数料、テイカー手数料があり手数料が変動します。

レンディングができ、スマホアプリからも取引ができ、送金手数料も受金手数料も無料で最大レバレッジが2.5倍になり、追証制度もないので確実に指値注文ができる得意な方におすすめな取引所になります。

レンディングとは
自分が保有している仮想通貨を貸し出すことにより金利を得られること

【海外取引所】KuCoin

KuCoin

KuCoin
ライトコインの取引手数料 メイカー、テイカー手数料それぞれ0.1%
ライトコインの送金手数料 0.001LTC
ライトコインの受金手数料 無料
最大レバレッジ 20倍
追証制度

ライトコインの取引手数料はメイカー、テイカー手数料ともに0.1%ではありますが、変動し、最低送金金額は0.002LTCになり、送金手数料が0.001LTCなので12月26日のライトコインの価格を参考にすると4380円なので約4円ほどになり、受金手数料は無料になります。

KuCoin独自のトークンKCSを保有することで配当を得ることができ、最大のレバレッジも20倍でレバレッジ取引も楽しめます。

【海外取引所】CryptoGT

クリプトGT

CryptoGT
ライトコインの取引手数料 無料
ライトコインの送金手数料 無料
ライトコインの受金手数料 無料
最大レバレッジ 500倍
追証制度 なし

送金、受金手数料ともに無料ですが送金時にマイニング手数料がかかり、最大レバレッジは500倍と業界でもかなり高いレバレッジになり、追証制度はないのでレバレッジを最大限かけることができます。

しかし、スプレッド手数料、スワップ手数料もあるためその計算は必要ですので注意を払うことが必要です。

58種類の通貨ペア、即時入金や紹介入金や入金ボーナスなどのキャンペーンを定期的に行う取引所でもあります。

【BINANCE編】ライトコイン(LTC)の買い方

【BINANCE編】ライトコイン(LTC)の買い方

バイナンスの公式サイトにてライトコインを注文するまでの口座の登録方法など順を追って画像や文章でわかりやすくご紹介します。

BINANCE公式サイトにて口座登録

BINANCE 公式サイト登録

バイナンスで『Create a free account』という画面を出せば無料アカウントを作ることができ、そのページでEmailの欄に自分が使うEメールアドレスを記入、Passwordの欄にパスワードを少なくとも8文字、大文字の文字と数字を含め記入します。

紹介idがある方は『Referral ID』の欄に記入し、ない方はそのまま下の『Binance’s Terms of Use』(規約)を読んだ上で18歳以上であることも含め賛成としてチェックボックスをクリックしチェックをつけ、下の『Create account』をクリックすることで無料アカウントを作成することができます。

また、紹介IDがあると手数料が10%返ってきますのである方は是非忘れずにご記入ください。

Marketからライトコインを選択

ライトコイン

バイナンスの画面で上の『Markets』という項目をクリックして開き、その中の『BTC Markets』のタブを開き、LTC/BTCという項目を選択します。

ライトコインの取引画面であることを確認

ライトコイン

画面左上のLTC/BTCと表示であればライトコインの取引画面になります。

また、取引価格からも40ドル程度であればライトコインの取引だということもわかります。

ライトコインを注文する

ライトコイン 注文方法

Exchangeのタブを開き、Limitというタブも開くと『Buy LTC』と『Sell LTC』という売り買いができます。

Buy LTCでライトコインを購入でき、Sell LTCでライトコインを売ることができ、Priceの欄にそれぞれ買う料金と売る料金をBTC単価で記入し、Amountの欄にその購入、売却の量をLTC単位で記入し、そのAmountの下でレバレッジを20%、50%、75%、100%で決めることができ、TotalでBTC単位にて合計が算出され、一番下の緑か赤のボタンを押すことで売買の注文を出すことができます。

ライトコイン(LTC)が買える取引所比較

ライトコイン(LTC)が買える取引所比較

取引所 LTC取引手数料 LTC送金手数料 LTC入金手数料
BINANCE 0.1% 0.001LTC 無料
Bittrex 0.25% 無料 無料
Poloniex メイカー手数料0~0.08%、テイカー手数料0.1~0.2% 無料 無料
KuCoin メイカー、テイカー手数料それぞれ0.1% 0.001LTC 無料
CryptoGT 無料 無料 無料

取引手数料はクリプトGTが一番安く無料で、送金手数料も同じくクリプトGT のほかビットトレックス 、ポロにエックスが安く無料、入金手数料は全ての取引所で無料になります。

しかし、バイナンスにはBNB払いがあり取引手数料を無料にすることが可能で、ユーザー数、取引高ともに世界トップクラスで信用があり、世界180カ国の法定通貨にも対応していることで利便性は高く、流通性もあります。

BNB払いとは
バイナンス独自のトークンでの支払いをすること

ライトコイン(LTC)を買うときの注意点

ライトコイン(LTC)を買うときの注意点

ライトコインについてご紹介する中で親近感を持ち始めたところではあると思いますが、ライトコインを購入する際の注意点としてボラティリティ、中長期の投資についてご紹介します。

ボラティリティに注意

1時間でもボラティリティの変動が大きいです。

短時間での投資であればチャートから目を離さないことが必要ですし、中長期の投資であっても価格が高くなってもそんなに長くは高いままではないことから塩漬け状態は回避するべき注意点になります。

中長期保有の場合はウォレットで保存する

ビットコインに次ぐ仮想通貨であり、人気もあるため何かしらハッキングがある場合も考えられます。

中長期での保有をするのであればウォレットへの保存がおすすめです。

ライトコインは世界中の取引所の多くで取り扱っていることもあるため、有名で人気がある取引所がハッキングなどの被害に遭う可能性もありますので、安全な取引所とは言えウォレットへの保存が安全です。

ライトコイン(LTC)の買い方まとめ

この記事のまとめ
・ライトコイン はビットコイン以上の技術がある将来性のある仮想通貨
・バイナンスの取引所は日本語に対応していないが注文画面などわかりやすい
・バイナンスは他の取引所に劣る部分もあるがBNBのトークンを使うことにより利便性がある
・ボラティリテに注意し、取引所やライトコインのシステムが安全でもウォレットに中長期の保有はウォレットに保存 

ライトコインを開発した方は高学歴で世界大手の会社のエンジニアや日本国内の仮想通貨取引所にも務め、優秀で、ライトコイン自体もビットコインに並ぶ優秀さがありますが、それでも自分での自己管理は怠ってはいけません。

バイナンスでの登録から注文の仕方まで簡単で、バイナンスの利用も便利ではありますが、有名ですごい仮想通貨であるということを頭に置いて取引や保有をすることが重要です。