【ビットコイン(Bitcoin/BTC)の買い方】図解で徹底解説!メリットや将来性、おすすめの取引所をご紹介!

ビットコイン 買い方

ビットコイン(Bitcoin)の知名度は今や凄まじいものです。ビットコインの投機性も認められ、ビットコインは金と言われるほどです。

そんなビットコイン(Bitcoin)は取引も株や為替よりも簡単に始められることから人気を得ています。

しかし、まったくの初心者ではどうしていいのかわからない時もありますよね。

ビットコイン(Bitcoin)の買い方から取引所の登録方法、出金方法についてビギナーの方向けに詳しくお伝えしていきます!

この記事を読んでわかること

・ビットコイン(Bitcoin)の買い方についてわかる!
・ビットコイン(Bitcoin)の取引所の種類がわかる!
・ビットコイン(Bitcoin)の登録方法がわかる!
・ビットコイン(Bitcoin)取引のメリットがわかる!

要するに
  • 手数料や取り扱い仮想通貨数からみても、おすすめの仮想通貨取引所は、『BINANCE(バイナンス)』!
  • BINANCEへの登録後は、2段階認証の設定が必要!とても簡単で5分で完了!
  • 『BINANCE』でお得に取引したいなら、『バイナンスコイン 』を要チェック!
  • 初心者で初めての海外取引所は、『BitMEX』か『BIANNCE』がおすすめ!
  • BINANCEは、日本語に対応しておらずカスタマーサービスも全て英語での対応になる。

 

bitmex ホームページ

BINANCE(バイナンス)公式サイトはこちら

BINANCE公式サイト

おすすめの取引所『BINANCE』

バイナンスコイン
・口座登録はとても簡単!5分で完了するから初心者でも安心。
・追証なしなのにハイレバレッジで取引可能!
・二段階認証でセキュリティにも定評あり!
・BINANCEに登録しておけば間違いなし!

ビットコイン(Bitcoin)を買いたい!取引所と販売所の違いとは?

ビットコインを買いたい!取引所と販売所の違いとは?

ビットコイン(Bitcoin)の買い方のアプローチとしては、取引所と販売所があります。

取引所と販売所ではそれぞれに特徴が違いますので、まずはそれぞれの違いについて把握しておきましょう。

取引所と販売所の違い

仮想通貨の取引所と販売所はちょうど、実店舗と市場(マーケット)の関係になぞらえられます。

仮想通貨の販売所は言ってみれば、リアルなお店です。販売所ではトレーダーは運営会社から直接仮想通貨を購入します。まさに、仮想通貨という商品をお店に買いに行く、というイメージですね。

一方、取引所はマーケットです。ここでいうマーケットとは証券取引所のようなものを表し、仮想通貨のマーケットでは通貨を保有しているトレーダー同士が自由に仮想通貨をトレードしています。

販売所とは異なり、取引所では個々の通貨の定まった価格はなく、需給バランスによって絶えず値動きが変動する、という形を取っています。

手数料の違い

販売所と取引所では、手数料にも違いがあります。

販売所では希望の仮想通貨がほぼ確実に手に入る代わりに、スプレッド手数料がやや割高になってしまう、というデメリットがあります。

一方、取引所ではスプレッド手数料の面では販売所よりもやや割安になりますが、希望のオーダーが必ずしも通るとはかぎらず、また、購入価格も自由にはコントロールできない、というデメリットがあります。

【ビットコイン(Bitcoin)の買い方】取引所を選ぶ時のポイント

【ビットコインの買い方】取引所を選ぶ時のポイント

国内、国外を問わず、ビットコインの取引を常時受け付けている取引所はたくさんあり、トレーダーのニーズに応じて使いやすい取引所を見きわめる必要があります。

ここでは、ビギナーにとっても使いやすいビットコイン取引所の基本的な選び方について詳しく見ていきましょう。

取引量が十分にある取引所を選ぶ

ビットコイン(Bitcoin)取引所を選ぶうえで欠かせない指標となるのが取引量です。取引量は取引所の知名度、信頼度に比例すると言ってもよく、取引所の評価基準のひとつともなっています。

特に、24時間の取引量が重要であり、1日あたりの取引量が安定して多い取引所ほどそれだけたくさんのトレーダーに支持されているということですから、信頼性も高いと判断することができます。

レバレッジに対応している取引所を選ぶ

ビットコイン(Bitcoin)取引ではレバレッジ取引を行うことで、少ない元手でもより多くのリターンを得られるチャンスがあります。

現在のところ、海外取引所ではレバレッジ取引に対応しているところが少数派になっていますが、国内だけでなく、海外にもレバレッジ取引に対応しているところはありますので、視野をできるだけ広げておきましょう。

セキュリティがしっかりしている取引所を選ぶ

セキュリティは、ビットコイン取引所にとって生命線です。

ビットコイン取引では住所、氏名、年齢、クレジットカード番号など、重要な個人情報を登録することになりますので、登録前に必ず取引所のセキュリティシステムをチェックしておきましょう。

大手取引所だからといってすんなりと信用してしまうのは、非常に危険です。

ビットコイン(Bitcoin)が買えるおすすめの取引所3選!

ビットコインが買えるおすすめの取引所3選!

ビットコインの買い方について見ていく前に、まずはビットコインに対応しているおすすめの取引所3選を御紹介いたします。

手数料やレバレッジ倍数についてチェックしてください。

【海外取引所】BINANCE

binance

BINANCE
ビットコインの取引手数料 0.1%
ビットコインの送金手数料 0.0005BTC
ビットコインの受金手数料 無料
最大レバレッジ 20
追証制度 なし

日本国内でもよく知られている海外取引所です。

ビットコイン(Bitcoin)だけでなく幅広いアルトコイン取引に対応しており、最大20倍までのレバレッジ取引を行うことができます。手数料が安いというのも魅力のひとつです。

BINANCEは、日本人ユーザーにもとても人気の取引所です。日本語には完全に対応していないですが、慣れると問題ではなくなるので、ぜひ試してみてくださいね。

【海外取引所】BitMEX

BitMEX

BitMEX
ビットコインの取引手数料 -0.075%
ビットコインの送金手数料 0.0002BTC
ビットコインの受金手数料 無料
最大レバレッジ 100
追証制度 なし

日本国内での知名度も非常に高い、大手ビットコイン取引所です。

海外取引所にはめずらしくレバレッジ取引に対応しており、最大レバレッジ倍数は100倍となっていますので、ビギナーにとっても一獲千金のチャンスが広がっています。

現在、BitMEXは日本在住ユーザーへのサービスを停止しています。新規登録もできません。

 

【国内取引所】DMM FX

DMM Bitcoin

DMM FX
ビットコインの取引手数料 無料
ビットコインの送金手数料 無料
ビットコインの受金手数料 無料
最大レバレッジ 4倍
追証制度 なし

ビギナーの方にとっては、DMMFXのような国内のビットコイン取引所のほうがおすすめかもしれません。

DMMFXでは各種手数料が原則無料となっており、なおかつ追証制度もありませんので負債のリスクがありません。もちろん日本語対応もバッチリなので安心です。

しかし、手数料が高いので初めのうち国内取引所で試しにトレードしてみたい方向けの取引所です。

ビットコイン(Bitcoin)を買う手順をおさらい

ビットコインを買う手順をおさらい

ビットコイン(Bitcoin)取引所と販売所の違いやおすすめの取引所について把握したところで、ここからはいよいよ、ビットコイン(Bitcoin)の買い方について具体的に見ていきましょう。

【準備】海外取引所の場合は、国内取引所から送金する!

海外取引所のほとんどは、日本円による直接的な入金を受け付けていません。海外取引所で新規にビットコイン取引を始めるにあたってはまず、国内の取引所でいったん日本円をビットコインに変換したうえで海外取引所に送金する必要があります

ビットコインの送金にあたっては入金アドレスの入力が必要になりますが、アドレスを一文字間違えただけでも送金ミスの原因となりますので、必ずアドレスをメモするなど、ダブルチェックを徹底しましょう。

【手順1】通貨を選択する

解説画像1

海外取引所にアカウントと専用の口座を開設し、国内の取引所からビットコイン(Bitcoin)を送金したら、希望の通貨を選択しましょう。

ここではビットコインの買い方について解説していますので、上の図でもビットコインをピックアップしています。

通貨メニュー一覧からビットコイン(Bitcoin)をクリックすることで選択が完了します。

【手順2】レバレッジの有無と倍率を設定

レバレッジ 

ビットコイン(Bitcoin)取引ではレバレッジを設定することができます。上の図のようにサイドバーの下部に取引の詳細を入力する欄がありますので、レバレッジ倍数を入力します。

レバレッジ倍数の上限は取引所によって異なり、BINANCEでは最大20倍、Bitmexでは最大100倍までのレバレッジ取引が可能となっていますので、取引所ごとのレバレッジ倍数をリサーチしておくのもビットコイン(Bitcoin)取引の前準備のひとつです。

【手順3】注文方法を選ぶ

注文方法

ビットコイン取引では、大きく分けて指値注文、成行注文、ストップ成行注文という3種類の方式でビットコインのオーダーを出すことができます。サイドバーに注文方式を入力する欄がありますので、希望の注文方式を選択しましょう。

ビットコイン取引ではこれ以外にたくさんの注文方式を組み合わせることができますので、取引に慣れてきたら取引パターンのレパートリーを増やしていきましょう。

指値とは
ビットコインを売る(買う)価格をあらかじめ指定すること
成行とは
現在公開されているオーダーのなかで希望の取引を成立させること
ストップ成行とは
トレードの組み合わせをあらかじめ指定しておき、指定した価格になった時点でそのトレードが実行される方式

ビットコイン(Bitcoin)を買うメリット

ビットコインを買うメリット

数ある仮想通貨のなかでビットコイン(Bitcoin)の取引が特に推奨されているのはなぜでしょうか。

ビットコイン(Bitcoin)を保有するメリットについて具体的に見ていきましょう。

長期的に保有することによって利益につながる可能性が高い

仮想通貨の銘柄のなかには、短期的なトレードによって利益を生み出すものも少なくありません。

その点、ビットコイン(Bitcoin)はどちらかというと長期的に保有することを前提としているところがあり、資産価値としても比較的安定しているため、優良企業の株券のように、数年単位で長く保有することで含み益を期待する、という買い方もあります。

ビットコインの価値がゼロになる可能性は極めて低い

日本国内では未だに、仮想通貨は価値が不安定だし買い方もよくわからない、というイメージが根強く残っているようです。

確かに、仮想通貨のなかには価値が安定しないものも少なくありませんが、ビットコイン(Bitcoin)は誕生からすでに10年以上の歴史があり、投資家の間でも一定の評価を受けていますので、価値の下支えがあると言えます。

仮想通貨の暴落を心配している方はまず、ビットコイン取引から始めてみる、というのも良いかもしれません。

ボラリティがアルトコインに比べて低い

ビットコイン(Bitcoin)の大きな特徴として、ボラティリティの低さがあります。

ボラティリティとは仮想通貨の値動きの幅のことで、ボラティリティが大きいほどハイリターンを期待できるかわりに、一夜にして価値が暴落してしまうリスクも高い、というデメリットがあります。

ビットコイン(Bitcoin)は試行錯誤のなかで需給バランスが保たれているためボラティリティが比較的低く、取引リスクもおさえられるというメリットがあります。

ビットコイン(Bitcoin)を買うデメリット

ビットコイン(Bitcoin)を買うデメリット

ビットコイン(Bitcoin)取引を実際に始める前に、ビットコインを買うデメリットについても詳しく把握しておくことでリスクヘッジにつながります。

現物取引だと稼ぐためにはある程度の資金が必要

ビットコイン(Bitcoin)取引では現物取引、レバレッジ取引の2つのパターンを選択することができます。

現物取引なら借金のリスクがおさえられますが、反面、得られるリターンが低いという特徴もあり、まとまった利益を期待するためには元手のほうもしっかりと確保しておかなくてはなりません。

ビットコイン(Bitcoin)の場合、ボラティリティも低いため、一獲千金のチャンスは少ないと言えるかもしれません。

非中央集権であることのリスク

ビットコインでは「分散型ブロックチェーン」という技術を導入しています。

これはいわゆる非中央集権型のセキュリティシステムで、大まかに言うと、ネットワーク上のユーザーすべてがひとつの取引台帳の断片を共有することでハッキングや不正アクセス、サーバーダウンによるデータの紛失などをふせいでいます。

また、ビットコインは法定通貨へのアンチテーゼとして生まれたという経緯があり、法定通貨における政府のようなバックボーンがありません。

非中央集権型のシステムには、意思決定が柔軟に行える、などのメリットがありますが、トラブル時の責任の所在がわかりにくくなる、などのリスクがあります。

ハッキングのリスクがある

ビットコイン(Bitcoin)もネットワーク上で記録されている以上、ハッキングのリスクを免れません。ビットコイン(Bitcoin)ではハッキングのリスクをコントロールするため、ハードウォレットと呼ばれるシステムを導入しています。

ハードウォレットとは、ウォレットの秘密鍵やパスワードを物理的なアイテム(紙、PCなど)で保管できるシステムであり、ハッキングのリスクを最小限におさえる効果があります。

なお、ハードウォレットのうち、秘密鍵などを紙媒体によって管理する方式をペーパーウォレットとよびます。

ビットコイン(Bitcoin)を買う時の注意点

注意点

ビットコイン売買をする上での注意点は少なからずあります。

ここでは、ビギナーがビットコイン(Bitcoin)を新規に保有するうえでの注意点について詳しく見ていきましょう。

信頼性の高い取引所で購入すること

ビットコインを新規に購入するのなら、取引所選びは入念に行いましょう。

過去には一部の取引所で顧客の通貨データが大量流出した、という事件もあり、一時は仮想通貨そのものの信頼性が大きく低下しました。

取引所の信頼度はクチコミや比較サイトなどで細かくチェックできますので、取引所に登録する前に必ずリサーチしておきましょう。

長期保有の場合は、必ずハードウォレットで保管する

ビットコイン(Bitcoin)を長期的に保有する際には必ず、ハードウォレットによって保管するようにしましょう。

物理的な保管なので一見するとリスクが大きいようですが、ビットコイン(Bitcoin)ではネットワークエラーやハッキングのリスクがあるため、きちんと目に見えるかたちでしっかりと保管しておくことが重要と言われています。

【まとめ】ビットコイン(Bitcoin)の買い方は簡単!要点を抑えよう

この記事のまとめ
・ビットコインは取引所、販売所で購入可能
・海外取引所はまず国内の取引所から送金する必要あり
・取引所の信頼度を要チェック!
・ビットコインの売買はとても簡単!
・ビットコイン国内取引所より海外取引所がおすすめ!

ビットコイン(Bitcoin)の基本的な買い方、取引方法について詳しく見てきました。

ビットコイン(Bitcoin)の需要は今後も安定すると見られており、取引所さえしっかりとチェックすればビギナーでも長期的に利益を生み出すことができます。

ビットコインの買い時をしっかりと見極めて、ビットコイン売買で利益を生み出せるようにしましょうね!