ビットコイン(BTC/Bitcoin)の買い時を見極めよう!買うタイミングやポイントをしっかり解説!

ビットコイン 買い方

ビットコインの買い時っていつなの?

ビットコインの取引で、いわゆる「億り人」が盛んにメディアで取り上げられていたことは記憶に新しいでしょう。

その後、仮想通貨バブルの崩壊とともに、ビットコインを始めとした仮想通貨は大幅な価格下落を経験しました。

それでもビットコインは、要所要所では大きく値を上げることも多く、投資対象として未だに大きな魅力を放っています。

とはいえ、「投資は自己責任」ですから、買い時を間違えれば価格下落で大きな損失を被る恐れもあります。もちろん、そんな目には遭いたくありませんよね。 そこで、この記事ではビットコイン(BTC)の買い時について解説します!

ざっくりまとめると
  • Bybitでは「クロスマージン」「分離マージン」の2種類を設定可能!
  • 日本語に完全対応しているから、何かあったときでも安心!サポートも日本対応!初心者でも操作しやすいデザインだからとても見易い。
  • Bybitのアプリで取引可能!スムーズに外出先からでもチェックできるから高い人気を誇る!
  • Bybitはキャンペーンが豊富!全て達成すると最大90ドルが無料でもらえる!
  • 注文がサクサク通る!メンテナンス時間がないから投資機会を逃す心配なし!

bybit キャンペーン

 

Bybit(バイビット)公式サイトはこちら 

 

\USDTがもらえるキャンペーン中!/

Bybit公式サイト

おすすめの取引所『Bybit』

bybit
・口座登録はとても簡単!5分で完了するから初心者でも安心。
・追証なしなのにハイレバレッジで取引可能!
最高90ドルまで無料でもらえるチャンス!
・今勢いのある海外取引所『Bybit』にいますぐ登録しよう!

ビットコイン(BTC/Bitcoin)は買い時が重要?

まず、USD/JPYの月足チャートをご欄ください。


次に、BTC/JPYの月足チャートをご覧ください。

チャートの形だけを見ると、どちらも負けず劣らずのボラティリティに見えるかもしれません。ですが、USD/JPYが2007年の124円から2011年の75円に下落した際、その下落率は約4年で40%程度なのに対して、BTC/JPYが2017年12月の約220万円から2018年12月の約35万円に下落した際、その下落率はたった1年ほどで約85%にも及んでいます。

万一、BTC/JPYを高値掴みした人が損切できなかったとすれば、それはもう悲惨な状態であったのは想像に難くありませんよね。

ビットコインには非常に大きな値動きがありますので、このような暴落に巻き込まれないためにも、買い時を考えることが大変重要になってきます。

ビットコイン(BTC/Bitcoin)の買い時を見極めるポイント

ビットコイン(BTC/Bitcoin)の買い時を見極めるポイント

ビットコインの買い時を考えることがいかに重要かは前節でお話しました。

とはいえ、いつ価格が下がって、いつ価格が上がるかなんて明確には分かりませんし、それが分かれば誰も投資で苦労なんてしないですよね?

そこでここからは、ビットコインの買い時を見極めるポイントをいくつか紹介します。

ビットコインの半減期で価格が上昇する可能性

ビットコインの半減期とは、ビットコインのマイニング報酬が半分になるタイミングのことをいいます。

そして、半減期はおよそ4年ごとに訪れることが予め定められています。

この半減期を迎えると、マイニング報酬が半分になりますので、ビットコインの供給減少→価格上昇、という流れを想定できます。そのため、半減期はビットコインの買い時の一つになりえます

ただし、半減期は発生時期が想定済みのイベントのため、市場は織込み済みなのが一般的ですし、半減期だけでBTC価格が決まる訳でもありません。そのため、半減期は買い時を判断する一材料に留めておくのが妥当でしょう。

実用化が本格化する

クレジットカードの加盟店手数料が2〜8%程度なのに対して、ビットコインのトランザクション手数料は0%〜2%以下となっており、決済コストが大幅に減少します。

また、売り手・買い手ともに、カード番号のような外部漏洩で大きな問題が生じる情報を入力する必要がありません。

ビットコインのこうした特長から、eコマースの決済手段としての地位が固まりつつあります

ビットコインの決済手段としての地位が向上すれば、ビットコインの需要増加→価格上昇、という流れを想定できます。そのため今後、ビットコイン実用化が加速するようなニュース、状況が生じれば、ビットコインの買い時の一つになりえるでしょう。

基軸通貨でないためリスクヘッジになる

ビットコインが、ドル、円などの基軸通貨に対するリスクヘッジとして機能するという見方があります。

ビットコインは基軸通貨と異なり無国籍な通貨ですので、基軸通貨の暴落局面でも、資産の避難先たり得るのではないかと期待されています。

そのため、そのような場面では、ビットコインの需要増加→価格上昇、という流れが想定できますので、ビットコインの買い時の一つになりえるでしょう。

もっとも、そもそもビットコインは他の資産クラスと比べれば歴史が短く、本当に避難先資産として機能したのか定かでありません。基軸通貨の暴落時に妄信的にビットコインを購入するのは控えた方が無難でしょう。

信用性が高い

ビットコインには、ブロックチェーン技術プルーフ・オブ・ワーク(PoW)といった仕組みが採用されています。

ビットコインはこれらの技術があるため、実質的に取引の改ざんが不可能であり、その信用性が高いといわれています。この信用性の高さも、先にお伝えしたビットコインの実用化に一役買っていますので、ビットコインの需要増加→価格上昇、という流れが想定できます。

この信用性自体は、あくまでビットコインの価値を下支えする要素です。長期保有にあたっては、ビットコインの信用性に何かテクノロジー的な疑義が生じていないかどうかは、買いを考える上での大きな判断材料の一つとなるでしょう。

投資家が購入するタイミング

仮想通貨に限らず、相場を形成しているのは機関投資家であると言われます。

圧倒的な資金量や、高速取引(HFT)を始めとする高度なシステム取引を駆使して、市場価格を形成しています。これに対して、個人投資家は市場価格にほとんど影響を与えられません。

そのため、ビットコインの買い時とは、つまるところ機関投資家が買い時と判断するタイミングと言い換えることができます。

彼らがいつ買い時と判断するかは、これまでに説明してきた買い時や、チャート上の高値・安値などのテクニカル的な判断も含め、総合的に判断していくしかないでしょう。

ビットコイン(BTC/Bitcoin)の買い時はいつ?

ビットコイン(BTC/Bitcoin)の買い時はいつ?

ビットコインの買い時について説明しました。それでは、ビットコインの買い時はいつでしょうか?

結論として、それはまさに今と考えます。

前節でお話したビットコインの買い時の多くは、ビットコインの将来性への期待に基づいています

それでしたら、現在のビットコインの価格が明らかな高値でなければ、長期的な価格上昇を見越して、できるだけ早くから長期間保有するのが筋でしょう。

現在のBTC/JPY価格は、2020年5月現在で約100万円です。これは過去のチャートに照らしても、明らかな高値とまでは言えない水準です。

そのため、まさに今がビットコインの買い時なのです。

もちろん、結果的に今が高値掴みになる可能性がゼロとは言い切れませんので、許容できる損失も考えた上で購入しましょう。

ビットコイン(BTC/Bitcoin)が買えるおすすめ取引所

まさに今がビットコインの買い時であることはご理解いただけたかと思います。

ですが、ビットコインを購入できる取引所は非常に多くあります。これでは、どの取引所で購入すべきかも分からないですよね?

そこで、ビットコインが買えるおすすめ取引所をご紹介します。

BINANCE(バイナンス)

バイナンスコイン

BINANCE
取り扱い通貨数 約170種類
レバレッジ倍率 最大125倍
追証 無し(ゼロカット)
ロストカット 有り
日本語対応 非対応

BINANCEは、世界最大の取引量をほこる仮想通貨取引所です。2017年に香港を拠点に設立され、現在はマルタに登録されています。

BINANCEは、世界最大の取引量を有するため、意図通りの価格で速やかに注文を約定させることができます。

また、当初は現物取引しか扱っていませんでしたが、現在はFX取引も取り扱っています。そのため、ビットコインの上昇局面のみならず、下降局面でも利益を狙っていくことが可能です。

さらに、取扱通貨数が他取引所と比べ段違いに多いため、今後マイナーなアルトコインに興味をもった場合でも、BINANCEであればそのまま購入することができます。

取引所のポイント

・世界最大の取引量
・注文が滑らない
・現物取引・FX取引ともに可
・取扱通貨数が桁違い

binance 登録【保存版】BINANCE(バイナンス)への登録方法/口座開設がわかる!本人確認や2段階認証設定のやり方は?

Bybit(バイビット)

Bybit(バイビット)

Bybit
取り扱い通貨数 5種類
レバレッジ倍率 最大100倍
追証 無し(ゼロカット)
ロストカット 有り
日本語対応 対応

Bybitは、2018年にシンガポールを拠点に設立された仮想通貨取引所で、FX取引に特化してサービスを展開しています。

Bybitはサーバーが高性能で、取引遅延が起こりにくいと評判です。そのため、狙った注文が通らず悔しい思いをすることも少ないです。

また、Bybitではメイカー手数料が-0.025%となっており、指値注文するとBybitから手数料をもらえます。そのため、指値注文を多用する人は、他の取引所よりもお得に取引できます。

さらに、Bybitは、海外取引所にもかかわらず日本語対応が手厚い取引所です。チャットサポートも日本人が対応していますので、日本人でも安心して利用できます。

その他にも、Bybitはセキュリティ関連の投資比率が20%に達しており、今後25%〜30%に達する見込みとしています。他取引所が15%程度のところが多く、セキュリティへ関心の高さが伺えます

取引所のポイント

・高性能なサーバーで低遅延
・指値注文がお得
・手厚い日本語サポート
・セキュリティへの積極的な取組

BaseFEX(ベースフェックス)

BaseFEX

BaseFEX
取り扱い通貨数 6種類
レバレッジ倍率 最大100倍
追証 無し(ゼロカット)
ロストカット 有り
日本語対応 対応

BaseFEXは、2018年にセーシェル共和国を拠点に設立された仮想通貨FX取引所です。

まず、BaseFEXは、テイカー手数料が0.03%〜0.06%となっており、他の取引所よりも割安となっています。そのため、成行注文の多い人は、BaseFEXの方がお得に取引できます。

また、BaseFEXはサイトがほぼ完全に日本語表示できます。

さらに、BaseFEXは新興取引所ながらセキュリティ対策に力を入れています。預り通貨もコールドストレージでオフライン保管のため、ハッキングリスクが小さいです。

また、取引画面が、仮想通貨FX取引所で大手のBitMEXのものと類似しており、非常に使いやすいです。BitMEX経験者はもちろん、多数のユーザーに支持されてきたツールですので未経験者でもすぐに馴染むことが可能です。

取引所のポイント

・テイカー手数料が安い
・サイトが完全に日本語対応
・安心のセキュリティ対策
・BitMEX類似の使い勝手の良い取引ツール

basefex 使い方【完全版】BaseFEX(ベースフェックス)の使い方はこれでバッチリ!登録方法から注文の出し方まで全て図解!

ビットコイン(BTC/Bitcoin)を買ってはいけないタイミング

ビットコイン(BTC/Bitcoin)を買ってはいけないタイミング

すでにビットコインの買い時についてはご説明しました。

とはいえ、人間の心理としては、「得したい」という気持ちよりも「損したくない」という気持ちの方が強く働くと言われます。自分の大切な資産ですので、たとえ思うように増えなかったとしても、最悪減ってしまうことは避けたいですよね。

そこで、ここからはビットコインを買ってはいけないタイミングについて解説します。

価格急騰時の飛び乗らない

まず、価格が急上昇しているときに、何も考えずに飛び乗ることをしてはいけません

ビットコインの高騰で利益を上げている人も、どこかのタイミングで売りに出さなければ利益を確定できません。特に価格が急激に上昇した場合、利益確定は「ババ抜き」の様相を呈します。売り抜けたい人が利益を上げたい人にビットコインをいわば押し付けて、われ先にとこのババ抜きから退散します。

このようなタイミングでも利益をあげられるケースもあるでしょうが、それは運がいいか短期トレードの高度なスキルを有するかのどちらかです。

あえてリスクを好むような人でなければ、こういった場面ではビットコインの買いは控えましょう。

織り込み済みのニュースを根拠に買わない

また、織込み済みのニュースを根拠に買いに走ることも控えるべきでしょう。

有名な相場格言として、「噂で買って、事実で売れ」というものがあります。

例えば、先に説明した半減期は、発生時期も含め想定済みのイベントですので、半減期が到来までにそれを事前に考慮して売買が行われています。そのため、半減期到来時に何かよっぽどの新事実が現れなければ、材料出尽くしでそれ以上の価格上昇も見込みづらいため、逆に一斉に売りに出されるということが市場ではよく起こるのです。

そのため、織込み済みニュースに基づいてビットコインを買うことは控えましょう。

暴落時に安易に底値と判断して買わない

逆に、想定外のニュースが勃発した場合に、ここが価格下落の底であろうと安易に判断して買いを入れることも控えるべきでしょう。

この場合についても有名な相場格言があり、「落ちてくるナイフは掴むな」というものです。

先にBTC/JPYの月足チャートをお見せしましたが、以下は仮想通貨バブルが弾けた2017年末期からの日足チャートです。

底を打ったと判断して買ってしまうと、後でさらに価格が落ち込んでいるというポイントが散見されますよね。

想定外のニュースで相場が暴落した場合も、安易に底と判断して買いを入れることは控えるべきでしょう。

【まとめ】ビットコイン(BTC/Bitcoin)は買い時を逃すな!

この記事で、ビットコインの買い時や、買いを避けるべきタイミングなどを解説しました。

基本的に、ビットコインの数々のメリットはこれから長い時間をかけて徐々に実を結んでいくものが大半です。ビットコインのそうした特長からは、気持ちをゆったり構えて長期的に保有するのがベターでしょう。買いを避けるべきタイミングも、共通するのは長期的視点を欠いた、場当たり的な短期売買の姿勢です。

そして、ビットコインの長期保有をお考えであれば、思い立ったが吉日です。少額からでも構いません。取引所を選んでビットコインを長い目をもって保有していきましょう!

ビットコインFX おすすめ仮想通貨FX(ビットコインFX)とは?おすすめ取引所・始め方・手法まで徹底解説! bitcoinFX 海外取引所【失敗しない】ビットコインFX(仮想通貨FX)ができる海外取引所4選!送金におすすめの国内取引所もご紹介! ビット コイン 海外 取引 所ビットコイン(BTC)の取引ができる海外取引所10選!定番からマイナー取引所まで紹介!