【モネロ(Monero)の買い方/購入方法】おすすめの取引所や取引方法を初心者にもわかりやすく図解!

モネロ 買い方

モネロは買うべき?将来性もしれたい。
モネロ(Monero)の購入方法を詳しく知りたい!

皆さんモネロ(Monero)という仮想通貨を耳にしたことはありますか?仮想通貨を取引したことがある人ならご存知かもしれません。

一般的にはあまり聞きなれないであろうモネロ(Monero)ですが、その将来性には目を見張るものがあります。

今回はそんなモネロについて様々な情報をご紹介していきたいと思います。

この記事を読んでわかること

・モネロ(Monero)の基本情報が分かる!
・モネロ(Monero)のメリットが分かる!
・モネロ(Monero)のデメリットが分かる!
・モネロ(Monero)の将来性が分かる!
・モネロ(Monero)の買い方が分かる!

おすすめの取引所『BINANCE』

バイナンスコイン
・口座登録はとても簡単!5分で完了するから初心者でも安心。
・追証なしなのにハイレバレッジで取引可能!
・二段階認証でセキュリティにも定評あり!
・BINANCEに登録しておけば間違いなし!
・モネロの取引が可能!

要するに
  • 手数料や取り扱い仮想通貨数からみても、おすすめの仮想通貨取引所は、『BINANCE(バイナンス)』!
  • BINANCEへの登録後は、2段階認証の設定が必要!とても簡単で5分で完了!
  • 『BINANCE』でお得に取引したいなら、『バイナンスコイン 』を要チェック!
  • 初心者で初めての海外取引所は、『BitMEX』か『BIANNCE』がおすすめ!
  • BINANCEは、日本語に対応しておらずカスタマーサービスも全て英語での対応になる。

bitmex ホームページ

BINANCE(バイナンス)公式サイトはこちら

BINANCE公式サイト

モネロ(XMR/Monero)とは?

モネロ(XMR/Monero)とは?

モネロとは2014年に発行された仮想通貨であり、仮想通貨の中では比較的古参の部類に属します。

匿名性が高く、プライバシーを維持できるといった点で人気を博している通貨です。

モネロ(XMR/Monero)の基本情報

モネロ 画像

モネロ(XMR/Monero)
24時間取引高 $95,714,092.76
時価総額 $1,128,872,232.48
最高値 $542.33
技術 ステルスアドレス、リング署名
魅力 高い匿名性、優れた処理速度
おすすめ度 ★★★★

モネロは2014年に発行された仮想通貨であり、現在時価総額は全仮想通貨中13位と非常に規模が大きい通貨です。

最大の特徴は高い匿名性であり、プライバシーの保護に優れているという点です。

匿名性が高く、誰が誰に送金したかが第3者には分からないようになっているため、不正アクセスや詐欺などの被害に会いにくいという安心して利用できるプラットフォームとなっています。

 

モネロ(XMR/Monero)の技術

高い匿名性を実現しているのがリング署名やステルスアドレス、秘匿トランザクションなどの技術です。

リング署名というのは利用者をグルーピングし、その中の誰が署名を有効化したのか分からないようにする技術です。これにより署名を有効化した個人を特定することができなくなっています。

ステルスアドレスは送金する際に一時的にワンタイムアドレスを作成して処理を行うというものです。ワンタイムアドレスは特定の処理にのみ利用されるため、そのアドレスから個人を特定することができません。

モネロ(XMR/Monero)が誕生した経緯

モネロ(Monero)はMonero ProjectのためにIEOとして発行された仮想通貨です。IEOは仮想通貨版の株式と考えてよいでしょう。

仮想通貨を発行し、投資家の購入資金を元にプロジェクトを遂行するというものです。

モネロ(XMR/Monero)のロードマップ

モネロ(XMR/Monero)のロードマップ

参照:https://web.getmonero.org/resources/roadmap/

2020年のロードマップ

完了したアップデート

  • Getmonero translatable on Weblate
  • GUI 0.15.0.4 released
  • CLI 0.15.0.5 released
  • Implementation of the Dandelion++ protocol

今後アップデートされる内容

  • Onion address for Getmonero.org
  • Wallet scanning speedups (support for supercop ASM)
  • Concise linkable spontaneous anonymous group (CLSAG) signatures
  • Triptych: logarithmic-sized linkable ring signatures with applications
  • Kastelo: open source hardware wallet
  • Second-layer solutions for speed and scalability

2020年以降のロードマップ

  • Return addresses

今後、2020年以降のアップデートは更新されていく予定ですので、このサイトでもご紹介していきます。

モネロ(XMR/Monero)を取引する3つのメリット

モネロ(XMR/Monero)のメリット/将来性

では続いてモネロ(Monero)のメリットや将来性についてご紹介していきたいと思います。

モネロ(Monero)が持つ技術は非常に実用的であり、今後社会基盤として成長していく可能性が十分にあります。ではその利用方法などについて詳しく見ていきましょう。

高い匿名性を誇る

モネロ(Monero)の特徴ともいうべき高い匿名性は最大のメリットと言えるでしょう。日々の取引において個人を特定されてしまうのは不正アクセスなどの要因にもつながります。

また、企業同士のやり取りなど、大きな金額が動くような取引が頻繁に発生する場合、できるだけ匿名性が高い方がリスクを低減することができますね。

このように高い匿名性は取引の信頼性を向上し、ハッキングなどのリスクを低減することができるのです。

取引の処理能力がビットコインの5倍!

モネロ(Monero)の特徴は高い匿名性だけではありません。処理能力もビットコインより高い性能を誇っています。

その処理速度はビットコインの5倍程度と非常に高速です。ビットコインは処理量が多くなると1取引にかかる時間が長くなってしまうというのがデメリットですが、モネロ(Monero)であればある程度まとまった取引が発生しても素早く処理を行うことが可能です。

社会インフラとして利用されることを前提に考えると大量の取引は日々当たり前のように発生します。サクサクと処理が完了するものを利用したいと考えるのは当然ですね。

ハイスペックPCでなくてもマイニングが可能!

また、モネロ(Monero)は個人マイニングに向いているという特徴もあります。ビットコインなどは超ハイスペックな端末がないとまともにマイニングができない、いわば「スペックの暴力」が全てでしたが、モネロ(Monero)はハイスペックPCでなくても電気代を抑えてマイニングが可能なので、個人マイニングには最適です

モネロ(XMR/Monero)のデメリット

モネロ(XMR/Monero)のデメリット

当然モネロ(Monero)はいいことばかりではありません。モネロが持つデメリットについてもご紹介していきたいと思います。

デメリットについてもしっかりと把握したうえで取引するか検討するようにしていきましょう。

国内取引所では取引不可

時価総額が高い通貨とはいえ、他の有名な通貨と比べるとまだまだ国内での認知度は低いです。

そのため、国内の取引所ではモネロ(Monero)を取り扱っているところはありません。モネロを取引したい場合は外国の取引所を利用するようにしましょう。

匿名性が悪用される可能性もある

高い匿名性が悪用されてしまうケースもあります。そう、マネーロンダリングですね。様々なところへお金を転がしていくことで元のお金の出所を分からなくする方法であり、悪いことをして得たお金をクリーンなお金に変えてしまいます。

匿名性の高い取引では取引の流れを追うことができなくなり、マネーロンダリングの追跡を更に難しくしてしまいます。

こうした問題があるため、各国ではマネーロンダリングに利用されないようにするための規制を行っているのです。根本的な解決手段が実現できない限りは世界的に実用化されるのが難しいかもしれません

モネロ(XMR/Monero)が買える取引所TOP5!

モネロ(XMR/Monero)が買える取引所TOP5!

続いてモネロ(Monero)が購入できる取引所3選をご紹介したいと思います。

国内取引所では取り扱っていませんが、海外取引所では有名な取引所でも取り扱いがあります。

今回ご紹介する取引所の中で、一番おすすめしたいのはBINANCEです。BitMEXが利用停止した今、BINANCEやBaseFEX、Bybitなどの取引所が人気を集めています。

それでは、チェックしていきましょう!

【海外取引所】BINANCE

binance

BINANCE
取引手数料 0.1%
送金手数料 0.0005BTC
入金手数料 なし
最大レバレッジ 最大125倍
追証制度 追証なし

BINANCEは世界中で最も利用されている仮想通貨取引所です。2017年に設立された比較的新しい取引所にも関わらず、たった1年で取引量・登録ユーザが世界ナンバー1にまで成長するというとてつもない快進撃をみせています。

170種類を超える通貨ペアや元々低い手数料がバイナンスコインを利用することで更にお得になるというコストメリット、そして取引ツールの使いやすさと全方面で高いサービスを提供していることがその理由です。

バイナンスはレバレッジが最大125倍になり、レバレッジもでき取り扱い通貨が多いためとても人気を得ています。

海外取引所のため、残念ながら日本円での入金はできません。しかし、ビットコインでの入金が楽々でき、国内取引所やウォレットから即時入金できるので安心してくださいね。

バイナンス binance fx【2020年】バイナンス(BINANCE)でFX取引が可能に!レバレッジ取引のルールや取り扱い通貨について徹底解説!

【海外取引所】Poloniex

Poloniex

Poloniex
取引手数料 0.08~0.2%
送金手数料 0.0005BTC
入金手数料 なし
最大レバレッジ 最大2.5倍
追証制度 追証なし

Poloniexは2014年に設立された取引所であり、アメリカに拠点が置かれています。ユーザ登録数や取引量も世界トップレベルであり利用しやすいのが特徴です。

通貨ペアも70種類を超えているため、モネロ(Monero)だけでなく他の仮想通貨の取引を行うのにも便利ですよ。

最大レバレッジは2.5倍と若干物足りない人もいるかもしれませんが、ボラリティの大きい通貨ペアではむしろこれくらいじゃないとノイズでゼロカットされてしまうこともあります。

【海外取引所】HitBTC

HitBTC

HitBTC
取引手数料 -0.01%~0.1%
送金手数料 0.001BTC
入金手数料 0.0006BTC
最大レバレッジ 最大1倍
追証制度 追証なし

HitBTCも世界中の投資家に利用されている非常に大規模な取引所です。

取引方法によっては手数料がマイナスというのが大きな特徴ですね。取引を行うことで逆にお金がもらえてしまうので、マイナス手数料目的でHitBTCを利用している投資家も多く存在します。

HitT|BTCではレバレッジ取引ができませんが、手数料の観点からも比較的長期での取引がメインとなるため、レバレッジをかける必要性があまりありません。

もしも高いレバレッジでバリバリスキャルピングをこなしていきたいのであれば別の取引所を選択するとよいでしょう。

【BINANCE編】モネロ(XMR/Monero)の買い方

【BINANCE編】モネロ(XMR/Monero)の買い方

いよいよ実際にモネロを購入する方法についてご紹介します。

今回はBINANCEの口座でモネロ(Monero)を購入する方法を確認していきたいと思います。

コインチェックから入金(送金)する

入金方法

まずはBINANCEへの入金です。今回はコインチェックにて入金を行います。

金額に入金額を入力すると手数料が自動的に計算されます。金額及び手数料に問題がなければ「送金する」ボタンをクリックして入金処理を完了しましょう。

金額の単位はビットコイン(BTC)なので気を付けてくださいね。

ポイント
コインチェックにてビットコインを送るを選択。金額を入力し、手数料も確認して「送金する」をクリックします。金額の単位はビットコインなので注意。

モネロ(XMR/Monero)を選択

続いてはBINANCEでモネロ(Monero)を購入する方法です。まずは「BTC Markets(BTC建)」タブをクリックします。

その中からモネロ(XMR/BTC)を選択し、モネロ(Monero)の取引画面を表示させます。

ポイント
通貨ペア一覧から「BTC Markets」を選択。XMR/BTCを選択して取引画面を表示します。

モネロ(XMR/Monero)の注文画面

モネロの取引画面が表示されました。取引板やチャート、履歴などが表示されますので、注文する前にまずは今の状況や今後の変動予測を立てていきましょう。

取引に必要な情報が大体1画面にまとまっているので利用しやすいですね。

注文内容がまとまったら、画面中央下にある注文画面から実際に注文を行います。

モネロ(XMR/Monero)の注文を出す

売り 買い 画像

注文画面を拡大化したのが上記画面です。

モネロを購入する場合はBuy XMR(モネロ購入)、モネロ(Monero)を売却する場合はSell XMR(モネロ売却)にそれぞれ注文条件を入力していきます。

金額を指定する場合は「Price」に希望金額を入力しましょう。単位はBTCなのでお間違いなく。また、資金全体の○○%を取引する場合は「Amount」に割合を入力しましょう。下の%をクリックすることで該当の割合を取引額に自動反映します。

条件が入力出来たら「Buy XMR」「Sell XMR」をクリックしましょう。これでモネロ(Monero)の注文が完了です。

ポイント
購入する場合は「Buy XMR」、売却する場合は「Sell XMR」に条件を入力し、下のボタンをクリックすることで注文が完了します。

モネロ(XMR/Monero)の今後

モネロ(XMR/Monero)の今後

モネロ(Monero)は時価総額が仮想通貨全体の13位と非常に上位なので、短期間で取引停止など急激な変動が起こるリスクは小さいと考えられます。

また、高い匿名性を誇るという特徴からも取引基盤としてのニーズは高くこれからも順調に成長を遂げていく可能性が高いのではないでしょうか?

一方高い匿名性からマネーロンダリングなどに悪用されるリスクも高く、こうしたリスクへの対策が十分になされない限りは本格的な基盤としての利用は先になるかもしれません。

モネロ(XMR/Monero)を買うときの注意点

モネロ(XMR/Monero)を買うときの注意点

最後にモネロ(Monero)を取引する際に注意すべき点についてご紹介していきたいと思います。

常にリスクを考慮したうえで、資産を守ることができるような取引手法を目指していきたいですね。

ハイレバレッジに注意する

モネロ(Monero)以外の通貨にも言えることですが、FXなどと異なり仮想通貨は基準となる価値があいまいなため、ふとした表紙に大きな動きをすることも珍しくありません。

ハイレバレッジは確かにはまれば大きな利益を取ることが可能ですが、逆に言えばちょっとした逆行で資産を失ってしまうこともあります。

ハイレバレッジの取引を行う場合は資産管理に十分注意し、大切な資産を溶かしてしまわないように気を付けましょう。

今後上場廃止がある可能性もある

先ほど取引停止などのリスクは小さいと説明しましたが、当然可能性はゼロではありません。仮想通貨は国ではなく企業が発行しているものであり、その価値を保証してくれるのはあくまで運営している企業です。

例えば企業の業績が傾いてしまった場合、致命的なリスクが発見された場合など仮想通貨としての価値を問われるようなことがあればいきなり上場廃止などにつながる可能性もあります。

過度に信用しすぎると思わぬ大金を失ってしまうリスクもあるため、資産管理に十分注意し、同行を見極めながら取引を行っていきましょう。

モネロ(XMR/Monero)の買い方まとめ

この記事のまとめ
・時価総額は全仮想通貨中13位と、高い信頼性がある。
・モネロが持つ特徴は社会的にもニーズが高く、今後も発展していく可能性は十分にある。
・仮想通貨全般でボラリティが高いため、ハイレバレッジの取引は慎重に行うべし。
・今後何があるかは分からないため、突然の急変に備えた取引を心がけるべし。

皆さまいかがでしたでしょうか?日本国内ではあまり聞きなれないモネロ(Monero)という仮想通貨についてご紹介しました。

社会的にもニーズが高い技術が採用されていますので、近い将来社会基盤として本格的に利用されることがあるかもしれません。そうなれば価値はぐっと上がるので、今購入しておけば利益がでる可能性も十分考えられます。

ただし、ちょっとしたことで価格が大きく動くのが仮想通貨であり、必ずしも長い間モネロ(Monero)が安泰であるかは誰にも分かりません。

投資ではリスクヘッジが最も重要です必要な資産を守りつつ、利益を最大限に獲得できるよう日々取引を行っていきたいものですね。その際に今回の記事が少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。