【2020年最新】ライトコイン(Litecoin/LTC)将来性をわかりやすく解説!基本情報から専門家の価格予想まで大公開!

ライトコイン 将来性

ライトコインは2011年にビットコインをオープンソースとして開発されました。アルトコインの中では最も古く、歴史ある仮想通貨です。

そんなライトコインですが、これからどうなっていくのか気になるところですよね?今回は歴史あるライトコインの将来性についてご紹介していきたいと思います。

この記事を読んでわかること

・ライトコインの基本情報が分かる!
・ライトコインのメリットが分かる!
・ライトコインのデメリットが分かる!
・ライトコインが買える取引所が分かる!
・ライトコインの将来性が分かる!

おすすめの取引所『BINANCE』

バイナンスコイン
・口座登録はとても簡単!5分で完了するから初心者でも安心。
・追証なしなのにハイレバレッジで取引可能!
・二段階認証でセキュリティにも定評あり!
・BINANCEに登録しておけば間違いなし!
・Litecoin(ライトコイン)の取引が可能!

ライトコイン(Litecoin/LTC)の基本情報や特徴

ライトコイン(Litecoin/LTC)の基本情報や特徴

ここではライトコインの基本情報や特徴についてご紹介していきます。

実はライトコインについてあまりよく分かっていない。。。という人も、この記事を見て基本情報をおさらいしていきましょう。

基本なんてわかってるよ、という人もさっと目を通しておくとよいでしょう。意外と知らなかったことがあるかもしれませんよ。

ライトコイン(Litecoin/LTC)の基本情報

ライトコイン

ライトコイン(Litecoin/LTC)
24時間取引高 $4,598,639,788.70
時価総額 $4,945,473,349.36
最高値 $360.66
技術 クロスブロックチェーン型分散アプリケーション
魅力 決済速度が速い
おすすめ度 ★★★

ライトコインは2011年に発行された仮想通貨です。発行上限はビットコインの2100万枚と比較して8400枚と4倍もの通貨量を誇っています。
1枚当たりの価格はビットコインより低いものの、流通量が多いため決済通貨としての能力は非常に高く、決済基盤としての将来性も抜群です。

ライトコイン(Litecoin/LTC)の誕生経緯

ライトコインは元Google開発者のCharlie Lee氏によって作られた仮想通貨です。ビットコインが承認時間に10分もの時間がかかるという欠点を解消するために解決されました。

ビットコインよりも1枚当たりの価値は低いが流通量が多いということで、ビットコインは金、ライトコインは銀と表現されることもあります。

ライトコイン(Litecoin/LTC)が作られた理由

ビットコインはこれまでの通貨に代わるものとして満を持して発行されました。世界共通の通貨であり、換金の必要がないなど非常に将来性が期待されていました。しかし、ビットコイン自体の性能として承認時間が短いという大きな欠点もあり、本格的な決済基盤となるには時間がかかると考えられていました。

そこで、ビットコインをオープンソースとして、承認時間の短縮を実現したのがライトコインなのです。

ライトコイン(Litecoin/LTC)の現在の価格と過去の価格

ライトコイン(Litecoin/LTC)の現在の価格と過去の価格

続いてライトコインの価格の変動についてご紹介していきましょう。

発行から現在までライトコインはどのような価格推移を経てきたのか?今後はどのような変動が期待できるのか?

これらについてテクニカル分析を用いた考察やチャートから読み取れる価格の特徴などについて検証していきたいと思います。

テクニカル分析とは?

テクニカル分析とは、チャートの値から今後の値動きを予測するために開発された手法です。

テクニカル分析は必ず当たるとは言い切れませんが、他の投資家もこのテクニカル手法を用いて予想を立てていることから、有名なテクニカル手法は当たりやすいという特徴があります。

上記で紹介したページでは総合的に買いか売りを示していますが、2020年2月時点では若干買いが強まっていることが分かります。2019年末より徐々に買いのサインが現れていることから、2020年は大幅に価格が上がっている可能性も否定できませんね。価格の将来性にも大いに期待です。

ライトコイン(Litecoin/LTC)の現在のチャート


ライトコインの現在のチャートは上記リンクより確認可能です。

チャートを見ても分かる通り、2020年から上昇傾向にありますね。今後も将来性は抜群です。他の仮想通貨も軒並み上昇しており、仮想通貨自体の将来性も明るいです。

もしこれから仮想通貨の取引を検討されているのなら将来性抜群の今がまさにチャンスです。テクニカル分析でエントリポイントを明確にし、しっかりと資産を増やしていきたいところですね。

ライトコイン(Litecoin/LTC)の特徴

ライトコイン(Litecoin/LTC)の特徴

続いてライトコインの将来性を考えるのに大切なライトコインの特徴です。

ライトコインはどのような特徴があり、それが将来性へどのようにつながっていくのかご紹介していきたいと思います。

ビットコインをもとに作られたのがライトコイン

ライトコインはビットコインをオープンソースとして2011年に開発されました。ライトコインを開発したのは元Google開発者であるCharlie Lee氏です。

ブロックの生成スピードが早い

ビットコインの最大の問題ともいえるのは承認スピードが遅いという点です。これはブロックの生成スピードが遅いことに起因しています。

この問題を解決すべく、ライトコインはブロック生成のスピードを向上させています。結果、ビットコインの承認時間が10分であるのに対し、ライトコインは2.5分という短い時間で承認が行えるようになりました。

Segwitを実装するとライトニングネットワークが導入可能に

Segwitとは署名データを別領域に分離することによりブロックに格納される取引データ量を小さくし、ブロックサイズを拡張せずにより多くの情報を扱うことができる技術です。

また、Wegwitを実装することでブロックチェーンの外側に構築される決済ネットワークであるライトニングネットワークを導入することが可能となります。ライトニングネットワークの導入で決済方式が更に広がり、決済基盤としての将来性をより向上させることが可能となります。

ライトコインが解決したビットコインの課題

ライトコインはWegwitの導入などにより、ブロックの生成時間及び承認時間の短縮を実現しました。これにより、ビットコインが抱えていた決済までの時間が長いという問題を解決しています。

ライトコイン(Litecoin/LTC)の今後や将来性

ライトコイン(Litecoin/LTC)の今後や将来性

続いてライトコインのこれからや将来性についてご紹介していきたいと思います。

なぜライトコインの将来性が期待されているのか、その理由について見ていきましょう。

①Segwitを導入している

まず最初に挙げられるのはSegwitを導入しているという点です。Segwitを導入しているため1件当たりのデータを圧縮することができ、ブロックサイズ拡大によるハードフォークが発生しにくいというメリットがあります。そのため、長期間にわたって価値が安定すると考えられています。

またライトニングネットワークも導入可能となるため、決済方式の幅も広がります。決済基盤としての将来性も高く評価されているのです。

②海外での支持率がとても高い

日本ではあまり名前を聞かないライトコインですが、海外では非常に人気が高いです。特にアメリカでの人気が高いようですね。

多くの企業でも決済通貨として採用されており、将来性について高く評価されていることが分かります。世界的な同行や将来性は日本国内を見るよりも海外の動向を図る方が正しいケースが多いです。その観点では、日本人が考えているよりもライトコインの将来性は高いと言えるのではないでしょうか?

③匿名性の強化を図っている

MimbleWimbleとは
2019年に匿名性を強化する「ミンブルウィンブル」を選択式で導入

ライトコイン財団は匿名性を改善する機能としてミンブルウィンブルを導入しました。これを決済で適用するかどうかは利用者が選択することが可能です。

これによりビットコインとの差別化も図られており、ますますライトコインの決済基盤としての将来性が高まっています。投資家もライトコインの将来性に期待していることがよく分かりますね。

④半減期がある

半減期とは
ここに文章

ライトコインは4年に一度半減期が設けられています。半減期によりマイニング量が抑えられ、流通する通貨量が少なくなることで価格が向上するとされています。

事実2015年に最初の半減期を迎えた時はライトコインの価値が3倍程度に跳ね上がりました。定期的に半減期を迎えることで価値が下がりすぎるのを防ぐことができます。

ライトコイン(Litecoin/LTC)が購入できるおすすめ取引所3選!

ライトコイン(Litecoin/LTC)が購入できるおすすめ取引所3選!

ここではライトコインを購入できるお勧めの海外取引所をご紹介してきたいと思います。

日本の取引所でもライトコインを取り扱っていますが、海外取引所も国内取引所に負けない魅力がありますよ。

Bittrex(ビットトレックス)

Bittrex(ビットトレックス)

Bittrex(ビットトレックス)
おすすめ度 ★★★★★/5
取り扱い通貨数 587種類
レバレッジ対応 無し
最大レバレッジ倍率
日本語対応 無し
おすすめの理由
世界でも有数の取引量を誇る取引所。取り扱い通貨数は断トツで多い。

Bittrexはアメリカに拠点がある取引所であり、500を超える仮想通貨を取り扱っています他では扱っていないマイナーな仮想通貨も取り扱っているので、マイナー通貨の爆上げを狙うにはもってこいです。

ただし、日本向けのサービスは提供しておらず、日本語対応、日本円での入金ができません。またレバレッジ取引にも対応していないので、少ない資金で一気に稼ごうというトレードスタイルには合わないでしょう。

BINANCE(バイナンス)

binance

BINANCE(バイナンス)
おすすめ度 ★★★★★/5
取り扱い通貨数 174種類
レバレッジ対応 あり
最大レバレッジ倍率 125倍
日本語対応 無し
おすすめの理由
あらゆる観点から支持されており、全てにおいて高いサービスを提供。

BINANCEは世界一のユーザ登録数と取引量を誇る取引所です。なんと世界一を記録したのは2017年に設立から1年後のことであり、これだけの急成長を遂げた取引所はBINANCEをおいて他にありません。

レバレッジも最大125倍と非常に高く、取り扱い通貨量も十分です。更にアプリも使いやすくサポートも充実しています。あらゆる面で高いサービスを実現できていますね。

ただし、唯一の弱点として、日本語版のサポートには対応していません。日本円の入金は可能ですが、英語が苦手な人は英語ページを自動翻訳するなどして利用する必要があります。

バイナンス binance fx【最新】BINANCE(バイナンス)でFX取引が可能に!レバレッジ取引のルールや取り扱い通貨について徹底解説!

Poloniex(ポロニエックス)

Poloniex

Poloniex
おすすめ度 ★★★★☆/4
取り扱い通貨数 185種類
レバレッジ対応 あり
最大レバレッジ倍率 2.5倍
日本語対応 なし
おすすめの理由
世界トップクラスの取引量。レバレッジ取引も可能であり、日本語にも対応。

Poloniexは2014年に設立された取引所であり、世界トップクラスの取引量を誇ります。マージン取引(レバレッジ取引)も最大2.5倍まで可能であり、ボラリティの高い仮想通貨では十分でしょう。

ただし取引手数料は0.2%であり、その他のサービスも含めて良くも悪くも平均的です。また、日本語未対応、日本円の入金にも対応していないこともあり、Poloniexを利用する際には気を付けなくてはいけませんね。

Kucoin(クーコイン)

KuCoin

Kucoin
おすすめ度 ★★★☆☆/3
取り扱い通貨数 180種類以上
レバレッジ対応 なし
最大レバレッジ倍率
日本語対応 なし
おすすめの理由
多くの通貨を取り扱っている。取引アプリも使いやすい。

KuCoinは2017年に設立された取引所であり、多くの通貨を取り扱っています。また、取引画面やアプリも使いやすく、利用しやすいという点が支持されています。

ただし、日本向けの取引が2018年に停止されていることから日本語のサポートは行われていません。日本からの認証は受け付けないとしており、日本人が利用しにくい環境となっているようです。

ライトコイン(Litecoin/LTC)の価格が上がると言われる理由

ライトコイン(Litecoin/LTC)の価格が上がると言われる理由

では最後にこれからライトコインの価格が上がると言われている理由についてご紹介していきたいと思います。

どのような点に将来性を感じているのか気になるところですね。

決算通貨としての普及

承認時間が短い、匿名性の改善がなされているなど、決算通貨としての性能は非常に高いです。このような点から多くの企業でも決算通貨として利用されており、これから決算通貨としての普及が進んでいくと考えられているのです。

世界的に決算通貨としての基盤ができてしまえば当然価値も上がっていくことが想定されます。こうした点が将来性として期待されているのです。

開発者が積極的に活動している

ライトコインの生みの親であるCharlie Lee氏は現在も積極的に情報を発信しています。開発者が目に見える形で活動しているということで透明性も高く親近感もわいてくることでしょう。

こうした開発者の人気もライトコインの価格向上に一役買っているようです。

ライトコイン(Litecoin/LTC)の価格予想

ライトコイン(Litecoin/LTC)の価格予想

実際にライトコインはどの程度まで価格が上昇していくのか?

具体的な値について専門家の予想に基づき考察していきたいと思います。

【No.1】創始者チャリー・リーのインタビュー

こちらは創始者であるCharlie Lee氏のインタビューです。彼は様々なところでインタビューを行っていますね。過去にはSNSを利用した価格操作を疑われ、自身が保有していたライトコインを全て売却したこともありました。

 

【No.2】Roger Ver

According to the technical analysis presented by Trading Beasts, they predicted that by the end of 2020, LTC might reach around $47 and that it is good for investment in the long run.
引用:https://coinswitch.co/news/litecoin-price-prediction-2020-ltc-price-may-touch-230-usd-in-2020

【訳】Trading Beastsの分析結果によると、彼らは2020年末までにLTC(ライトコイン)は約47ドルに達し、長期的には投資に適していると予測した。

Roger Verとは
Roger Verは2020年末までに47ドルに到達すると予想。

Roger Verは2020年までに47ドルまで到達するだろうと予想していました。長期的には徐々に価値が上がっていくため長期投資に適していると判断しているようですね。

実際には2020年に入り、この予想を大きく上回る上昇を見せています。2020年2月時点では76ドルと予想の倍近くまで価格が上昇しています。一時的に急上昇しているため調整売りが入る可能性がありますが、長期的にはまだまだ将来性は高いと言えるでしょう。

【No.3】Smartereum

Wallet Investor has been always upfront in projecting its conservative prediction for all the cryptocurrencies. They have again come out with a conservative prediction for Litecoin, where they believe that Litecoin might reach $22.95.

引用:https://coinswitch.co/news/litecoin-price-prediction-2020-ltc-price-may-touch-230-usd-in-2020

【訳】Wallet Investorは、保守的な価格予想を全ての仮想通貨について示している。彼らは再びライトコインの保守的な予測を発表したが、ライトコインは22.95ドルに達する可能性があると考えています。

Smartereumとは
下がるかもしれないと予想している専門家もいる

こちらは逆にライトコインが下がる可能性について言及しています。

最悪23ドルを割ってくることも考えられるという声もあるので、必ずしも手放しで期待するとリスクが高いかもしれません。

【まとめ】ライトコイン(Litecoin/LTC)の将来性に期待!

この記事のまとめ
・ビットコインの問題点を解決。決済通貨としての将来性が高い。
・歴史ある通貨であり、大幅な上下動はしにくいと考えられる。
・長期的には将来性も高く、価値は上昇していく可能性が高い。
・とはいえ下がるという予測もあり、必ずしも上がるとは言い切れない。

皆さまいかがでしたでしょうか?今回はライトコインの将来性についてご紹介しました。

ビットコインが抱えていた問題も解決し、流通量も多いため決済通貨として利用しやすい仮想通貨と言えそうですね。

現在でも様々な企業がライトコインを決済用の通貨として利用しており、将来性についても多くの投資家が期待しています。

2020年初めから仮想通貨が全体的に上昇していることもあり、今がチャンスかもしれません。

litecoin ライトコイン買い方 購入方法ライトコイン(LTC)買い方・購入方法を図解!将来性から基本情報、取引所、注意点まで!