【攻略】仮想通貨の儲け方の教科書|初級編と上級編をマスターして仮想通貨で稼ごう!

仮想通貨 儲け方

仮想通貨で儲けたい!と思う方は多いでしょう。

しかし、

実態を知らずに言葉だけきくと「騙されそう」「難しそう」「儲けられるってきくけど本当?」と思いませんでしたか。

しかし、仮想通貨はいままでのお金の常識を根本から覆す、まったく新しい可能性をもったお金です。今、使われているお金からでは想像ができない概念でできているので、いままでの常識にとらわれずに読んだほうが理解しやすいでしょう。

また、株式のように仮想通貨の売買で儲けることができます。「億り人」や「仮想通貨バブル崩壊」などの言葉を聞いたことがあるかもしれません。仮想通貨の登場で、お金を儲ける選択肢が1つ増えたわけです。

家にいる時間が増えた現在、仮想通貨を理解してお金を儲けるチャンスですよ。

Bybitは...
  • Bybitへの登録はとても簡単!書類提出などは不要!
  • Bybitは日々お得なボーナスを多数用意しています!お得に仮想通貨をゲットできるキャンペーンも!
  • Bybitのアプリは使い安い!取引もアプリで完結してしまう方とても便利!
  • Bybitは、完全日本語に対応!海外取引所なのに安心して取引できます!
  • 日本人ユーザーにも愛される次世代Bybitを体感してみてください!

Bybit

 

Bybit(バイビット)公式サイトはこちら

Bybit公式サイト

おすすめの取引所『Bybit』

bybit
・口座登録はとても簡単!5分で完了するから初心者でも安心。
・追証なしなのにハイレバレッジで取引可能!
最高90ドルまで無料でもらえるチャンス!
・今勢いのある海外取引所『Bybit』にいますぐ登録しよう!

仮想通貨とは?

仮想通貨とは?

仮想通貨とは、現実世界にはないネットデータ上のお金です。紙幣や金貨のように、モノではないので触ることができません。

なので、なんとなく怪しい印象がありますが、日本政府も公式で認めている新しいお金なのです。

また、お金はふつう国が管理していますよね。例えば円だったら日本が管理し、ドルはアメリカというように。しかし、仮想通貨はどの国も管理をしていません。

そして、銀行で海外にお金を送ると、だいたい2500円~4000円ほどの手数料がかかります。仮想通貨だとそれが、格安か無料でできてしまいます。そのうえ、送金スピードが速いことも特徴です。

仮想通貨とは、今までのわたしたちの常識を覆す、まったく新しいお金なのです。

【2020年最新】海外の仮想通貨取引所10選を厳選!超有名どころからまだ知られていない穴場取引所まで!

仮想通貨仕組み -儲けるためには-

仮想通貨仕組み -儲けるためには-

仮想通貨は、ブロックチェーンという仕組みで成り立っています。ブロックチェーンとは、別名で取引台帳とも呼ばれ、過去の取引がすべて暗証番号で記録されています。

暗証番号を解読することをマイニングといい、解読できる人のことをマイナーといいます。

解読して取引が正しいことが一番、最初に証明できたマイナーには報酬がもらえます。これがマイナーたちの儲けになります。

仮想通貨の過去のとりひきがすべて記憶されているということは、不正ができないということ。だから、新しいシステムのお金でも、信用することができます。信用=価値なので、仮想通貨の価値が確立できたのです。

仮想通貨で儲け方には、マイナーになるか、または株のように売買で利益を出すことです。仮想通貨は値動きが激しいので、価値が上がればたくさん儲けることができます。

仮想通貨はオワコン?まだ稼げる理由

仮想通貨はオワコン?まだ稼げる理由

オワコンとは、一時のブームが去り、時代遅れになったものをいいます。

仮想通貨は一時「億り人」という言葉とともによく聞かれるようになりましたね。億り人とは、仮想通貨のみで1億円以上の利益をだした人のことで、国内だけでも331人ほどいました。

しかし、「仮想通貨バブル崩壊」とも囁かれる今、仮想通貨はまだ儲けることができるのでしょうか。

仮想通貨の普及

海外では、今も仮想通貨への認知や売買は広がっています。とくに、2018年には欧米の機関投資家が、仮想通貨に手を出そうか、本気で検討しているようです。今まで、仮想通貨は個人の投資家が多かったのですが、ここで、機関投資家が参入すると市場は大きく動きます。

個人投資家の資金より、機関投資家の資金のほうが断然おおきく投資されることになります。市場で大きなお金の流れができます。また、今まで仮想通貨に躊躇していた人も、大手がやるなら信頼できると、より市場が活発になるのです。

仮想通貨の実用化

海外への送金は送金額の15%がかかりますが、仮想通貨なら0~数百円でできます。また、送金時間もふつうなら、2~7日かかるところ、数秒~数分でできるのです。

また、海外では銀行を持ちたくても持てない人が多くいます。しかし、仮想通貨は、ネットができる環境さえあればいいのです。

よって、お金を仮想通貨に換えるだけで、誰でも効率的にもつことができるのです。

上場投資信託に承認される

投資信託とは、資金をプロに託して運用してもらうことです。その機関が上場しているところを、「上場投資信託」といいます。

上場投資信託に承認されれば、仮想通貨はもっと信用され価値が高くなり、資産家も投資したくなります。

近年では、仮想通貨のなかで一番有名なビットコインを米証券取引委員会(SEC)に申請することが活発になっています。

申請見送りが多いものの、保留になっているところもあり、委員の中には仮想通貨を押している人もいるため、申請が通る可能性も出てきました。

もし、申請が通れば最大で40%の課税がかかっていたのが、20%まで引き下がるため、より仮想通貨の市場の活発が見込めるでしょう。

【初心者編】仮想通貨で儲ける方法

【初心者編】仮想通貨で儲ける方法

仮想通貨で儲けるにはまず、仮想通貨取引所への登録が必要です。そこから、本人確認書類や、SMS認証、二段階認証の設定などを行い、入金をします。手続きに1週間ほどかかる場合もあります。

そこから取引がスタートできるのですが、なんせ仮想通貨は、価格変動が大きいので安易にやってしますと大変です。

初心者なら、まずはシンプルで分かりやすい取引から始めましょう。ここでは、3種類紹介しますが、自分がやりやすそうなものからチャレンジしてみて、自分の得意な取引を見つけられるといいですね。

現物取引

現物取引とは、仮想通貨の売買の差額で儲けるものです。まず仮想通貨を買って、値上がりしたタイミングで売ります。

手元にある資金以上の仮想通貨は、購入できないので、一般的な金銭のやりとりに近く、一番シンプルで分かりやすいため、初心者にはやりやすいとりひきですね。

売買の方法は2種類あります。

  • 取引所内の販売所で、取引所開設事業者と売買する
  • 取引所の市場で、そこのユーザーと売買する

レバレッジ取引

まず、取引の損益を確実に決済できるように、担保として口座にお金を入れておきます。これを証拠金といいます。

この証拠金をもとにして、証拠金の何倍もの金額で取引ができるようになります。よって、少ない資金でも大きな儲けをだすことが可能になります。

そして現物取引との大きな違いは、金額が高くなったときに売って、低くなったときに買い戻すことにで、儲けをだすことも可能になることです。

仮想 通貨 fx 海外【保存版】仮想通貨FXができる海外取引所7選!海外取引所で取引するメリットとデメリットとは? 仮想通貨FX 比較【比較検証】仮想通貨FXができる取引所を徹底解説!FX取引におすすめの通貨は何?

積立投資

毎月決められた金額で仮想通貨を買いつづけ、売るタイミングは自分で判断できるというもの。売らずに保有しておくのも大丈夫です。

設定だけすませれば、勝手に購入させるため、頻繁に市場をチェックしなくていいので楽ですね。また、仮想通貨は株と同じで、感情に左右されやすいですが、それがないのも嬉しいポイント。

ただ、長期的な下落だと損も大きくなるため、こまめに見る必要はないが、ほったらかしもできません。ラクな分、ミドルリスクミドルリターンで儲け額が少ないのも特徴です。

【上級者編】仮想通貨で儲ける方法

【上級者編】仮想通貨で儲ける方法

仮想通貨のあつかいに慣れてきた人は、上級者編にチャレンジしてみるのもオススメです。取引の打つ手が豊富ということは、その分勝ち方も知っているということ。様々なやり方を駆使すれば儲けるチャンスも広がります。

高度なテクニックが見つかれば、その分儲けも大きくなりますが、勉強もしなくてはいけませんが、見返りも期待できますよね。

いろいろなやり方に挑戦して、自分儲け方を確立していきましょう。

スキャルピング

FXのトレード手法の一つで、短時間でこまめに少ない利益を積み重ねていくことが特徴です。

少ない利益をたくさん積み上げるため、取引のチャンスもたくさんあり、その分儲けの額もおおきくなります。また、少ない資金でも大金を儲けることが可能に。

すぐに判断して、売買を繰り返すため、高い精神力と高度な知識が必要になります。よって、上級者むけの方法になるのですね。

配当型コイン

配当型コインとは、ある特定の仮想通貨を持っていて、その価値があがれば、何もしなくても同じ仮想通貨が勝手に配当させるというもの。

もちろん、価値が下がればマイナスになります。しかし、市場の流れを見なくてよく、持っているだけでいい軽さがありますね。

ただ、もらえる金額は少ないので大きな儲けになりにくいのと、日本の取引所では購入ができません。また、市場に出回っているものが少なく、詐欺の可能性も高いなのでご注意を。

レバレッジトークン

仮想通貨でのトークンとは、ブロックチェーン上でつくられた独自のコインのことです。

例えば、仮想通貨ではありませんが、楽天ポイントは楽天独自のポイントで、そのポイントをお金に換えて使うことができますよね。これも広い意味では、トークンと呼びます。

このトークンでレバレッジをきかせることができます。しかし、取引自体は現物取引なので、証拠金は必要なく、強制的なロスカットもありません。複雑な取引なので、まず、シンプルな現物取引とレバレッジを経験した人がおこなうといいでしょう。

仮想通貨で儲けるためのおすすめの取引所

仮想通貨で儲けるためのおすすめの取引所

仮想通貨の種類も多いですが、仮想通貨の取引所も多くあります。

取引を始める前には、まず取引所への登録が必要になりますので、ここでは、数ある取引所でも有名なものを紹介していきます。

取引所ごとに特徴があり、手数料など違いがあるので、自分にあったものを見つけましょう。

海外のものが多いため、日本語サポートがあるか、日本在住者むけのサービスがあるかも大事な判断基準になりますよ。

Bybit(バイビット)

Bybit(バイビット)

所在国 シンガポール
取り扱い通貨数 5種類
最大レバレッジ 100倍
取引手数料 0.075%
追証制度 なし
日本語対応 なし

Bibitは強いサーバーを持っているためサーバーが軽く、取引量が増えてもスムーズにストレスなく取引が行えます。

また、独自のコンテンツとして「トレードバトル」というものがあります。ある一定期間中に参加している数人で、損益率のランキングをつけるものです。これにより、まわりがどれだけ利益を出しているのか分かり参考になります。そのうえ、ゲーム感覚で楽しく、そして対抗心から、より熱心にとりくむことができそうですよね。

BINANCE(バイナンス)

BINANCE(バイナンス)

所在国 モナコ
取り扱い通貨数 174種類
最大レバレッジ 125倍
取引手数料 現物:0.1% FX:0.02~0.04%
追証制度 マージン取引はあり/バイナンスFuturesはなし
日本語対応 なし

バイナンスは開設なんと1年で、取引数・登録ユーザー数が世界一になった、力のある取引所です。

バイナンスの公式アプリは使いやすく見やすいと、初心者にも人気です。アプリとはいえ、指紋やパターン認証にも対応しているので安心です。

そして、2ビットコインまでなら本人確認なしでも出金ができ、しかも2~3分ほどで済む登録だけで取引がスタートできます。取引所によっては数週間かかることもあるので、とっかかりやすいのが特徴です。

海外でもたいへん人気のある取引所ですが、こちらも2020年1月16日に日本から段階的に撤退をすると発表しました。

BitMEX(ビットメックス)

bitmex

所在国 香港
取り扱い通貨数 8種類
最大レバレッジ 100倍
取引手数料 0.025%~0.25%
追証制度 なし
日本語対応 なし

BitMEXは、ドイツ銀行やシティバンクなどの元凄腕トレーダーが2014年に設立しました。

多数のFXトレードのサービスを転換して、プロトレーダーの支持をうけ成長してきました。2018年には1日でビットコインレバレッジ取引額が1兆円をのぼりました。今では、香港一、賃料の高いビル「Hong Kong’s Central Plaza」に入居していることでも有名です。

BitMEXはFXがメインになっていて、レバレッジを最大で100倍にできるので、デイトレーダー向けの取引所です。

日本語サポートもあるので、日本人も利用ができましたが、2020年5月1日から日本向けのサービスが撤退しました。資産は残りますが、取引はできないので、今から始める人はできません。

ビットメックス 手数料BitMEX(ビットメックス)の手数料を全て徹底解説!【手数料を節約する方法はあるのか!?】

 

仮想通貨で儲けるための注意点

仮想通貨で儲けるための注意点

余剰金で投資をする

まちがっても、生活費や将来のために蓄えていたお金をあてないようにします。もっといえば「このくらいだったらなくなっても大丈夫」という金額から始めることが、精神的にも、リスク的にもベストです。

分散投資をする

どんな投資にもあてはまる、投資のキホンでもあります。同じ種類の仮想通貨だけではなく、何種類かをもつことでリスクヘッジができます。分散投資をすることで、儲けも少なくなりますが、損をする金額も抑えることができます。

詐欺コインに注意

過去には、儲かるといわれて出資した資産家が資産金をもち逃げされたこともあります。また、儲かりそうと思っても知名度の低い仮想通貨は、リスクも大きいため、知名度のある仮想通貨にいれたほうが無難です。

【まとめ】仮想通貨で儲けることはできる!

仮想通貨はこれからも、儲かる可能性が十分にあることが分かりましたね。

今使っている紙幣よりは、まだまだ理解度は低いですが、日本政府も認めている通貨だということ、上場投資信託にもしかしたら承認されるかもしれないことだけを踏まえても、かなり将来性のあるものです。

よって、これからも認知度や信用度、取引量があがっていくことでしょう。だから、今から仮想通貨に投資をはじめても、儲かりそうですよね。

会社員をしていても、なかなか給料が上がらない今。仮想通貨は怪しい?という先入観をすてて、仮想通貨で一山あててみませんか。

仮想 通貨 fx やり方【保存版】仮想通貨FX(ビットコインFX)の基本的なやり方を初心者向けに解説!【おすすめ取引所&リスク】 仮想通貨FX仮想通貨FX(ビットコインFX)とは?注意点や初心者におすすめの取引所4選をご紹介!