【バイナンスコイン(BNB)の将来性】メリット、デメリットや買い方まで徹底解説!

バイナンスコイン  将来性

バイナンスコインの将来性について、技術、誕生した経緯を踏まえた基本情報、バイナンスコインを購入できる取引所、バイナンスコインのメリット、デメリットも踏まえご紹介します。

バイナンス独自の仮想通貨として今後見逃せない仮想通貨でもありますので頭に入れておくことをオススメします。

この記事をざっとまとめると

・バイナンスコインの基本情報がわかる!
・バイナンスコインの将来性がわかる!
・バイナンスコインのメリット、デメリットがわかる!
・バイナンスの買い方がわかる!

バイナンス 使い方バイナンス(BINANCE)の使い方を詳しく図解説!【登録方法から出金、レバレッジ変更まで網羅】
おすすめの取引所『BINANCE』

バイナンスコイン
・口座登録はとても簡単!5分で完了するから初心者でも安心。
・追証なしなのにハイレバレッジで取引可能!
・二段階認証でセキュリティにも定評あり!
・BINANCEに登録しておけば間違いなし!
・バイナンスコインの取引が可能!

binance 登録【保存版】BINANCE(バイナンス)への登録方法を詳しく図解説!口座解説や本人確認がわかる!

仮想通貨 BNB(バイナンスコイン)とは?

仮想通貨 BNB(バイナンスコイン)とは?

仮想通貨取引所バイナンスの独自トークンでバイナンスでは便利に利用することができ、将来的にもバイナンスの技術やシステム開発など有望とされており、バイナンスコインを作ったジャオ・チャンポン氏のメディアでの発言も多いため価値が左右されやすいです。

BNB(バイナンスコイン)の基本情報

バイナンスコイン のロゴ

BNB(バイナンスコイン)
24時間取引高 約245億83,100,100円
時価総額 約2,684億35,399,200円
最高値 約3,900円
技術 バイナンスブロックチェーン
魅力 取扱通貨豊富、BNB払いで便利
おすすめ度 ★★★★

 

取扱通貨は174種類、世界トップクラスバイナンス仮想通貨取引所でも使われていることから24時間取引高、時価総額ともに高い値になっています。
BNB払いでの活躍、バイナンスによる4半期に1度のバーンによってバイナンスコインの価値が低くなりずらく、高くなるという特徴があります。
BNB払いとは
バイナンスの取引所においてバイナンスコインでの取引をすること

BNB(バイナンスコイン)の技術

バイナンスコイン とはバイナンス独自のトークンでこのバイナンスコイン によりバイナンスの仮想通貨取引所内では多くの通貨とお得に取引ができるようになっています。

バイナンスコイン独自のブロックチェーン開発をすることで従来のイーサリアムネットワークからの恩恵ではなく、何か問題が怒っても影響が飛び火することがないです。

ブロックチェーンとは
取引などのデータを集めた1つのブロックが連鎖したもの

BNB(バイナンスコイン)が誕生した経緯

ジャオ・チャンポン仮想通貨取引所OKCoinに勤めた後自身のコインとして法定通貨とのやり取りがない取引所を作りたいとしバイナンスを2017年7月に設立され、法定通貨とのやりとりがないというのは中国政府の規制などを避けれるという考えもあり、独自のバイナンスコイン を開発されました。

BNB(バイナンスコイン)ができる取引所『BINANCE』

バイナンスコイン

BINANCE
取引手数料 0.1%
送金手数料 各仮想通貨により変動
受金手数料 無料
最大レバレッジ 125倍
追証制度 なし

多数の仮想通貨の取引が可能ながらレバレッジ最大125倍まで可能、取引手数料は0.1%ではありますが、BNB払いにより取引手数料は無料にすることができ、送金手数料は2018年11月のビットコインを参考にすると0.0005BTCとなります。

バイナンスコインは、バイナンスで取引するのがお得です!手数料も優遇されるので、ぜひ利用してみて下さいね。

セキュリティにも定評があるので、しっかり二段階認証を設定して利用するようにして下さいね。

BNB(バイナンスコイン)の将来性

BNB(バイナンスコイン)の将来性

バイナンスコインには他の有名な仮想通貨と比べ珍しい特徴があり、技術としても価値としても共に将来性があります。

取引所BINANCEとの関係がある

銀行口座を持っていないウガンダに進出し、4万人以上の口座開設をしたということもあり、他の国や地域に進出しグローバル的にバイナンスの利用者を増やす目的もあり、バミューダ政府と提携し経済の活性化を測るためグローバルコンプライアンスセンターを設立し1000万ドルの投資をし新たな雇用を生み出した実績があるためバイナンスコインに対する将来性も有望と言えます。

四半期に一度のバーン

バーンとは
流通している取引所が保持している仮想通貨をバーン専用のウォレットに保管することで流通量を減らすことができ、価格が高騰することにつながります。

バイナンスは四半期に1度バーンを行い、これまでに10回のバーンを行うことで流通量が少なくなり、希少性があり資産としてや投資をする上でもメリットが増えていきます。

分散型取引所の主要通貨となる

分散型取引所とは
ブロックチェーンの技術を利用し、承認者が取引している人全員となっている取引所のこと

バイナンスはただのブロックチェーン技術を利用している訳ではなくバイナンスブロックチェーンという独自のブロックチェーンを利用し、全180カ国の法定通貨の取り扱いを測っていることから今後主要通貨として有望です。

バイナンスコイン 1300億円相当を1.1秒、1.62円という送金手数料、送金スピード共にレベルが高いです。

BNB(バイナンスコイン)のメリット

BNB(バイナンスコイン)のメリット

バイナンスコインは他の仮想通貨と比べて珍しい特徴があり、それらが多くのメリットとなっているため他の仮想通貨に飽きた方にもおすすめです。

BNB払いで手数料が割引される

取引の際にバイナンスコイン で支払いをすれば手数料が最大で無料になり、1年目50%、2年目25%、3年目12.5%、4年目6.75%、5年目で無料と段階的に利用年数に応じて変動します。

取引所の中ではメイカー手数料のように手数料が逆にもらえる場合もありますが、取引手数料が全て、安くなり最終的には無料になるのでお得です。

メイカー手数料とは
指値注文のことで取引上価格を自分で設定し注文すること

BINANCEが成長していけばBNBの価格も上昇する?!

取引所バイナンスとの関係があり、いろいろな国に進出したり、バイナンスコインの開発を手掛けたりとこのようなことを加速させればやがてバイナンスコインは普及し、自然とバイナンスコインの価格も上昇が期待されます。

また、バイナンス自体の状況により四半期に一度行われるバーンを繰り返すことでバイナンスコインの価格も上昇が期待できます。

両替機能が使える

上場廃止仮想通貨は対象外ですが、24時間に1回のみ0.001BTC以下の金額に相当する仮想通貨を対象とし両替が可能です。

少しだけ仮想通貨が残った場合などバイナンスコインに両替すると取引手数料も安くお得です。

10回目のバーンは、過去2番目の高額!

2019年の第四四半期に10回目として3,880万ドルに値する220万個のバイナンスコイン をバーンをし、過去4度目の252万個のバーンに次ぐ高額バーンになりました。

10回目のバーンによって一時的に16.50ドルから18.30ドルにも値上がりしバーンを積極的に行い今後もバーンによりバイナンスコインの価値に期待できます。

BNB(バイナンスコイン)のデメリット

BNB(バイナンスコイン)のデメリット

他の仮想通貨と比べ珍しい特徴を持つバイナンスコインですが、珍しいがゆえメリットも多いのではありますが、デメリットもあり少ないながら大きな壁のようなデメリットとなります。

他取引所での手数料優遇などはない

他の取引所ではバイナンスコインを扱っている取引所が少なく、他の取引所での取引では手数料の優遇がないため、バイナンスなどの取引所でないと手数料としてはお得ではありません。

バイナンスコインは、BINANCEで取引することに大きいメリットがあるので、ぜひバイナンスで取引して下さい。

国内取引所では取引ができない

日本円の入金ができず、日本語対応もしていないということがその理由かもしれませんが、改正資金決済法に沿わない場合日本では使えない取引所になる可能性があります。

またバイナンス独自のトークンのため国内の取引所での取り扱いはありません。

しかし、現在では海外取引所の需要もだんだん増えてきています。その上でバイナンスを利用する方は手数料が安くなるのでBNBコインをうまく使ってみましょう!

【BINANCE編】BNB(バイナンスコイン)の買い方

BNB(バイナンスコイン)の買い方

バイナンスコインの買い方をバイナンスの取引所にてご紹介します。

日本語に対応していませんがBNB払いもあるため比較的簡単に取引が可能です。

【ステップ1】BINANCEに口座開設!

【ステップ1】BINANCEに口座開設!

バイナンスの公式ホームページからメールアドレス、パスワードを設定し登録を済ませれば完了となります。

一応、会員登録が完了したものの取引をする際のセキュリティの登録がされていないため、ついでにセキュリティ設定をしていくことをおすすめします。

2段階認証としてアプリか、SNSの設定をし完了となります。

【ステップ2】国内取引所から入金

入金方法

国内取引所に登録し、国内取引所からビットコインを購入し、バイナンスにて送金を行います。

コインチェックで送金を行う際は、この画面からビットコインをバイナンスに送金します。

金額をにゅう直視、手数料を確認して、送金をして下さい。

【ステップ3】BNBの取引開始

注文を出す

こちらは、BNBの取引画面です。取引を始める前に必ず通貨の種類を確認して下さい。

BNBの注文は、画面中央下のところで出します。真ん中には、チャートがあり、左には取引板があります。

【ステップ4】BINANCEからBNBを出金する

バイナンス 送金

バイナンスは海外取引所ですので、一旦ウォレットや国内取引所に送金することにより出金を行います。

アドレスを入力、コピペし、送金量を決めて下さい。残高が隣に表示されますので確認しながら決めてくださいね。

出金をする際も、もしアドレスを間違っていたとしても保証などはありませんので、あらかじめよく送金するアドレスをSAVEしておくことはもちろん、きちんと確認してから送金しましょうね。

BNB(バイナンスコイン)の注意点

BNB(バイナンスコイン)の注意点

バイナンスコインを取引する上での注意点をご存知ですか?

ここでは、BNBコインの取引をする上での注意点をしっかり確認していきましょう。

【注意点①】ボラリティが高い

ボラリティが高いというのは、価格の変動差があるということです。主にアルトコインなどで、ボラリティが高い仮想通貨が多いです。

バイナンスコインは、投機性はあまり注目されていませんが仮想通貨として、もちろんレバレッジ取引も可能です。

バイナンスコインは、価格が安定している時もあれば、大きく変動する時もあります。

そのため、ハイレバレッジなどでの取引は十分に気をつけて下さいね。

このことは、他のアルトコインにも十分にいうことができます。

【注意点②】ハードウェアウォレットを活用することでセキュリティを強化!

仮想通貨を購入したまま、取引所に置きっ放しにしていませんか?あなたの取引所アカウントに、仮想通貨が眠っていませんか?

仮想通貨投資は、時にはスキャルピングのように超短期で取引を終える場合もあれば、中長期的に保有して利益をまつ場合もあります。

中長期で仮想通貨を保有する場合は、ぜひハードウェアウォレットを使用してください。

秘密鍵を安全に保存できるので、コインチェックのハッキング事件のように取引所がハッキング被害にあっても被害を防ぐことができます。

BNB(バイナンスコイン)の将来性まとめ

この記事のまとめ
・バイナンス独自トークンということで技術も将来性共に期待できる
・バイナンスコインのメリットも多く、今後にも期待できる
・国内でのデメリットもあるが今後次第では国内でも便利に利用できる可能性がある

バイナンスという取引所の独自トークンでありながらグローバル的に普及を目指し、バーンなどでその価値を高め、仮想通貨として廃れないようにメリットと共に成長しています。

独自トークンでありながら今後広く普及するようになると将来性も良い方に高まります。

バイナンスコインを誕生させたジャオ・チャンポンのメディアでの発言も多く、今後の将来性にも関わってきますので目が離せません。

バイナンスコイン 買い方【バイナンスコイン(BNB)の買い方】BNBの将来性やメリットも図解で徹底解説します!