【2020年最新版】ビットコインSV(BSV)の将来性が知りたい!初心者にもわかりやすく特徴や今後の価格を解説!

ビットコインSV 将来性

2018年から「ビットコインSV(BSV)」という仮想通貨をよく耳にするのではないでしょうか?

ここでは、ビットコインSV(BSV)の基本情報から、今後の将来性、ビットコインSV(BSV)の現在においての価格と過去の価格、さまざまな視点からみたものをまとめてみました。

この記事を読んでわかること

・ビットコインSVの基本情報
・ビットコインSVの特徴
・ビットコインSVの今後と将来性
・ビットコインSVが購入できるお勧め取引所
・ビットコインSVの今後に期待(まとめ)

ビットコインSV(BSV)の基本情報

ビットコインSV(BSV)の基本情報や特徴

まず最初は、ビットコインSV(BSV)の基本的な概要、特徴、などを下記の表を元にご紹介していきます。

そして、ビットコインSV(BSV)とビットコインABCの違いについても、説明していきます。

ビットコインSV(BSV)の基本情報

ビットコインSV ロゴ

ビットコインSV(BSV)
24時間取引高 $2,995,633,549
時価総額 $5,407,251,968
最高値 $307,21
技術 3個
魅力 3個
おすすめ度 ★★★

上記の表は、ビットコインSV(BSV)の基本情報を簡単にまとめたものです。

また、「24時間取引高」は世界の中でも、10位内に入るほどの成績です。

ビットコインSV(BSV)の運営元

ビットコインSV(BSV)とは、ビットコインキャッシュから、アップデートを行ったか行っていなかで分岐点となるフォークに対して、互換性がない状態のものが、ビットコインSV(BSV)となります。

そのため、ビットコインSV(BSV)の運営元はビットコインキャッシュと同じフィスコ仮想通貨取引社となります。

ビットコインSV(BSV)の技術

ビットコインSV(BSV)の技術兼魅力として「ブラックサイズによる便利な技術」「認証が不必要なトランザクション」「リプレイプロテクションを用いてのセキュリティ強化」が、挙げられます。

上記の3個については、もう少し下のところでご紹介していきます。

ビットコインSVとビットコインABCの違い

まず、ビットコインSVの説明からしていきます。

ビットコインSV(BSV)とは、一番最初のビットコインよりもスムーズに取引ができようになりました。

そして、機能としても無駄な部分を省いたシンプルなものに変え、若干マイナーコイン寄りの取引所になっています。

そして、ビットコインABCは機能はさまざま拡張機能などをつけ、ビジネス向きな仕様になっていることから、二つとも全く違う取引所となっています。

一方でビットコインABCは、スマートコントラクト機能などいろいろな拡張機能を付けれる仕様になっています。

ビットコインSV(BSV)の現在の価格と過去の価格

過去最高値 ¥48,453,37
過去最低値 ¥4,048,68
現在の最高値 ¥33,394,55
現在の最低値 ¥31,939,13

このように、現在よりも過去の方が今は高いと言えます。

しかし、1時間毎にでも変化していくのでここから最高値・最低値の将来性が上がることを期待しましょう。

テクニカル分析とは?

テクニカル分析とは、株価、為替変動を確認するのに必要です。

やり方としては、過去の値の動きを図やグラフなど表にしたりして、次にそこからパターンやトレンドなどを把握していきます。

ビットコインSV(BSV)の現在のチャート


最近の国別で違いますが、日本の通貨コードであるJPYです。

また、JPYに対するビットコインSVの交換レート別名、為替レートは通常の外国為替との交換になりますが、直近だと ¥32,387です。

現在の流通量は 18.3 百万 で取引合計は ¥305,276,056,059となっています。

ビットコインSV(BSV)の特徴

ビットコインSV(BSV)の特徴

ビットコインSV(BSV)の主な特徴として、
①ハッシュパワーの争いが激化
②ゼロ認証トランザクション                 ③BCHよりも大きいブロックサイズ
④リプレイプロテクションを採用したセキュリティ強化
の4つを一つずつご紹介していきます。

ハッシュパワーの争いが激化

まずは、「ハッシュ」という言葉からご紹介していきましょう。

このハッシュというのは、単位(hash/s)を表しており、採掘速度やマイニングという、データを分析をする上での1秒あたりの計算式に使用されます。

このハッシュパワーが、データの分析の計算式が高いという意味に繋がります。

またハッシュパワー戦争と呼ばれるくらいに、データ分析を行う上で、ビットコインSVとビットコインキャッシュの間で、メインブロックチェーンの奪い合いが勃発していました。

ゼロ認証トランザクション

トランザクションとは、「複数の処理を一つにまとめたもの」を指します。

そして、この「ゼロ認証」というのは、通常取引を行ううえで、すぐに取引が出来るのではなく、パスワードなど個人としてのセキュリティ面を強化しているものです。

ですが、ゼロ認証トランザクションというのは、セキュリティ面での認証制度が不必要になり、複数の処理を一つにまとめたものをさします。

このように、ビットコインSVはセキュリティ面を強化する延長戦で、ゼロ認証トランザクションを取り入れました。

BCHよりも大きいブロックサイズ

まず、「ブロック」というのは、省略化されていますが、正しくはブロックチェーン(block chain)です。

ブロックとは、ユーザーの大切な暗号資産の決済を行う際や、送金の際の取引データの管理用に使用されている技術のことを指します。

また、ここではビットコインのブロックサイズが1MBです。

ですが、ビットコインSVは128MBまで拡大しており、更にはテスト上で36時間の連続運用に成功しました、現在まで80MBとなっています。

リプレイプロテクションを採用してセキュリティ強化

ハードフォーク後(仮想通貨のアップデート)の新ブロックチェーン、旧ブロックチェーンどちらにもユーザー自身の共通の秘密鍵が使用していることを、トランザクション(複数のデータを一つにまとめたもの)コピーする攻撃のことです。

ですが、攻撃者がトランザクションをコピーしても承認はされず攻撃は防がるようになっていますが、このようにビットコインSVではセキュリティ強化というのこともありリプレイプロテクションを採用することを決定しました。

ビットコインSV(BSV)の今後や将来性

ビットコインSV(BSV)の今後や将来性

ここでは、ビットコインSV(BSV)の今後や将来性ということで、
①ビットコインABCよりも劣っていると言われる件について
②中央集権的な要素が集まる件について 
③ライバル通貨が集まる件について、

3つに分けてご紹介していきます。

①ビットコインABCよりも劣っていると言われる

ハードフォークによってビットコインキャッシュは、「ビットコインSV」と「ビットコインABC」の2つに分岐してます。

ですが、ビットコインABCを支持しているユーザーは多く、ビットコインSVを支持しているユーザーを上回ってました。

この結果により、ビットコインキャッシュの跡を、受け継いだのはビットコインSVではなく、ビットコインABCでした。

②中央集権的な要素がある

まず、中央集権とはそのまま権力が中央に集まっていることを意味します、主にこの言葉は政治内で使われることが多いです。

今回のような場合でもビットコインSVに権利が集中していることを中央集権のような権力があるため、他の仮想通貨より、信頼性がたかいと言えます。

③ライバル通貨が多い

このような価格が上昇してしまい、ビットコインSVの多数ライバルである仮想通貨のなかでも、カゴ・マーカンタイルの取引所(CME)であるビットコイン先物のオプション取引が他よりもよい順調でスタートしました。

その結果、ライバルのバックト(Bakkt)を上回る結果となりました。

ビットコインSV(BSV)が購入できるおすすめ取引所3選!

ビットコインSV(BSV)が購入できるおすすめ取引所3選!

今回は、ビットコインSV(BSV)を、購入するうえで、おすすめの取引所としてOKEx、Fatbtc、Hotbitを例にしてあげていきます。

今現在、別の取引所で取引を行っている際は将来性の中で、今後どの取引所を利用するのかも視野に入れてみてください。

また、各取引所の特徴や、お勧め理由もご紹介します。

OKEx

OKEx

OKEx
おすすめ度 ★★★★★/5
取り扱い通貨数 165種類
レバレッジ対応
最大レバレッジ倍率 最大100倍(パーペチュアルスワップ)
日本語対応 ×
おすすめの理由
①口座の開設が簡単
②取引する回数が多く、その為流動性が高い
③取引所で扱っている銘柄が多い

口座の開設が簡単というのは、本来であれば必ずしも必要となりますが、このOKEx取引所に口座を開設する場合に本人だと確認出来るものが必要となく、またメールアドレスを用意するだけで口座開設できます。

また、取引する回数が多いと、流動性が関係しているのは簡単に説明すると、取引が成立しやすいということです。

その為、ユーザー側はチャンスを逃すことが少ないです。

OKExは、取引で扱っている仮想通貨の種類が165種類あります。

その為、OKExならではの仮想通貨が見つかると思います。

Fatbtc

Fatbtc

Fatbtc
おすすめ度 ★★★★/4
取り扱い通貨数 100種類
レバレッジ対応
最大レバレッジ倍率 最大200倍
日本語対応 ×
おすすめの理由
①二段階認証制度
 ②扱っている通貨枚数100種類

二段階認証制度は通常は、ID/パスワードを入力するだけで終わります。

しかし、それだけではなくアプリにログイン場合の許可や拒否などの選択や、更にはセキュリティコードを入力しないとログインされないなど、本人以外が不正にアクセスしないようにセキュリティ強化しています。

仮想通貨100種類を使っているため、さまざまなマイナーコインから定番のコインを取り扱っているユーザーからは、人気です。

Hotbit

Hotbit

Hotbit
おすすめ度 ★★★/3
取り扱い通貨数 30種類
レバレッジ対応 ×
最大レバレッジ倍率 ×
日本語対応 ×
おすすめの理由
大手の取引所では取り扱っていないマイナーコインを、多く扱っている

世界的に有名になると、取引所で取り扱っているマイナーコインも限られてきますが、Hotbitの取引所は、その大手の取引所では扱っていないマイナーコインを扱っていることで、ユーザーから多くの支持を得ています。

Bibox

Bibox

Bibox
おすすめ度 ★★★/3
取り扱い通貨数 50種類
レバレッジ対応 ×
最大レバレッジ倍率 ×
日本語対応
おすすめの理由
Bibox独自トークンを使用している

biboxの特徴といえば、「手数料が安い」、「スマートフォンアプリがある」、「1日の中で取引量が多い」ことです。

手数料も、最初の一年目から割引が聞いたり、急な取引に対してもユーザー側が取引が行えるようにと、スマートフォンアプリもあります。

また、1日の取引量が多いことで有名な取引量となっています。

海外取引所 おすすめ ランキング【完全版】海外取引所おすすめランキング20社!全ての取引所のメリットとデメリットを詳しくご紹介!

ビットコインSV(BSV)の価格が上がる可能性

ビットコインSV(BSV)の価格が上がる可能性

2017年で、10万円未満から最高約240万円へとビットコインSVは、爆発的な価格が上昇しました。

そして、2019年1月〜6月26日までの期間で最低36万円から、最高140万円まで上昇を続けています。

今年2020年には、オリンピックが開催されるため、将来性を考えたときに更に上がるでしょう。

有名海外取引所への上場

ビットコインSVは、果たして今後価格が上がることはあるのでしょうか?

その可能性は、大いにあると思いますが、どういうタイミングで価格が上がりやすいのか。

それは、有名取引所への新規上場です。まだ、ビットコインSVは、マイナー取引所でメインに扱われています。

今後のビットコインSVの新規取引所への上場に大いに期待ですね!

ビットコインSV(BSV)の価格予想

ビットコインSV(BSV)の価格が上がる可能性

ここでは、ビットコインSV(BSV)の現在と今後の将来性の価格予想について、
①Walletlnvestor(ウォルターインベスター)
②Roger ver
③Trading Beashs
の3種類をご紹介していきます。

【No.1】WalletInvestor(ウォルターインベスター)

According to WalletInvestor, Bitcoin SV is an awesome long-term investment. BSV coin must go up to $190 in one year. In 2021, the price can drop to $175. Moreover, in 2025, the coin price will reach $682.904.

引用:https://changelly.com/

【訳】WalletInvestorによると、Bitcoin SVは素晴らしい長期投資です。 BSVコインは1年で最大190ドルまで到達します。 2021年には、価格が175ドルまで下がる可能性があります。さらに、2025年には、コインの価格は$ 682.904に達します。

WalletInvestorは、ビットコインSVは長期的な投資に向いていることを示していますね。

予想か価格は、ビットコインの現在の価格よりも大きく下回りますが、もしこの価格が実現したら、ハードフォーク組としてはビットコインキャッシュに継ぐ仮想通貨になるでしょう!

【No.2】Roger Ver

Bitcoin SV (BSV) price will increase according to the predicted data in the future. In 2020, the rate will not change significantly. 1 BSV will be equal to $139.25. By 2025, the price will grow gradually to $347.27.
引用:https://changelly.com/

【訳】ビットコインSV(BSV)価格は、予測データに従って上昇します。 2020年は、レートは大きく変わりません。 1 BSVは139.25ドルになります。 2025年までに、価格は347.27ドルまで徐々に上昇します。

Roger Verとは
ビットコインが世界に広く知れ渡るような、著名をした支援者の1人です。

Roger Verは、ビットコインSVの価格は2020年はそこまで大きく変化しないとしています。

やはり、長期的な目線で投資をする必要がありそうです。

【No.3】TradingBeasts

According to the source, this year, Bitcoin SV rate will slightly increase up to $126.3. In 2022, the price will reach $200 point.

引用:https://changelly.com/

【訳】
情報筋によると、今年、ビットコインSVレートは最大126.3ドルまでわずかに上昇します。 2022年には、価格は200ドルに達します。

TradingBeastsとは
過去のデータを元に分析しているサイトです。

2020年には、ビットコインSVの価格はわずかにですが、上昇して4.425ドルになるかもしれません。これからの3年間では、ビットコインSVの価格は6.97ドルまで上昇することが予想されています。

【まとめ】ビットコインSV(BSV)の将来性に期待!

この記事のまとめ
・ビットコインSVの基本情報
・ビットコインSVの取引所お勧め、三選
・ビットコインSVの今後と将来性
・ビットコインSVでの価格予想三選

いかがでしたでしょうか?

ここでは、ビットコインSVでの基本的な情報から、どの取引所がお勧めなのか、また今後の将来性など、項目を分けてご紹介してきました。

ビットコインSVは、2019年から上昇しつつあるため、2025年はオリンピックという大きなイベントもあるため、ビットコインSVの将来性に、影響すると考えています。

今後の将来性にも、ビットコインSVには期待出来そうですね。

ビットコインSV 将来性【2020年最新版】ビットコインSV(BSV)の将来性が知りたい!初心者にもわかりやすく特徴や今後の価格を解説!