仮想通貨クアンタム(QTUM)とは?|注目コインの将来性や特徴、購入できる取引所をご紹介!

クアンタム 仮想通貨

仮想通貨クアンタムの特徴が知りたい!

クアンタムが購入できる取引所はどこ?

仮想通貨クアンタムをご存知ですか?

現在、注目されている仮想通貨クアンタム(QTUM)。注目されるということは、将来性があるということなのでしょうか?

実際に今回は、クアンタムのことについて詳しくご紹介いたしますので、きちんと理解して、実際に投資するかどうか検討してみてはいかがでしょうか。

このこの記事では、クアンタムの基本情報、将来性、懸念点、

要するに
  • BINANCEの評判はとても良い!特にレバレッジやセキュリティ面、手数料の評判が良い!
  • BINANCEの使い方は比較的簡単!英語表記でも数回使用すれば理解できる!
  • 取り扱い仮想通貨数からみても、おすすめの仮想通貨取引所は、『BINANCE(バイナンス)』!
  • BINANCEへの登録後は、2段階認証の設定が必要!とても簡単で5分で完了!
  • 『BINANCE』でお得に取引したいなら、『バイナンスコイン 』を要チェック!
  • 初心者で初めての海外取引所は、『BitMEX』か『BIANNCE』がおすすめ!
  • BINANCEは、日本語に対応しておらずカスタマーサービスも全て英語での対応になる。

 

bitmex ホームページ

BINANCE(バイナンス)公式サイトはこちら

BINANCE公式サイト

仮想通貨クアンタム(QTUM,Quantum)とは

クアンタム

 

クアンタム
時価総額 0.067441ドル
24時間の取引量 289,150,040ドル
最高値 0.0681ドル
技術 スマートコントラクト


クアンタム(QTUM)は、簡単にいうと、ビットコインとイーサリアムのお互いの弱点を克服した仮想通貨です。
2016年12月に誕生した比較的新しい仮想通貨で、オープンソースブロックチェーンをベースにしています。

クアンタムのICOは、開発段階から期待されており、ICOは注目されました。ICOでの調達額はなんと10億円以上とその注目度が伺えます。

1億QTUM発行のクアンタム はすでに発行済みで、毎年追加発行が1%される仕組みとなっています。

仮想通貨クアンタム(QTUM,Quantum)の将来性

仮想通貨クアンタム(QTUM,Quantum)の将来性

クアンタムに将来性はあるのでしょうか?ここでは、クアンタムの将来性を詳しくわかりやすいように説明していきます。

クアンタムの将来性をもとに、今後投資をするかどうか検討してみましょう。

ビジネス方面での実用化

クアンタムは、ビジネス方面への活用性が期待されています。

ビジネス志向的プラットフォームとして作られているので、今後に大いに期待ができますね。

実際、ライトウォレットを用いたモバイル化なども進んでいます。

しっかりとした開発チーム

クアンタムには、実績と信頼のおける開発者が揃っています。クアンタムの開発者であるPatrick Dai氏は、もとアリババのリード開発者であった過去があります。

また、ブロックチェーン方面での経験も豊富なので今後も率先してクアンタムの開発に携わっていくでしょう。

Patrick Dai氏は、ツイッターをしているので気になることがあればフォローしてみるといいかもしれませんね。

ライトウォレットの採用

ライトウォレットは、従来のウォレットよりもデータ量が少なく済むのでとてもスムーズにアクセスできると評判です。

そのため、記載情報は、ユーザー間のアクセスのみになるので簡素化されているということですね。

このようにライトウォレットは、消費容量が少なく済むため、スマートフォンでも簡単にアクセスし使用することができます。

GoogleやAmazonと提携している

クアンタムは、世界的企業GoogleやAmazonと提携しています。提携を実施して、スマートコントラクトを利用したアプリケーションの開発環境の構築を行っています。

今後も他大手企業とのパートナーシップも考えられますので、期待ができそうです。

ノード数がビットコイン、イーサリアムに続いて多い

クアンタムのノードは、ビットコインやイーサリアムに続いて、2,818ノードがあり、それは世界各国に分散して建てられています。

アジア、北米、ヨーロッパと広範囲に分散することで、各国の法規制や災害などによる影響を受けにくくしているのです。

仮想通貨クアンタム(QTUM,Quantum)のデメリット

仮想通貨クアンタム(QTUM,Quantum)のデメリット

クアンタムのデメリットを知りましょう!ここでは、クアンタムを取引する上での懸念点などを簡単にまとめました。

それではみていきましょう。

中国からの規制

中国関連の仮想通貨としてクアンタムは、NEOなどと同じく多くの人に知られています。

しかし、当の中国政府は仮想通貨に対してあまりいい対応ではありません。

今後、中国政府の規制が進むと価格に悪影響を及ぼしてしまうことも考えられます。そこだけは頭に入れておくといいでしょう。

取り扱いのある取引所がまだ少ない

クアンタムの注目度は高まっており、今年では、3月にコインチェックが新たにクアンタムの取り扱いを表明しました。

これで、日本国内での知名度や注目度が一気に上がることとなりました。

しかし、まだ取り扱いしている取引所が少ないことは事実です。国内ではコインチェック 、海外ではバイナンスが取り扱っているくらいで、まだまだ上場町という状況です。

仮想通貨クアンタム(QTUM,Quantum)が購入できる取引所

仮想通貨クアンタム(QTUM,Quantum)が購入できる取引所

仮想通貨クアンタムの取引ができる取引所3つをご紹介します。

取引所

・BIANCNE
・Bittrex
・OKEx
・CoinCheck

今回は、海外取引所のみをこちらでご紹介していきたいと思います。

【おすすめ!】BINANCE(バイナンス)

バイナンス

BINANCE(バイナンス)
総合評価 ★★★★/4
取引手数料 0.1%
送金手数料 0.000BTC
追証制度 なし
日本語対応 なし

BINANCEは、日本人ユーザーの多い人気取引所です。一見、日本語に対応していないため難易度が高いと思われがちですが、英語であっても基本的な用語のみしかないので数回利用すれば慣れてきますよ。

公式アプリをリリースしており、使いやすく外出先でも楽々取引ができるので人気です。

レバレッジは最大100倍と申し分ない倍率で取引が可能です。追証制度はありませんので、安心してくださいね。

ぜひ、BIANCEでクアンタム を取引してみてくださいね。

バイナンス binance fx【2020年】バイナンス(BINANCE)でFX取引が可能に!レバレッジ取引のルールや取り扱い通貨について徹底解説!

Bittrex(ビットトレックス)

Bittrex(ビットトレックス)

Bittrex
総合評価 ★★★★/4
取引手数料 0.25%
送金手数料 無料
追証制度 なし
日本語対応 あり
Bittrexは、取り扱い通貨数がとにかく多くマイナーコインまで幅広く取り扱ってます。
そのため、大体の仮想通貨はビットトレックスで取引可能です。
しかし、他の部分ではあまりそれといった特色はなく、手数料が少し高くなっているので、注意が必要です。
嬉しいことに、日本語に対応しているので初心者でも安心かもしれません。

OKEx(オーケーイーエックス)

OKEx

OKEx
総合評価 ★★★★/4
取引手数料 0.15%/0.2%
送金手数料 無料
追証制度 なし
日本語対応 あり

OKExは、中国でも知られる有名取引所です。

自動レンディング 機能を搭載しており、とても使いやすい取引所です。

中国国内でも高い取引量を誇り、注文が通りやすいといったことが言えます。

取引銘柄は、160種類以上ととても豊富なのでサブでも日常的にも使える取引所となっているでしょう。

仮想通貨クアンタム(QTUM,Quantum)のおすすめウォレット

仮想通貨クアンタム(QTUM,Quantum)のおすすめウォレット

仮想通貨クアンタムを保有したら、ウォレットを利用しましょう。

セキュリティ対策は、ご自身で行えます。ここでは、2種類のウォレットをご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

Ledger Nano S/Ledger Nano X

ハードウェアウォレットのご紹介です!

まずは、Ledger Nano Sは現行モデルで、価格は1万円弱となっております。

Ledger Nano Xは、最新モデルです。どちらも1000種類以上の仮想通貨に対応しています。

しかし、保存可能アプリ数に差があります。

ハードウェアウォレットを利用することでより安全に仮想通貨を取引できるので欠かせないものとなっています。

【公式】Qtum Core

Qtum Coreは、クアンタムの公式ウォレットです。

スマホでも利用できる他、Windows、Macでもご利用いただけます。

クアンタム公式ウォレットですので、安心してご利用いただけますね。

仮想通貨クアンタム(QTUM,Quantum)に関する口コミまとめ

仮想通貨クアンタム(QTUM,Quantum)に関する口コミまとめ

仮想通貨クアンタムの口コミをみていきましょう。

口コミや評判は、大事な指標になる場合があります。みなさんがどのような意見を持っているのか、チェックしていきましょう。

QTUM(クアンタム)の特徴書いておく。

・話題のPoS通貨
・スマコン、UTXOを合わせたAAL搭載
・ライトウォレットがある
・ビジネスに特化している通貨
・開発陣が元アリババリード開発者
・Dappsの機能を搭載
・AWSとパートナーシップ締結

将来性はある通貨だと思います…!

Qtum(クアンタム)の価格が上がってますね。Coinnestで上場されたからかと思ったんですが、10月4日に旧QTUM(ERC 20トークン)と現QTUM(Qtumメインネットトークン)の交換があるんですね。詳しくはわかりませんが

口コミを調べてみると、クアンタムを知っている方々からの意見はとてもよく、将来性があると言った声が多く聞かれました。

様々な最新技術を用いており、今後の活用であったり将来性があると安易に考えることができます。

仮想通貨クアンタム(QTUM,Quantum)まとめ

この記事では、クアンタムの将来性やデメリット、おすすめの取引所などをご紹介しました。

クアンタムの将来性や技術をしっかり理解していただけていたら幸いです。

クアンタムについてまとめると、現在注目されている仮想通貨であること、そして大企業とすでに提携しているということ、ICOで10億円以上を調達していたということなどが目立っていたことではないかなと思います。

おすすめの取引所は、BINANCEです。クアンタムの取引はもちろん、他のアルトコインの取引も取引が可能ですので、主要取引所としてご利用いただけます。

草コイン 買い方【2020年最新版】草コインの買い方・購入方法は簡単!草コイン投資の始め方・おすすめ取引所・注意点などを解説! 草コイン 取引所【2020年最新!草コインの取引所】初心者から上級者までおすすめの取引所をご紹介!