VeChain(ヴィチェーン)とは?|特徴や開発者や今後の活用性について詳しく解説!

VeChainという仮想通貨を最近よく耳にする方も多いと思います。

VeChainは、かなり実用性の高い仮想通貨として知られています。

この記事では、そのVeChainの技術や実用性などから、将来性まで詳しくご紹介し、おすすめの取引所もご紹介したいと思います。

VeChain(ヴィチェーン/VEN)の基本情報

Vechain

通貨名 VeChain
公開日 2017年8月15日
発行上限枚数 8億6700万枚
取引認証システム Ethreum上のブロックチェーン
公式サイト https://www.vechain.com/#/

「改ざんできない」特性を持つブロックチェーン技術を活用し、商品の素材の生産地や製造工程、流通経路など顧客に届くまでに悪意の第3者を排除するためのトレーサビリティを保証します

BAAS(Blockchain-as-a-Service)を提供するブロックチェーンプラットフォームです。

ブロックチェーン技術を活用することで、自律的かつスケーラブルな信頼性の高い分散型のビジネスエコシステムを構築することができます。

VeChain(ヴィチェーン/VEN)開発会社の情報

2017年7月にシンガポールに設立されたNPO(非営利団体)です。

VeChainの開発、構築およびガバナンス、透明性の維持、提唱およびプロモーション活動に従事するVeChainスポンサー企業として活動しており、オープンソースコミュニティの安全と調和のとれた発展を促進します。

調和のとれたガバナンス体制の経験を踏まえ、戦略的意思決定委員会、技術監査委員会、報酬委員会、指名委員会、広報委員会などの機能委員会を設置します。

Sunny Lu(CEO)について

サニーは上海交通大学で教育を受け、電子通信工学を学びました

サニーは、15年以上の管理経験と、コンピューター、ネットワーク、および通信活動に関連する技術的専門知識を持っています。VeChainを共同設立する前は、Louis Vuitton China(LVMHグループの一部)のCIOを務め、大規模なITおよび情報セキュリティプロジェクトを作成および実施してきました。

VeChain(ヴィチェーン/VEN)のここがすごい!4選

VeChain(ヴィチェーン/VEN)のここがすごい!4選

VeChainは現在、上海、シンガポール、パリ、ルクセンブルグ、パロアルト、東京、香港にある7つのオフィスで運営されており、50名以上のブロックチェーンアプリケーション開発者を含む100名以上の国際的なプロフェッショナルチームがいます。

VeChainは、清華大学、スタンフォード大学、MIT、オックスフォード数学研究所、ダートマスカレッジ、香港市立大学、サウスチャイナノーマル大学など、ブロックチェーンのR&D能力において世界中の一流大学と積極的に連携しています

ブランド品などの高額商品の偽造品防止になる

例えば、ワインボトル用の追跡および認証プラットフォームを作成し、生産工程のあらゆる段階でワインのデータをブロックチェーンに保存することができます。

あらゆる生産工程のデータを記録することでワインの中身をすり替えたりする偽装問題を回避できますし、安全で品質が担保されていることを配送管理者や商品を扱うディベロッパーなどが確認することができます

このようなデータはシームレスに生産、製造工程、配送、配送管理、ディベロッパーなどが共有でき、これまでのコスト管理を削減することが可能になります

すでにICチップの埋め込み実験が行われている

VeChainは、商品の改ざん等がされないようにする技術が注目を集めていますが、すでに実験段階ではありますが、商品にICチップを埋め込む実験が行われています。

ICチップを埋め込むことで、ブロックチェーン上で商品の品質管理、販売状況、製造状況、輸送管理などができるため、実用性が高く注目をされています。

今後の早い段階での実用化が期待されています。

中国政府と正式にパートナーシップを結んでいる

中国政府と正式にパートナーシップを結んでおり、中国経済特区である貴安新区においてすでに利用されています。

VeChainの技術は、貴安新区とパートナーになっており、機密性の高い期間である銀行などの文書の管理に用いられています。

ルイ・ヴィトンなどの有名企業と提携している

VeChainは、ルイ・ヴィトンをはじめとする大企業と提携を結んでいます。BMWやPwC、PICC、H&Mなど有名企業が揃っています。

アパレル大手H&Mでは、すでに製品管理などを行う実証実験を行っています。

VeChain(ヴィチェーン/VEN)はどのように活用できるの?

VeChain(ヴィチェーン/VEN)はどのように活用できるの?

VeChainの技術を使って、実際にどのように活用されて、将来性があるのかを実際にここではみていきましょう。

様々な分野で可能性がありますので、必見です。

高級品やブランド品

各製品に「NFCチップ」と呼ばれるチップを埋め込み、各製品にはNFCチップ上およびプラットフォーム上で独自のデジタルIDを割り当てます。

製品の流れ(製造、物流、倉庫保管、流通、小売、品質チェック)はスマートコントラクトによって自動的にプラットフォーム上に保存され、改ざんすることは不可能です。

そして、消費者はモバイルアプリを通してデータにアクセスし、製品の流れを全て確認できるようになります。

農業関係

農業向けに設計されたビッグデータプラットフォームであり、植栽/育種、生産と加工、包装、ロジスティクス、および販売中に生成されたすべての農業関連データを追跡します。

収集されたすべてのデータは、VeChainThorブロックチェーンに保存されます。

承認により、ブロックチェーン上のデータをすべての参加者とエンドユーザーと共有でき、分析のための信頼できるデータを提供し、スマート農業の開発を促進します

物流・貿易

ブロックチェーンとIoTテクノロジーを活用することにより、VeChainが提供する物流業界ソリューションは、参加者が輸送から生じるコアデータを記録できるようにします。

収集されたデータはVeChainThorブロックチェーンに保存されるため、新しいロジスティクスとビジネスモデルを作成できます。さらに、ブロックチェーンに保存されたデータに基づいて、さまざまなデジタル付加価値サービスを提供できます。

食品・衣料品

消費者信頼感指数は、食品などの本質的に傷みやすいまたはデリケートな製品の小売業者向けに設計されたブロックチェーンベースのデジタル認証ソリューションです。

プラットフォームによって収集されたデータは、独立したサードパーティのDNV GLによって検証され、VeChainThorブロックチェーンにアップロードされます。

その後、数学モデルに基づいて信頼指数を計算できます。

このソリューションを使用すると、エコシステムの参加者は協力して互いに力を与え、最終的に消費者と企業の双方にメリットのある結果を得ることができます。

VeChain(ヴィチェーン/VEN)の将来性

VeChain(ヴィチェーン/VEN)の将来性

偽物ブランド品のマーケットが大きい、発展途上国でも大いに需要と将来性があるというのは、言うまでもありません。

これまでの多くの仮想通貨の取引所やコインは、中国当局からの規制をこれまで心配されてきましたが、VeChainは、他のブロックチェーン関連事業と同じく認可を受けています。その中には、アリババやバイドゥーなどのIT大手も含まれていますので、今後に大きく期待ができるのではないでしょうか。

今回の認可では、Vechain意外に、ParcelXが認可されています。

今後、仮想通貨の価値や実用性がなされていく中では、中国で認可されることが、より重要視されてくるでしょう。

2018年には、5GオープンパートナーシッププログラムにVechainの参加企業に選ばれました。2020年のサービス開始を目指しており、今後に期待ですね。

このように、Vechainは、かなり将来性が期待されている仮想通貨です。今後の価格の高騰に期待が寄せられます。

VeChain(ヴィチェーン/VEN)が売買できる取引所

残念らがら、Vechainは日本の仮想通貨取引所では取り扱いがありません。

そのため、海外の取引所の口座を開いてビットコインを送金し購入する必要があります。

ここでは、Vechainが安全に売買できるおすすめの海外取引所をご紹介していきます。

BINANCE(バイナンス)

binance

BINANCEは、中国を拠点とする仮想通貨取引所です。世界でも、屈指の仮想通貨取引量を誇っており、セキュリティに関してもトップレベルです。

最近では、ハイレバレッジにも対応しており、最大で100倍で取引できることから、多くのトレーダーに愛用されています。

BINANCEの強みは、セキュリティですが、仮想通貨取り扱い数も屈指を誇っており、ビットコインをはじめとする主要コインはもちろんのこと、手数料が安くなる、BNBコイン、その他の草コインなども豊富に取り扱っています。

まだ、登録してない方なら、強くおすすめしたい取引所です。

Kucoin(クーコイン)

KuCoin(クーコイン)

Kucoinは、香港を拠点とする取引所です。IT大手のアリババ出身のエンジニアが創設者でとても信頼の暑い取引所です。

バイナンスの次に続く人気で、取り扱い通貨数も200種類以上になっています。

日本でのコインチェックのハッキングを受けて、2018年には日本人への取引を帰省していますが、本人取引をしない場合は取引が可能とのことです。

VeChain(ヴィチェーン/VEN)のおすすめウォレット

VeChainを取引する上で、安全を確保するために使用したいものが、ウォレットと言われる仮想通貨においてのお財布のようなものです。

ハードウェアウォレットでは、インターネットと完全に引き離して秘密鍵を保管することができるので、安全性が高く、多くの人が愛用しています。

ハッキング被害を避けることもできます。ここでは、おすすめのウォレットをご紹介します。

Ledger Nano S

Ledger Nano X

現在では、従来モデルのLedger Nano Sと最新モデルのLedger Nano Xの2つあります。

ここでは、従来モデルであるLedger Nano Sでも十分機能するので、こちらについて詳しく紹介します。

ナノSの方は、3〜20のアプリを保存することができ、十分ではないでしょうか。

1100種類の仮想通貨に対応しており、WEBウォレットと連携して拡張することが可能になっています。

Ledger Nano Sは、8990円(税込)となっています。また、バックアップパックでは、Nano S + Nano Xのセットで¥26,370(税込)となっています。

VeChain(ヴィチェーン/VEN)とは?まとめ

この記事では、VeChainという仮想通貨について基本情報から今後の将来性まで詳しくご紹介してきました。

製薬大手の中国法人バイエル・チャイナは、Vechainの技術を採用し、医薬品のロットナンバーをブロックチェーンに記録し、追跡する新たなサービスを発表しました。これは、2020年最新の情報ですので、今後もVeChainには期待が集まることでしょう。

VeChainを取引する場合は、BINANCEを利用して安全に取引してはいかがでしょうか。