【仮想通貨EOS(イオス)の 将来性】メリットやデメリット、今後や将来性について徹底解説!

EOS 将来性

イオスの将来性についてご紹介しますが、仮想通貨の魅力としてトランザクションの速さ、手数料の安さは喜ばれます。

今回ご紹介するイオスもトランザクションの速さ、手数料の安さに魅力があり、イオスの基本情報やメリット、デメリットを含めイオスが購入できる仮想通貨取引所を3選ご紹介し、バイナンス取引所の取引の仕方までご紹介します。

この記事を読んでわかること

・イオスの基本情報について
・イオスの将来性について
・イオスのメリット、デメリット
・イオスが購入できる仮想通貨取引所3つ
・イオスの買い方

おすすめの取引所『BINANCE』

バイナンスコイン
・口座登録はとても簡単!5分で完了するから初心者でも安心。
・追証なしなのにハイレバレッジで取引可能!
・二段階認証でセキュリティにも定評あり!
・BINANCEに登録しておけば間違いなし!
・EOS(イオス)の取引が可能!

バイナンス binance fx【最新】BINANCE(バイナンス)でFX取引が可能に!レバレッジ取引のルールや取り扱い通貨について徹底解説!

仮想通貨 EOS(イオス)の現在の価格とチャートを確認!

仮想通貨 EOS(イオス)の現在の価格とチャートを確認!

現在のEOSの価格をチャートで確認してみましょう!


仮想通貨 EOS(イオス)とは?

仮想通貨 EOS(イオス)とは?

イオスの基本情報として24時間取引高、時価総額、最高値、技術、魅力、オススメ度や特に技術や誕生した経緯についてご紹介します。

EOS(イオス)の基本情報

EOS(イオス)
24時間取引高 約2,673億31,739,500円
時価総額 約3610億1,450,800円
最高値 約2,200円
技術 DApps、DPoS
魅力 トランザクションの速さ、手数料無料
おすすめ度 ★★★★

時価総額第5位でありながら取引ができるのに価値がないと有名な仮想通貨としても知られています。

国内の仮想通貨取引所では購入することができず、海外での取引になってしまいますが技術力がピカイチでトランザクションの速さも魅力がある仮想通貨です。

EOS(イオス)の技術

イーサリアムのブロックチェーンから引き離し、イオスブロックチェーンメインネットによりDPoS採用、高いトランザクション能力、取引手数料無料を実現しました。

DApps(分散型アプリケーション)とは
管理者が決まっているわけでなく、取引する人などが承認者となりブロックチェーンを管理するシステム
DPoSとは
トークンの保有者が取引の承認者を決める投票権をもち、承認者を決めるというシステム

EOS(イオス)が誕生した経緯

インターネット業界の連続起業家、投資家でありBlock.one社のブレンダン・ブルメルと仮想通貨、ブロックチェーンなどのプログラマーで連続起業家ダニエル・ラリマーにより2017年6月26日に公開しました。

確かな情報がありませんがどちらもネットを活用する起業家であることが共通しイオスの開発に漕ぎつけたと考えられます。

EOS(イオス)の将来性

EOS(イオス)の将来性

イオスの技術や魅力から評価が良く、技術力においてもまだまだ成長段階で企業との提携も今後見逃せず、将来性があります。

ここではイオスの評価と技術力、企業との提携についてご紹介します。

評価が良い

2018年1月アメリカの格付け機関​​ワイスレーティング社が公表した評価最高のB評価と評価され、取引手数料無料と取引スピードの速さが評価されました。

同じく2018年6月に中国政府機関傘下の北京情報センターが発表した国際パブリックブロックチェーン評価ランキングにて第一位になり、技術能力・アプリケーション有用性・革新性において評価されました。

技術力の成長

DApps、DPoSのような技術のほか、企業との提携が多くなる予想があるほどEOS独自ネットワークで取引手数料無料、トランザクションの速さとなり、さらに改良を加えています。

特にトランザクション処理の量はビットコインの何十万倍もあり、その技術に期待できます。

企業との提携

OKブロックチェーンキャピタルが1億ドルを出資、仮想通貨取引所ビットファイナックスと提携することでイオスの普及が高まります。

特に仮想通貨取引所ビットファイナックスは40種類以上の仮想通貨を取り扱い、ビットコインのドル建ての取引高も世界一になることもあるほど有名で、スマホアプリで容易に取引ができる仮想通貨取引所です。

EOS(イオス)のメリット

EOS(イオス)のメリット

時価総額5位になる程イオスには魅力と特徴があります。

イオスは技術において優れており、技術の面だけでなく技術に関する面でもその恩恵としてメリットが複数あります。

トランザクション処理能力が高い

ビットコインを遥かに上回り、イオスは1秒あたり何百万単位のトランザクションを実行し、2019年にはトランザクション速度を更新し、最大TPSは6234になりました。

送金手数料が無料でお得!

通常ブロックチェーンの技術を利用し、マイナーがいれば送金者が直接マイナーに手数料を払わなければいけませんでした。

しかし、イオスの場合送金者ではなく、マイナーに対してウォレット作成者やイオスのDApps開発者が報酬を支払うことで送金手数料が無料となります。

秘密鍵紛失しても仮想通貨を取り戻せる

ビットコインなどの管理者がいない仮想通貨とは違い、管理者がいるため秘密鍵を紛失しても事前に指定した人の署名があれば復活が可能です。

もし、万が一のことがあっても事前に指定した人の署名があれば安心して取引ができます。

DPoSを導入で貧富の差拡大、通貨流動性の喪失を妨げる

DPoSを導入していることで投票により管理者を正当に決め管理者がいることで、管理者がいない仮想通貨のマイナーによる貧富の差拡大や通貨流動性の喪失を妨げる役割があります。

つまり、管理者がいないことで権力が集中しないわけではなく、マイナーなどには権力が集中してしまうデメリットを管理者を投票によって正当に決めることで補っているということです。

EOS(イオス)のデメリット

EOS(イオス)のデメリット

イオスには特徴となる技術としても技術に関するメリットもありますが、一方でまだその技術が活かされていなかったり、管理者がいるがためのシステムのデメリットもあり、ここではそれらについてご紹介します。

イオスとしての価値なし

元々イオスは非中央集権化で安心して、無償などでプラットフォームやツールを提供するということが目標です。

ただ、今のところ現実的に何かに利用されていたり、取引所で代金代わりになっていたりするわけでもないため実用化がなくその価値はただ研究しているにすぎないため社会的に価値があるとは難しいながら言えません。

しかし、イオスの技術力、将来性としては価値があると見られ時価総額5位にランクインするほど注目を浴びています。

送金者が送金手数料を支払わなければいけない可能性

イオスでは送金者が直接マイナーに手数料を払わなければいけないシステムではないため、手数料が無料となっています。

しかし、そのマイナーに報酬を与えているのは管理者やイオスの会社になり、もしその管理者やイオスの会社が報酬を支払えなくなればシステムは送金者が送金手数料を支払わなければいけなくなります。

まだ送金手数料を支払わなければいけないだけであれば良いのですが、最悪マイナーと管理者やイオスの会社のやりとりがうまくいかなければシステムがなりたたなくなり、取引が停止してしまう可能性もあります。

EOS(イオス)が購入できる取引所3選!

EOS(イオス)が購入できる取引所3選!

イオスの購入は国内ではできず、海外の取引所になりますがその海外の取引所の特徴などを踏まえ、3つ取引所を選びご紹介します。

BINANCE(バイナンス)

binance

BINANCE
取引手数料 0.1%
送金手数料 0.7EOS
受金手数料 0.05%
最大レバレッジ 125倍
追証制度 なし

日本語には対応していませんがBNB払いであれば便利に取引でき、取引手数料を1年目50%、2年目25%、3年目12.5%、4年目6.75%割引、5年目で無料にすることができ、追証もなく、レバレッジも最大で125倍効かせることができます。

BNB払いとは
バイナンス独自のトークンとして、バイナンス内では取引する際に全ての通貨で取引ができます。
binance 登録【保存版】BINANCE(バイナンス)への登録方法/口座開設がわかる!本人確認や2段階認証設定のやり方は?

Bitfinex(ビットフィネックス)

Bitfinex(ビットフィネックス)

Bitfinex
取引手数料 メイカー手数料0~0.1%、テイカー手数料0.1~0.2%
送金手数料 0.1EOS
受金手数料 無料
最大レバレッジ 3.3倍
追証制度 証拠金維持率15%を下回った場合ロスカット

日本語に対応していませんがメイカー手数料とテイカー手数料が取引手数料となり、受金手数料は無料、レバレッジも最大で3.3倍効かせることができ、レンディングもでき、アンドロイド、iOS端末のアプリで気軽に取引が可能です。

メイカー手数料、テイカー手数料とは
メイカー手数料は指値注文と言い、取引の際の価格を決めて注文を出すこと。テイカー手数料は成行注文と言い、取引の際に価格を決めずに注文を出すこと。
レンディングとは
仮想通貨を預けるだけで金利がつき利益を得ることができます。

過去に数回のハッキングの経験から強固なセキュリティで全てのハッキング被害の返済も終えています。

ただし、証拠金維持率を15%下回るとロスカットがあるため取引の際には注意が必要です。

Poloniex(ポロニエックス)

Poloniex

Poloniex
取引手数料 メイカー手数料0~0.08%、テイカー手数料0.1~0.2%
送金手数料 無料
受金手数料 無料
最大レバレッジ 2.5倍
追証制度 なし

日本語に対応していませんが、メイカー手数料とテイカー手数料に取引手数料が分かれていながらも、無料にすることができ、送金手数料、受金手数料ともに無料ということで手数料全てを無料にすることも可能です。

追証もなくレバレッジを2.5倍に利かすこともでき、コストがあまりかからず、アンドロイド、iOSの端末のアプリでも操作ができます。

100種類近い通貨ペアで取引でき、レンディングも可能です。

EOS(イオス)の買い方

EOS(イオス)の買い方

イオスの買い方として今回はバイナンスの口座登録からイオスの取引開始まで3つのステップでご紹介します。

【ステップ1】BINANCEに口座登録

バイナンス公式サイトにてメールアドレス、パスワードを設定し、設定したメールアドレスにメールが受信されセキュリティ意識に関するクイズに5問答え、登録完了となります。

ただ、登録が完了すると2段階認証の登録に促され、登録しなくても取引は可能ですが、セキュリティ上登録しておいた方が安心して取引できます。

アプリかSNSどちらかの認証方法を選べ設定を完了させます。

【ステップ2】国内取引所からBINANCEヘ送金

まず国内取引所にて日本円を入金後、その日本円で仮想通貨を購入します。

バイナンスのトップ画面上から「Funds」を選び「Balances」をクリック、そしてビットコインの送金アドレスをコピーし、各取引所の送金画面から送金アドレスを使い送金完了となります。

【ステップ3】EOSの取引を開始

バイナンスに送金するまでの時間は30分~1時間で入金が完了し、入金を確認したらバイナンスの公式サイト画面上の「Markets」からイオスの取引画面を開き取引板やチャートを見ながら取引が可能です。

画面下部で取引するイオスの枚数、金額を確かめ、レバレッジ25%、50%、75%、100%から選び取引が可能となります。

EOS(イオス)の将来性まとめ

この記事のまとめ
・トランザクション処理能力などの技術力が高い
・技術的に評価も良く将来性も有望
・システムにおいて欠陥、実用性が乏しい面もある
・国内では取引できないが海外の取引所では取引でき、時価総額5位の取引量がある

まだ、システムの改善や実用性を伴うべきところがありますが、技術としては仮想通貨の中でもトップレベルで評価も良く、将来性も良いです。

これから実用性が高まれば国内でも取引できるようになる可能性もあり、今後の情報が見逃せない仮想通貨の1つとなります。

海外取引所 おすすめ ランキング【完全版】海外取引所おすすめランキング20社!全ての取引所のメリットとデメリットを詳しくご紹介!