【保存版】Chainlink(チェーンリンク)の買い方を図解!おすすめの取引所から注意点まで!

Chainlink 買い方

Chainlink(チェーンリンク)は2017年に発行された新しい仮想通貨です。2017年末には発行時の14倍という超高騰を見せたことでご存知の方もいるかもしれません。

Chainlink(チェーンリンク)は、多くの人に今後の価格高騰の期待されています。

そんなChainlink(チェーンリンク)は2020年のまさに今最高値を更新し続けており、2017年末の約3倍程度にまで急騰していますこの記事では今が買い時のChainlinkについて購入の方法をまとめていきたいと思います。

この記事を読んでわかること

・Chainlink(チェーンリンク)がどのようなコインなのか分かる!
・Chainlink(チェーンリンク)に使われている技術が分かる!
・Chainlink(チェーンリンク)のメリットが分かる!
・Chainlink(チェーンリンク)のデメリットが分かる!
・Chainlink(チェーンリンク)の買い方が分かる!

おすすめの取引所『BINANCE』

バイナンスコイン
・口座登録はとても簡単!5分で完了するから初心者でも安心。
・追証なしなのにハイレバレッジで取引可能!
・二段階認証でセキュリティにも定評あり!
・BINANCEに登録しておけば間違いなし!
・モネロの取引が可能!

要するに
  • 手数料や取り扱い仮想通貨数からみても、おすすめの仮想通貨取引所は、『BINANCE(バイナンス)』!
  • BINANCEへの登録後は、2段階認証の設定が必要!とても簡単で5分で完了!
  • 『BINANCE』でお得に取引したいなら、『バイナンスコイン 』を要チェック!
  • 初心者で初めての海外取引所は、『BitMEX』か『BIANNCE』がおすすめ!
  • BINANCEは、日本語に対応しておらずカスタマーサービスも全て英語での対応になる。

bitmex ホームページ

BINANCE(バイナンス)公式サイトはこちら

BINANCE公式サイト

ChainLink(チェーンリンク)とは?

ChainLink(チェーンリンク)とは?

Chainlink(チェーンリンク)はスマートコントラクト社によって開発された仮想通貨であり、2017年6月に発行されています。

ICOとして発行であり、36億円の資金を集めることに成功しました。Chainlink(チェーンリンク)を利用することにより、イーサリアムなど色々なネットワーク上のスマートコンストラクトを外部リソースにつなぐことが可能となります。

ChainLink(チェーンリンク)の基本情報

チェーンリンク 基本情報

ChainLink(チェーンリンク)
24時間取引高 $315,883,541 USD
時価総額 $1,486,691,761 USD
最高値 $4.83 USD
技術 スマートコントラクト連携
魅力 様々なスマートコントラクトを外部チェーンへ連携可能
おすすめ度 ★★★★

Chainlink(チェーンリンク)はかなりボラリティが高く、ここ数か月でも価値が数倍に上がったり数分の一に下がったりと安定していませんが、2017年に発行されて以来最高値を記録したのが2020年2月16日です。

まさに今最高値を更新し続けているChainlink(チェーンリンク)は一攫千金を狙う投資家にはもってこいの仮想通貨です。ではなぜChainlinkがこれほどまでに高騰しているのか、気になるChainlinkの技術について見ていきましょう。

ChainLink(チェーンリンク)の技術

今急成長を続けるChainlink(チェーンリンク)。この仮想通貨にはいったいどのような技術が搭載されているのでしょうか?

Chainlink(チェーンリンク)は様々なスマートコントラクトをオフチェーンの外部リソースにリンクすることが可能となります。

通常であれば銀行決済などと連携していない仮想通貨では支払いなどの方法も限られてきます。しかし、Chainlinkが外部ソースとの橋渡しとなることで簡単にスマートコントラクト(自動化)を利用することができるようになるのです。

スマートコントラクトとは
決済などの自動化を実現する方式です。あらゆる契約行為をプログラム化し、自動処理することで面倒な処理を劇的に簡略化させようというのが狙いです。

ChainLink(チェーンリンク)が誕生した経緯

Chainlink(チェーンリンク)は2017年6月に発行されました。

開発を行ったのはスマートコントラクト社であり、Chainlinkはプロジェクト費用を集めるためのICOとして発行されています。

ChainLink(チェーンリンク)のメリット/将来性

ChainLink(チェーンリンク)のメリット/将来性

ここからはChainlink(チェーンリンク)のメリットや将来性についてご紹介していきたいと思います。

現在高騰しているのが一時的なものなのか、それとも高い将来性を秘めているための必然なのか。これらのメリットや将来性を把握し適切に判断する必要があります。

国際銀行間通信協会と提携している

国際銀行間通信協会(Swift)は銀行間の通信に関する国際的な機関であり、当然Swiftの方針は世界中の銀行に影響を与えます。

Swiftは2016年にスマートコントラクト社とブロックチェーンの実証実験を行い成功を収めました。これを機にSwiftとスマートコントラクト社は契約を結んでおり、Swiftが認めた会社として認識されています

Chainlink(チェーンリンク)は外部リソースとの連携が必須となりますが、このような背景があるため銀行との接続には高い信頼性があるのです。

LINKネットワークを採用

ChainlinkはLINKネットワークを採用しています。LINKネットワークとは外部の主要なデータへのアクセスやオフチェーンの支払いなどを安全に実現する分散型のネットワークです。

これにより、ブロックチェーンを持たないイーサリアムなどのコインについてもChainlinkを利用することで簡単に外部リソースと繋がり、決済などを行うことができるのです。

アップデートを控えている

Chainlink(チェーンリンク)は2019年10月に新フレームワークに関する発表を行いました。これにはIntelなどの大企業も賛同を示しており、Chainlinkが急騰しています。

他の通貨でもアップデートによる利便性の向上を期待して価格が急騰するということがよく起こりますが、Chainlink(チェーンリンク)も多分に漏れず期待が高まっていると言えるでしょう。

ChainLink(チェーンリンク)が買える取引所TOP5!

ChainLink(チェーンリンク)が買える取引所TOP5!

ここまでの情報から今すぐにでもChainlink(チェーンリンク)を購入したいと思ったあなた。ここではChainlink(チェーンリンク)を取り扱っている取引所をご紹介していきたいと思います。

ここで紹介する中で、一番おすすめしたい取引所はBINANCEです。セキュリティに関しても取り扱い数に関してもとても豊富ですし取引量が多いことが一番の特徴である使う上でのメリットです。

【海外取引所】BINANCE

BINANCE 評判

BINANCE
ChainLinkの取引手数料 0.1%
ChainLinkの送金手数料 0.0005BTC
ChainLinkの受金手数料 0.0005BTC
最大レバレッジ 125倍
追証制度 無し

BINANCEは世界一の取引量と登録ユーザ数を誇る取引所です。しかも世界一を達成したのが2017年に開設されてからたった1年という驚異的な成長を遂げています。

これはあらゆる面で高いレベルのサービスを提供しているためです。最大レバレッジは125倍と高く、スキャルピングにもスイングにも対応しています。

また、アプリが使いやすい、サポートが充実しているといった点も評価されているポイントです。

そしてなんといってもBINANCEはBINANCEコインという仮想通貨を発行しており、BINANCEコインを利用することで手数料が半額となるのです。ただでさえ低い手数料が半額になるとあり、多くの投資家から利用されています。

この機会に人気海外取引所のBINANCEに登録してみてはいかがでしょうか?

バイナンス binance fx【2020年】BINANCE(バイナンス)でFX取引が可能に!レバレッジ取引のルールや取り扱い通貨について徹底解説!

【海外取引所】EtherDelta

EtherDelta

EtherDelta
ChainLinkの取引手数料 0.0003ETH
ChainLinkの送金手数料 0.0001ETH
ChainLinkの受金手数料 0.0003ETH
最大レバレッジ なし
追証制度 なし

EtherDaltaは分散取引所であり、他の取引所のような中央集権型の企業が存在しません。そのため、取引所を運営している企業の業績が悪化したために取引所が停止になる等のリスクが低いことが特徴です。

また、分散型であるため、不正アクセスが起きにくいといったメリットもあります。

しかし、ほぼすべての操作に対して手数料が生じるため、注文やキャンセルなどを繰り返すと莫大な手数料を取られてしまうというデメリットがあります。

また、ユーザインターフェースが難しく操作しにくいという声も上がっているため注意が必要です。

【海外取引所】Coinbase

coinbase pro

Coinbase
ChainLinkの取引手数料 0.5%
ChainLinkの送金手数料 0.15ドル~
ChainLinkの受金手数料 0.15ドル~
最大レバレッジ 3倍
追証制度 無し

Coinbaseは世界中で1,000万人を超えるユーザを持つ有名な取引所であり、現在日本にも進出しているため耳にしたことがある人もいるかもしれません。

高いセキュリティや信頼性、ユーザの多さなどがメリットとして挙げられますが、反面手数料が高い、サポートの態度が悪いといった声も上がっています。

【海外取引所】BITTREX

Bittrex(ビットトレックス)

BITTREX
ChainLinkの取引手数料 0.25%
ChainLinkの送金手数料 0.0005BTC
ChainLinkの受金手数料 0.0005BTC
最大レバレッジ 無し
追証制度 無し

BITTREXは200を超える通貨ペアを取り扱っており、その多さが魅力の一つです。また、ICO直後の仮想通貨を購入することができ、カスタマーサポートがしっかりしているのもメリットです。

一方、日本語での対応は行われておらず、日本円での入金もできません。日本人にとっては若干利用しにくいインフラとなっているようです。

【海外取引所】Kraken

Kraken

Kraken
ChainLinkの取引手数料 0.16%
ChainLinkの送金手数料 0.0005BTC
ChainLinkの受金手数料 0.0005BTC
最大レバレッジ 5倍
追証制度 無し

Krakenは世界的にも上位の取引量を誇っており、安定した取引が可能です。また、レバレッジも5倍まで設定でき、仮想通貨に不慣れな人でも安心です。日本語サポートも充実しているので日本人にも取引しやすいのもメリットでしょう。

デメリットは登録や入出金に時間がかかること、チャートなどが見れないため初心者向けではないことなどが挙げられます。

【BINANCE編】ChainLink(チェーンリンク)の買い方

【BINANCE編】ChainLink(チェーンリンク)の買い方

ではいよいよChainlink(チェーンリンク)の購入方法についてご紹介していきたいと思います。

今回はBINANCEを利用した場合の購入方法をご説明します。手順に沿って行うととても簡単なので、ぜひトライしてみてくださいね。

コインチェックから入金(送金)する

入金方法

初めに入金処理です。今回は入金方法としてコインチェックを採用しています。金額欄に希望する金額を指定しましょう。

入金額に対する手数料を確認し、問題なければ「送金する」をクリックします。

ポイント
コインチェックより入金額を指定する。入金額の単位はBTCなので気を付けましょう。

ビットメックスへの登録は早めに済ませておきましょう。

LINKを選択

linkを選択

続いてBitMEXの仮想通貨一覧からLINKを選択します。これがChainlink(チェーンリンク)です。

LINKを選択するとChainlink(チェーンリンク)の画面に遷移します。そこから注文処理を行っていきます。

ポイント
一覧からLINKを選択し、Chainlinkの画面に遷移します。

LINKの取引画面

LINKの取引画面

こちらがChainlinkの画面です。左上の通貨ペアがLINKとなっていることを確認しましょう。

この画面ではチャートや過去の取引履歴をチェックすることが可能です。チャートの動きを見ながらエントリするタイミングを計っていきましょう。

ポイント
左上の通貨ペアがLINKとなっていることを確認。注文を出す前にチャートなどでタイミングを計りましょう。

LINKの取引画面

LINKの取引画面

最後に注文の方法です。Chainlink(チェーンリンク)を購入する場合はBuy(買い)、売却する場合はSell(売り)画面に情報を入力します。

注文を出す指値をPriceに入力します。また、取引量をAmountに入力していきましょう。総資金の○○%を取引したい場合は下の%を選択すると自動で取引量を計算してくれるので便利です。

必要情報を入力し、BuyもしくはSellボタンをクリックすることで注文が完了します。

ChainLink(チェーンリンク)が買える取引所比較

ChainLink(チェーンリンク)が買える取引所比較

取引所 ChainLink取引手数料 ChainLink送金手数料 ChainLink入金手数料
EtherDelta 0.0003ETH 0.0005BTC 0.0005BTC
BINANCE 0.1% 0.0005BTC 0.0005BTC
Coinbase 0.5% 0.0005BTC 0.0005BTC
Kraken 0.16% 0.0005BTC 0.0005BTC
Bittrex 0.25% 0.0005BTC 0.0005BTC

手数料が安いのはBINANCEです。BINANCEコインを利用すると更に手数料が半額となるため、他社を圧倒する手数料での利用が可能となります。

EtherDeltaも一見手数料が安く見えますが、一つ一つの処理に手数料がかかるため、多くの処理を行うと手数料が膨大に膨れ上がってしまうことがあります。

上記数値以外にもレバレッジやセキュリティ、サポートなども考慮して取引所を選択していきたいですね。

ChainLink(チェーンリンク)を買うときの注意点

ChainLink(チェーンリンク)を買うときの注意点

最後にChainlink(チェーンリンク)を購入する際の注意点についてご紹介していきたいと思います。

Chainlink(チェーンリンク)の購入を検討されている方は一度目を通しておくとよいでしょう。

国内取引所では取り扱いなし

Chainlink(チェーンリンク)は国内取引所での取り扱いがありません。

そのため、Chainlink(チェーンリンク)を購入したい場合は海外取引所にユーザ登録したうえで取引を行う必要があります。

ビットコインを取引所に送金する必要がある

取引所で取引を行うために、ビットコインにより入金する必要があります。

そのため、取引所へはビットコインの送金が必要となります。

長期保有の仕方には注意する

暴騰でもご紹介した通り、Chainlink(チェーンリンク)は大変ボラリティが高いです。数週間で価値が何倍にも上がり、逆に数分の一に下がってしまうこともあります。

長期保有を検討されている場合、暴落した場合のリスクを十分に考慮したうえでそれをヘッジできる取引を心がけるようにしましょう。

Chainlinkの買い方まとめ

この記事のまとめ
・2020年に最高値を更新。今急上昇の仮想通貨
・様々な仮想通貨と外部リソースをつなぐ橋渡し的役割を担っている
・国際的な銀行協会とも契約を結んでおり信頼性も高い
・ボラリティが高いため、取引には注意が必要

皆さまいかがでしたでしょうか?今回はChainlink(チェーンリンク)の買い方についてご紹介しました。

様々な仮想通貨をつなぐ存在として確固たる役割を担っており、銀行協会ともつながりがあるため今後もChainlink(チェーンリンク)の評価が高まっていくことが考えられます。

ボラリティが大きいため無茶な長期トレードは痛い目を見てしまう可能性が高いですが、急落も十分に注意して取引することで大きな成果を出すことも夢ではありません。

海外取引所 おすすめ ランキング【完全版】海外取引所おすすめランキング20社!全ての取引所のメリットとデメリットを詳しくご紹介!