【モナコイン (Monacoin/MONA)の買い方/購入方法】将来性や技術、おすすめの取引所がわかる!

モナコイン買い方

モナコインの買い方が知りたい!
モナコインてどんな仮想通貨なの?

皆さんモナコインという仮想通貨をご存知でしょうか?仮想通貨に詳しくない人の中には知らない人もいらっしゃるかもしれません。

今回はそんなモナコインについてご紹介していきたいと思います。

この記事を読んでわかること

・モナコインの基本情報が分かる!
・モナコインに使われている技術が分かる!
・モナコインの将来性が分かる!
・モナコインを購入できる取引所が分かる!
・モナコインの購入の仕方が分かる!

仮想通貨 モナコイン (MONA)とは?

仮想通貨 モナコイン (MONA)とは?

モナコインは時価総額53位と仮想通貨の中ではそこまで目立つものではありませんが、日本発祥の仮想通貨として国内では有名な通貨です。

モナコインはどのようにして誕生したのかなど、基本情報についてご紹介していきたいと思います。

モナコイン (MONA)の基本情報

モナコイン (MONA)
24時間取引高 $13,138,667.84
時価総額 $120,946,966.07
最高値 $16.45
技術 Segwit
魅力 2ちゃんねる発祥の国内コイン
おすすめ度 ★★★★

モナコインは2ちゃんねる発祥のコインとして国内で有名なアルトコインです。他のアルトコインとは異なり、決済以外にも様々な使い方をされているのが特徴です。

動画の「いいね!」に似た「投げ銭」というものにもモナコインが利用されており、その使われ方にも注目が集まっています。

もちろん決済基盤としての機能も高く、実用性に優れた仮想通貨であると言えるでしょう。

モナコイン (MONA)の技術

モナコインは世界で初めてSegwitという技術を採用した仮想通貨です。

Wegwitとは、ブロックサイズを有効活用する技術です。取引にはブロックチェーンを用いますが、決済量が増えれば増えるほどブロックを使用します。

ブロックサイズは発行当初に決められたサイズを変更することができないため、同時決済数が増えれば増えるほどデータ量が増え、決済スピードが落ちてしまうという問題が発生します。

Wegwitではデータを分割して効率的に格納することにより、1決済のデータサイズを抑え、同じブロックサイズでもより多くの処理を実行することが可能となります。

今ではビットコインなどでも採用されている技術ですが、これを初めて実装したのがモナコインだったのです。

モナコイン (MONA)が誕生した経緯

モナコインは2ちゃんねるのソフトウェア掲示板でアイデアが示されました。これに共感したエンジニアがアイデアを実装したのがモナコインです。

モナコインは「オマエモナー」でおなじみの2ちゃんねるキャラ「モナー」から命名されました。正式名称は「モナーコイン」ですが、語呂の良さからモナコインと呼ばれています。

モナコイン (MONA)のメリット/将来性

モナコイン (MONA)のメリット/将来性

モナコインは当時革新的であったSegwitの実装や様々な利用方法から注目を浴びていますが、モナコインの将来性はどうなのでしょうか?

ここではモナコインのメリットや将来性についてご紹介していきたいと思います。

一躍有名になった国産仮想通貨

先ほどもご紹介した通り、モナコインは2ちゃんねるのソフトウェア掲示板から誕生しました。

2ちゃんねるは国内の情報共有先としても有名です。2ちゃんねるでモナコインに関する板が多く立ち上げられ、その存在が国内に広く知れ渡ることとなりました。

モナコイン のウォレット「Monappy」がサービス再開

モナコインのウォレット「Monappy」のサービスも開始しています。Monappyはショッピングなどの決済で利用できるだけでなく、イラストや動画への投げ銭などにも利用することができます。

過去に不正送金事件が発生しサービスが一時停止していましたが、13か月間の停止期間を経て現在はサービスが開始されています。

過去にはモナコインの流出も起きている

2018年9月にモナコインの不正送金が発生し、Monappyが保持している資産の4分の1にあたる1,500万円相当のモナコインが不正送金されました。

これはシステムの不具合を悪用した手口であり、実行に加担したとして逮捕されたのはなんと男子学生でした。学生はスマホを操作して資金を不正送金していましたが、そのロジックは学生のレベルを超えていたそうです。

LINEが運営するBITBOXに上場している

2018年にLINE傘下の企業が開設した取引所「BITBOX」。計28種類の仮想通貨が取引対象となっていますが、その中にモナコインも含まれています。

モナコイン 将来性モナコイン(MONA)に将来性はある?今後の価格やチャート分析も解説!

モナコイン (MONA)が買える取引所TOP5!

モナコイン (MONA)が買える取引所TOP5!

続いてモナコインが購入できる取引所をご紹介していきたいと思います。

どれも魅力的な取引所であり、各取引所にもメリットやデメリットが存在します。自分の取引スタイルに合った取引所を選択しましょう。

【海外取引所】BITTREX(ビットトレックス)

Bittrex(ビットトレックス)

BITTREX
モナコインの取引手数料 0.25%
モナコインの送金手数料 0.2%
モナコインの受金手数料 無料
最大レバレッジ なし
追証制度 なし

BITTREXは海外でもモナコインを取り扱っている取引所です。

レバレッジ取引はできないので、ある程度十分な資金を用意したうえで取引に臨みましょう。

【国内取引所】Huobi Japan(フビオジャパン)

Huobi Japan

Huobi Japan
モナコインの取引手数料 0.15%
モナコインの送金手数料 0.001MONA
モナコインの受金手数料 無料
最大レバレッジ なし
追証制度 なし

Huobi Japanは世界有数の取引所であるHuobiの日本の取引所です。Huobiは日本の法律の都合上、日本人向けのサービスを終了しました。

そこでHuobiは日本人向けのサービスとしてHuobi Japanを開始しました。日本の法律に準拠するため、最大レバレッジもありません。

日本語のサポートは充実しているので、十分な資金がある人には有効です。

【国内取引所】Zaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)

Zaif
モナコインの取引手数料 0.1%
モナコインの送金手数料 0.01~0.1MONA
モナコインの受金手数料 0.01~0.1MONA
最大レバレッジ 4倍
追証制度 なし

Zaifは様々な仮想通貨を取り扱っている日本の取引所です。

日本の取引所なので日本語のサポートもバッチリですね。レバレッジも最大4倍までかけることができるので、取引スタイルに応じて柔軟に対応が可能です。

【国内取引所】Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)

coincheck
モナコインの取引手数料 0.05%
モナコインの送金手数料 0.001MONA
モナコインの受金手数料 無料
最大レバレッジ 5倍
追証制度 なし

Coincheckは販売所も兼ねた日本の取引所です。

コインの販売所としても利用可能であり、他の取引所にコインを送金する際にも利用することができます。最大レバレッジは5倍と使いやすいですね。

手数料も安く、ユーザ同士の売買では手数料が無料というところも注目すべきポイントです。

【海外取引所】 VCC Exchange

VCC Exchange

VCC Exchange
モナコインの取引手数料 0.05%
モナコインの送金手数料 0.001MONA
モナコインの受金手数料 無料
最大レバレッジ 5倍
追証制度 なし

ECC Exchangeはインドネシアに拠点を置く取引所です。多くの通貨ペアを取り扱っており、モナコインの取り扱いもあります。

他では中々取り扱っていないカルダノの上場も確認されており、他では取引できないようなマイナー通貨を取引したい投資家にも有効な取引所であると言えるでしょう。

【Coincheck編】モナコイン (MONA)の買い方

【Coincheck編】モナコイン (MONA)の買い方

いよいよモナコインの買い方についてご紹介していきたいと思います。

今回はBitMEXを利用した購入方法についてご紹介したいと思いますが、他の取引所でも似たような手順で購入することが可能です。

モナコインを選択

モナコインを選択

通貨一覧からモナコイン(MONA)を選択します。モナコインを選択すると購入条件の入力に遷移します。もちろん資金が入金されていないと購入処理を行うことができないため、初めに入金を完了させておきましょう

ポイント
モナコインを購入する場合は「MONA」を選択する。初めに入金しておくのを忘れないように

ビットメックスへの登録は早めに済ませておきましょう。

数量を入力

数量を入力

モナコインを選択すると、購入する数量の入力を促されます。購入する数量を入力し、交換する通貨を選択しましょう。

上の画面では日本円と交換するため、交換する通貨に日本円を選択しています。

ポイント
購入する通貨の数量と交換する通貨を選択し、条件を決定しましょう。

モナコインを購入する

モナコインを購入する

数量、交換する通貨を選択し、条件が確定したら「購入する」ボタンをクリックしましょう。

一度購入するボタンをクリックすると、キャンセルができないので注意が必要です入力した数量や交換する通貨に誤りがないか今一度確認したうえでボタンをクリックするようにしましょう

ポイント
購入するボタンをクリックして購入処理を完了する。条件に誤りがないか今一度チェックを

モナコイン (MONA)が買える取引所比較

取引所 MONA取引手数料 MONA送金手数料 MONA入金手数料
BITTREX 0.25% 0.2% 無し
coincheck 0.05% 0.001MONA 無し
Huobi japan 0.15% 0.001MONA 無し
Zaif 0.1% 0.01~0.1MONA 0.01~0.1MONA
VCC Exchange 0.05% 0.001MONA 無し

MONA取引手数料を考慮するとCoincheckなどが候補として挙げられますね。

ZaifはMONA入金手数料がかかるので注意が必要です。ただし、取引手数料は安く、トレードスタイルによるところでしょう。

ただし、取引所を選択する際には手数料だけでなく、サポートの有無やアプリの使いやすさ、利用者の数など他の要素も鑑みて決定するとよいでしょう。

モナコイン (MONA)の評判・口コミ

モナコイン (MONA)の評判・口コミ

ここではモナコインに関するツイートをご紹介していきたいと思います。

リアルな声が上がっているので、ぜひ取引の参考にしてみて下さい。

モナコインも順調に価格が上昇中

2020年初から仮想通貨の値が上昇していますが、急騰の反動から2月に入り値を戻している通貨が多いです。

そんな中モナコインはレンジ的な推移を見せており、潜在的な強さを十分に発揮しています。

モナコイン (MONA)を買うときの注意点

では最後にモナコインを購入する際の注意点についてまとめていきましょう。

ここで記載していることは、モナコインはもちろん他の仮想通貨を取引する場合にも有効です。是非覚えておきたいところですね。

取引所を吟味する

取引を行うにあたり、取引所選びは重要です。海外取引所では高いレバレッジを設定し、優秀な投資家がバンバン投資を行っています。

しかし、これから取引を始めようと思っている初心者の方に重要なのはまず使いやすいことです。何を見てどのように取引してよいか分からない方がいきなり海外取引所で投資を開始してもうまく取引することは難しいでしょう。

レバレッジも最初は低い方がよく、日本語でのサポートも充実している国内取引所がお勧めです。

ボラリティに注意する

仮想通貨は他の投機対象と比較してボラリティが高いことが特徴です。一日で10%も上下することは珍しくありません。

中途半端なポジションを取ってしまうとちょっとしたノイズですぐにロスカットされてしまうため注意が必要です。

取引時の手数料に注意する

取引を行う場合には手数料が必要です。

細かく利益を出していたと思っていたら手数料を合算するとマイナスだった、なんてこともあり得ますので、手数料も考慮した取引を行うようにしましょう。

モナコイン (MONA)の買い方まとめ

この記事のまとめ
・モナコインは2ちゃんねるが生み出した高性能な仮想通貨
・国内取引所はもちろんのこと、海外取引所でも取り扱いがある知名度が高い仮想通貨
・手数料やその他要因を吟味して取引所を決定しよう
・ボラリティが高いので注意が必要

皆さまいかがでしたでしょうか?今回はモナコインの購入方法についてまとめました。国内発祥の仮想通貨ということで、これからも末永く頑張ってもらいたいものですね。

Monappyもサービスが再開されたので興味がある方はダウンロードしてみてはいかがでしょうか?価格推移もかなり強気なので、取引対象としても優秀ですね。

海外仮想通貨取引所 ランキング【2020年最新】海外おすすめ仮想通貨取引所19社!【おすすめ取引所50社から厳選紹介!】