【レオコイン(LEOcoin)の買い方】基本情報から取引の方法、おすすめの取引所まで!

レオコイン 買い方

みなさん、レオコインという仮想通貨を聞いたことがある人はいるでしょうか?レオコインは仮想通貨の中ではマイナーなので、仮想通貨に詳しくない人はご存じないかもしれません。

そこで今回は、レオコインとはどのようなものなのか、取引方法などについてご紹介していきたいと思います。

この記事を読んでわかること

・レオコインの基本情報が分かる!
・レオコインのメリットやデメリットが分かる!
・レオコインを取引できる取引所が分かる!
・レオコインの取引の仕方が分かる!

おすすめの取引所『Bitz(ビットジー)』

Bitz(ビットジー)
・口座登録はとても簡単!5分で完了するから初心者でも安心。
・Bit-Zは身分証の提出が不要!
・草コインなども豊富に取り扱いしている!
・レオコイン(LEOcoin)の取引が可能!

レオコイン(LEOcoin)とは?

レオコイン(LEOcoin)とは?

レオコインとは2015年8月15日に発行された仮想通貨であり、中央管理者がいないというのが特徴です。分散型P2Pネットワーク上で自由に取引ができるということで発足当初から投資家に注目されている仮想通貨です。

価値の裏付けに金が利用されており、価格の上下動が少ないことから一定のロングポジションが取られることが多いです。

レオコイン(LEOcoin)の基本情報

レオコイン

レオコイン(LEOcoin)
24時間取引高 10,660円
時価総額 6,180万円
最高値 211円
技術 分散型P2P
魅力 価格変動が緩やか
おすすめ度 ★★★★

レオコインは通貨価値として金が紐づけられており、価格の変動が緩やかです。また、一定数以上を保持することで、年間1~2%程度のトークンが発行されマイニングを行う必要がありません。

こうした特性から、比較的長期スパンでホールドしている投資家が多いようです。仮想通貨と言えば価値が100倍になったかと思えばすぐに半値になったり、価値が不安定という大きなリスクを持っていますが、レオコインはこうしたリスクを取り払うことに成功しています。

 

レオコイン(LEOcoin)の技術

レオコインは分散型P2Pネットワークを利用しています。中央管理者による集中管理ではないため、個人でもプライベートな取引を自由に行うことが可能です。

誰でも簡単にネットワークにアクセスすることができ、分散ネットワークの恩恵を利用することができるのです。

レオコイン(LEOcoin)が誕生した経緯

レオコインはBitFinexがIEOとして10億枚を発行しました。

IEOというのはブロックチェーン関連のプロジェクトの資金調達方法として、仮想通貨を発行することを指します。いわゆる仮想通貨版の株式みたいなものです。

レオコイン(LEOcoin)のメリット/将来性

レオコイン(LEOcoin)のメリット/将来性

この記事をご覧になっている皆さまが気になるのは、「レオコインが将来どうなっていくのか?」ということではないでしょうか?

ここではレオコインのメリットや将来性についてご紹介していきたいと思います。レオコインを長期にわたって取引するだけの価値があるのか、これらの情報を基に判断するとよいでしょう。

金によって価格の裏付けがされている

レオコインの特徴は「その価値が金によって裏付けされている」ということでしょう。

仮想通貨というのはそれ自体に価値がありません。そのため、買われているうちは価値がどんどん上がっていきますが、ひとたび売られ始めるとその価値は一気に下がっていきます。

仮想通貨の価値が明日には0になっている可能性もあるのです。それが仮想通貨を取引する最も大きなリスクです。しかし、レオコインにはその心配がありません。

なぜなら、レオコインは金によって価格の裏付けがされているためです。金の価値が大きく変化することはありません。金の価値に連動しているレオコインもまた大きな価格変動はほぼないのです。

最近では金で価値の裏付けをしている仮想通貨が増えていますが、総じて言えるのは「リスクが小さい」ということです。

取引手数料がかからない

レオコインは取引手数料がかかりません。何回も取引を行う上で取引手数料はたとえ小さくてもトータルでは馬鹿になりません。

また、仮想通貨を通貨として利用する場合にも手数料がかからないというのは大きなメリットですね。通貨としての利用が増えていけば当然価値も上がっていきます。

スパムや詐欺の可能性は極めて低い

分散P2Pネットワークを利用しており、個人でも高いセキュリティでプライベートな取引を行えるプラットフォームが出来上がっているため、詐欺などが非常に難しいと言えるでしょう。

継続的に取引を行う上で信頼性が高いことは重要なポイントと言えます。その点でもレオコインは安心ですね。

レオコイン(LEOcoin)のデメリット

レオコイン(LEOcoin)のデメリット

当然レオコインにはメリットばかりがあるわけではありません。

続いてはレオコインのデメリットについてご紹介していきたいと思います。これらのデメリットを把握したうえでどのように取引を行っていくのか決定するとよいでしょう。

価格が下がり続けている

レオコインは急激な上下動はありませんが、発行当初から緩やかに価格が下がり続けています

レオコインの性質上、ショートでの長期取引が難しいので、今後上昇する見込みが立たない限り現時点で投資目的の取引を行うのは難易度が高いかもしれません。

他の仮想通貨から価格影響を受けにくい

次にレオコインのメリットでもある「金によって価格の裏付けがされている」という点ですが、裏を返すと他の仮想通貨からの価格影響を受けにくいということでもあります。

仮想通貨のメリットの一つは高いボラリティで価格変動を狙った取引を行いやすいということが挙げられますが、金によって価格がある程度固定されているレオコインではそれを期待することができません。

レオコイン(LEOcoin)が買える取引所TOP5!

レオコイン(LEOcoin)が買える取引所TOP5!

では実際にレオコインの取引ができる取引所をご紹介していきたいと思います。

レオコインはマイナーな仮想通貨なので、取引できるところはあまり多くありません。ここでは2つの取引所についてご紹介します。

【海外取引所】LiveCoin

livecoin

LiveCoin
取引手数料 0.18%~0.02%
送金手数料 0.0005BTC
入金手数料 なし
最大レバレッジ 1倍
追証制度 追証無し

LivoCoinはレオコイン以外にも様々な仮想通貨を取り扱っています。特徴は取引量によって取引手数料が大きく変わるところ。

少ない取引量では0.18%ですが、取引量が増加するごとに手数料は下がっていき、最小で0.02%まで手数料が削減します

レバレッジ取引ができないので、かなりまとまった資金を持っていないと取引が難しいですが、潤沢な資金さえあればお勧めの取引所です。

【海外取引所】Bitz

Bitz(ビットジー)

Bitz
取引手数料 0.1%
送金手数料 0.0005BTC
入金手数料 なし
最大レバレッジ 最大100倍
追証制度 無し

Bitzは2016年に開設された比較的新しい取引所ですが、話題となった仮想通貨をいち早く取り扱ったことから投資家に注目されるようになり、世界的にも主要な取引所として知られるようになりました。

レオコインを扱っている数少ない取引所の一つですが、運営会社が不明であるという点がリスクとして受け止められています。

一部では香港の会社が運営しているともいわれていますが、詳細は不明です。これだけの規模となったためすぐに問題が起こることはないと思われますが、透明性の観点では疑問が残ります。

【Bitz編】レオコイン(LEOcoin)の買い方

【Bitz編】レオコイン(LEOcoin)の買い方

ここではレオコインの買い方について具体的に紹介していきたいと思います。レオコインの買い方が分からない!という方は以下を参考にしてみるとよいでしょう。

コインチェックから入金(送金)する

入金方法

まずは送金から解説していきます。送金はコインチェックを利用します。

金額欄に送金する金額を指定しましょう。単位はBTCなので注意してくださいね。金額を指定すると下に手数料が表示されます。手数料がいくらになるかも確認しましょう。

金額、手数料に問題がなければ「送金する」ボタンをクリックすることで送金処理が行われます。

ポイント
送金はコインチェックから行います。金額はBTCなので注意しましょう。金額と手数料を確認して「送金する」をクリックします。

取引方法を選択する

レオコイン 買い方

取引方法は現物取引とレバレッジ取引があります。レバレッジをかけない場合は現物取引を、レバレッジをかける場合はレバレッジ取引を選択しましょう。

チャートや基本情報なども表示されているので、取引の参考にしてください。

ポイント
レバレッジをかけない場合は現物取引、レバレッジをかける場合はレバレッジ取引を選択します。

レオコイン(LEOcoin)を選択する

続いて取引通貨としてレオコインを選択します。そうするとレオコインの取引画面に遷移します。ここでレオコインの基本情報が表示されているので確認していきましょう。

直近の取引の動きなども把握できるので、取引を行う前にまずは通貨の動きを確認してきたいところですね。

ポイント
レオコインを選択してレオコインの取引画面に遷移します。取引前にまずは現状の確認を。

レオコイン(LEOcoin)で注文を出す

いよいよレオコインの注文方法です。チャートや履歴、取引版が一つの画面に表示されているので、色々な情報を把握しながら取引ができて便利ですね。

注文は右下の注文ボードで行います。購入の場合は購入価格、購入数量に注文する額を入れ、買い注文を行いましょう。すでに保持しているレオコインを売却する場合は売却価格、売却数量に値を入れ売り注文を行うことで売却することができます。

レオコイン(LEOcoin)の今後

レオコイン(LEOcoin)の今後

現時点では発行当初から緩やかに価格を下げています。しかし、BitFinexもレオコインの買戻しを行い、流通量を減らすことで価格のつり上げを行うなど対策は取っています。

まだまだプラットフォームも出そろっていないので、これからプラットフォームが整備され利用シーンが増えていくことによりレオコインの価値が回復していくことは十分に考えられます。

レオコイン(LEOcoin)を買うときの注意点

レオコイン(LEOcoin)を買うときの注意点

最後にレオコインを取引する際の注意点についてまとめていきましょう。

ボラリティが高い

他の仮想通貨に比べて価格変動が比較的緩やかであり、大きな値動きがないのがレオコインの特徴です。

とはいえ過去に何度か大きな値動きを取った時もありました。一日で価格が数倍にまで跳ね上がり、翌日には元値まで戻っていたこともあります。

このような急激な価格変動が今後起こらないとは言い切れません。取引を行う際は急激な変動にも耐えられるよう、十分に余裕をもって臨みたいものです。

スキャルピングやハイレバレッジには向かない

急激な価格変動が起こりにくいという性質上、スキャルピングやハイレバレッジには向きません。長期にわたってゆっくりと利益を確保するタイプの仮想通貨なので、スキャルピングを行いたいと考えている人は日ごろからボラリティの大きい通貨を選択するとよいでしょう。

LEOcoinを取り扱っている取引所が少ない

レオコインを取り扱っているのはここで紹介したLiveCionやBitzなどがありますが、マイナー通貨のためそれほど多くありません。

今後レオコインの価値が見直されるようなことがあれば他の取引所でも取り扱いが増えていくかもしれませんが、現時点ではレオコインの取引を行いたい場合は上記の取引所に頼るほかないでしょう。

レオコイン(LEOcoin)の買い方まとめ

この記事のまとめ
・取り扱っている取引所が少ないので、まずは取り扱っている取引所を確認し口座を開設しましょう。
・普段はボラリティが低いため、スキャルピングではなく長期取引を前提に考えましょう。
・現在は徐々に価格が下落していますが、他の通貨と比較して価格が安定していることもあり、将来的にビジネスシーンで利用される通貨としてのポテンシャルは秘めています。
・BitFinexによる通貨買戻しなど発行元がこれ以上値崩れを起こさないような対策を取っています。BitFinex自体取引所としては非常に大規模であるため、今後も定期的に価格調整が行われることも十分考えられます。

皆さまいかがでしたでしょうか?今回はレオコインについてご紹介しました。

徐々に価格を下げているものの、その価値を金によって裏付けられているため大きな価格変動はありません。また、BitFinexによる価格調整が複数回行われていることも取引の材料としては大きいですね。

今後も比較的安定した推移を遂げることが予想されますので、今が底値と考えて長期ロングポジションを取るのも十分考えられる選択です。

この記事の情報から今後の推移を判断し、取引の参考になれば幸いです。