リップル(XRP,Ripple)に半減期はあるの?|半減期のメリットやデメリット、必要性などを徹底解説!

リップル 半減期

リップルに半減期はあるの?
半減期って何?リップルの価格に影響するの?

仮想通貨の半減期のことを知っていますか?

仮想通貨にある半減期ですが、リップルには半減期があるのでしょうか。

半減期は、実際仮想通貨の価格に影響を与える物ですが、リップルに半減期があるのかということにフォーカスしてこの記事を進めていきたいと思います。

それでは、リップルの半減期について知るために最後までお読みくださいね。

Bybitは...
  • Bybitへの登録はとても簡単!書類提出などは不要!
  • Bybitは日々お得なボーナスを多数用意しています!お得に仮想通貨をゲットできるキャンペーンも!
  • Bybitのアプリは使い安い!取引もアプリで完結してしまう方とても便利!
  • Bybitは、完全日本語に対応!海外取引所なのに安心して取引できます!
  • 日本人ユーザーにも愛される次世代Bybitを体感してみてください!

Bybit

 

Bybit(バイビット)公式サイトはこちら

Bybit公式サイト

おすすめの取引所『Bybit』

bybit
・口座登録はとても簡単!5分で完了するから初心者でも安心。
・追証なしなのにハイレバレッジで取引可能!
最高90ドルまで無料でもらえるチャンス!
・今勢いのある海外取引所『Bybit』にいますぐ登録しよう!

リップル 上がらない【保存版】リップル(XRP)は上がらない?その理由と上がると言われる理由を徹底解説!

仮想通貨の半減期とは?

仮想通貨の半減期とは?

仮想通貨の半減期とは、ずばりいうと、マイニング報酬が一時的に減るタイミングのことをいいます。

そのため、マイニングをしているマイナーにとってはああm理嬉しいことではないですよね。

この半減期というのは、あらかじめ設定されているので、変えることはできません。

半減期のある代表的な仮想通貨は、ビットコインです。ビットコインはブロックの生成速度や承認をもとにすると、4年に1回半減期が訪れる計算になります。

しかし、全ての半減期がある仮想通貨の半減期が4年に一度くるのではないんです。厳密にいうと、仮想通貨それぞれ半減期の頻度は違うんです。

半減期の回数やタイミングは、ブロック生成速度をもとにきまします。

半減期がある理由

なぜ仮想通貨には、半減期のあるコインがあるのでしょうか。

その理由は、インフレ状態を解消するためにあります。

マイニングをされ過ぎると、仮想通貨が供給過多になり仮想通貨の価格が下がってしまうことが考えられます。

そのため、数年に一度そのようなインフレをストップするために半減期がくるのですね。そのため、半減期には仮想通貨の価格が上がる傾向にあります。

半減期がない仮想通貨はあるの?

今までのお話で半減期のことが大体わかったでしょうか。

それでは、半減期がない仮想通貨は存在するのでしょうか?という疑問ですが、答えは、YESです。

半減期のない仮想通貨はもちろん存在します。仮想通貨の中で、半減期のない仮想通貨の方が多いです。

リップル(XRP,Ripple)には半減期はない

リップル(XRP,Ripple)には半減期はない

この記事の1番の問い、リップルに半減期はあるのか?

ということですが、リップルには半減期がありません。

リップルには半減期がないので、ビットコインみたいに価格が上がるイベントがない。と思わないでくださいね。

安心してください、リップルには半減期に変わる価格が上がる要因がありますので、これからご紹介していきます。

リップル(XRP,Ripple)に半減期がない理由

リップル(XRP,Ripple)に半減期がない理由

リップルには、なぜ半減期がないのか、その理由はリップルの発行枚数に理由が隠されています。

リップルは、発行上限枚数がすでに設定されていて、全て発行済みとなっています。そのため、マイナーがマイニングをしてコインを発行する必要がありません。

ビットコインでは、POW(proof of work)を採用しています。POW(proof of work)は、マイナーがマイニングをしてその報酬でビットコインをもらうことができます。

しかし、リップルは、POC(proof of consensus)を採用しており、マイナーの代わりにValidatorが取引を承認していく仕組みになっています。

また、取引承認の報酬は、もらうことができません。それも、リップルの特徴と言えますね。

リップル(XRP,Ripple)は、半減期に代るものはあるの?

リップル(XRP,Ripple)は、半減期に代るものはあるの?

先ほど、リップルには半減期がないとお話しました。

それでは、リップルは半減期のように価格を下げない施策があるのでしょうか?それをここではご紹介していきます。

リップルには、半減期がない代わりにそれに代るものがあるんです。その仕組みは、取引を認証する役割の人に支払われる報酬は、リップルは支払われません。

ビットコインでは、マイナーに取引承認の報酬が支払われますよね。リップルでは、その報酬は、使われないものになります。

厳密にいうと、使えなくなりますので、リップルの発行枚数は現象していきます。そうして、インフレを防ぎ、自然にリップルの価格が上がっていくようにしているんですね。

そのため、リップルには半減期が必要ないということです。仮想通貨それぞれ、インフレ状態を防ぎ仮想通貨の価格下落を防ぐために工夫しているのですね。

半減期のないリップル(XRP,Ripple)で儲ける方法

半減期のないリップル。

そんなリップルで儲ける方法を初心者向けにご紹介していきたいとお思います。簡単なものをご紹介していくのでみていきましょう。

【儲ける方法】現物取引

一番簡単で知られている取引方法、現物取引。

現物取引というのは、ショッピングをイメージしてもらうとわかりやすいですが、1万円分のリップルを買います。

この時の買いは、ロングです。1万円のリップルを現物でロングの注文を入れると、価格が上がったり下がったりすると、その価格差がそのまま利益や損失につながります。

ビットコインで言うと、1ビットコイン50万円の時に、1ビットコインを購入し、ビットコイン=70万円になるとします。

そうすると、利益は、20万円になります。計算するととても簡単で単純なので初心者の方や、長期保有する方におすすめの取引方法です。

【儲ける方法】レバレッジ取引

レバレッジとは、てこの原理のように少ない資金で、大きなお金を動かせることをいいます。

国内取引所では、レアレッジは一律最大4倍になりました。しかし、海外取引所だと最大100倍も可能です。

なので、1万円の必要証拠金で100万円分のリップルを取引することができるということですね。利益を大きく出すこともできますが、損失もその分リスクがあります。

よく考えて行う必要のある取引方法です。

リップル(XRP,Ripple)が取引できる取引所5選!

リップル(XRP,Ripple)が取引できる取引所5選!

リップルが取引できる取引所は、とても多いです。

有名な仮想通貨なので、取り扱っている取引所が多いからこそ、慎重に選ぶ必要があるんです。

それでは、みていきましょう。

BitMEX(ビットメックス)

【BitMEX編】ビットコインキャッシュ(BCH)の買い方

BitMEX(ビットメックス)
おすすめ度 ★★★★★/5
取り扱い通貨数 8種類
レバレッジ対応
最大レバレッジ倍率 100倍
日本語対応

BitMEXは、ビットコインの取引高が世界でもトップの取引所です。

レバレッジ取引の先駆けのような取引所で、当初よりレバレッジ100倍で多くのユーザーを虜にしてきました。

日本語にも完全対応しているので、初心者の方でも安心してご利用いただけます。

カスタマーサポートも日本語で受けることができます。

ビットメックス 手数料BitMEX(ビットメックス)の手数料を全て徹底解説!【手数料を節約する方法はあるのか!?】 bitmex 使い方【保存版】BitMEX(ビットメックス)の使い方を徹底図解!【登録から出金方法まで】

BINANCE(バイナンス)

BINANCE 評判

BINANCE(バイナンス)
おすすめ度 ★★★★★/5
取り扱い通貨数 1000種類
レバレッジ対応
最大レバレッジ倍率 125倍
日本語対応 ×

バイナンスは、アジアを拠点にした取引所です。

日本語には残念ながら対応しておらず、英語表記になりますので、少し戸惑うかもしれませんが、慣れますので、安心してくださいね。

アプリも最近リリースされて、外出先でもスマホで取引ができるので好評ですよ。

2段階認証を採用していて、セキュリティにも定評があります。

バイナンス binance fx【2020年】BINANCE(バイナンス)でFX取引が可能に!レバレッジ取引のルールや取り扱い通貨について徹底解説! バイナンス 使い方【保存版】バイナンス(BINANCE)の使い方を詳しく図解説!【登録方法から出金、レバレッジ変更まで】

Bybit(バイビット)

bybit

Bybit(バイビット)
おすすめ度 ★★★★/4
取り扱い通貨数 4種類
レバレッジ対応
最大レバレッジ倍率 100倍
日本語対応

Bybitは、比較的歴史の浅い取引所ですが人気はすでにあり、多くの方が利用しています。

レバレッジにも対応していて、とても便利ですよ。日本語にも対応しています。

取扱通貨が少し少ないのが懸念点ですが、サブとして使用する文には十分でしょう。

ぜひ、利用してみてくださいね。

bybit 評判【2020年最新】Bybit(バイビット)の評判・口コミはどう?リアルな意見を交えてご紹介! bybit 使い方【超簡単】Bybit(バイビット)の使い方を徹底解説!|登録方法から取引画面の見方、送金方法まで

BaseFEX(ベースフェックス)

BaseFEX(ベースフェックス)

BaseFEX(ベースフェックス)
おすすめ度 ★★★★/4
取り扱い通貨数 12種類
レバレッジ対応
最大レバレッジ倍率 最大100倍
日本語対応

BaseFEXは、レバレッジ取引専用の取引所です。そのため、現物取引はありません。

BitMEXと似ていることが多く、レバレッジトークンの取引もできるため、利用しているユーザーが多くなっております。

取扱通貨も、12種類と不自由なく利用することができるでしょう。

BaseFEX 登録方法BaseFEX(ベースフェックス)の登録方法を図解でわかりやすく解説!【登録から取引画面の使い方まで全てわかる】 basefex 使い方【完全版】BaseFEX(ベースフェックス)の使い方はこれでバッチリ!登録方法から注文の出し方まで全て図解!

半減期のないリップル(XRP,Ripple)の取引する上での注意点

半減期のないリップル(XRP,Ripple)の取引する上での注意点

半減期のないリップルを取引する上での注意点をご紹介していきます。しっかりと注意して、確認していきましょう。

【注意点①】ボラリティに注意

ボラリティは価格変動のことを言います。

ボラリティが大きと価格差が大きいということですが、その分大きく稼げるポテンシャルがあるということですが、その分損失も大きくなる可能性があることを知っておく必要があります。

リップルは、特にボラリティが大きい仮想通貨として知られているので、注意してくださいね。

【注意点②】取引所を吟味する

取引所を吟味する必要はあります。

手数料や仮想通貨の取扱通貨やレバレッジ、なども全て取引所によって違ってきます。

良い取引所を選ぶことで、セキュリティを担保することもできます。

おすすめの取引所はBitMEXとなっております。登録も簡単で、5分ほどで終わるのでぜひ登録してみてくださいね。

【注意点③】イナゴは追わない

イナゴとは急激に価格が上がり買い注文や売り注文が集中している時の現象になります。

一見、このイナゴに乗って、注文を入れば儲けが出ると思われがちですが、大抵の場合は、注文が通った頃には相場が逆方向に変動していることが多いです。

相場は急激に変化すると、反発する傾向があるので、イナゴタワーは追わない方が無難です。

【注意点④】セキュリティ

仮想通貨取引をする上で、セキュリティはとても大切です。

取引所自体のセキュリティ対策もしっかりとチェックする必要がありますが、ユーザーができることと言えば、ハードウェアウォレットを購入し使用することだったり、資金を取引所に放置しないことだったり、2段階認証を徹底して設定しておくことです。

ご自身でできることは、しっかりと行って、セキュリティを強化していきましょう。

【まとめ】半減期のないリップル(XRP,Ripple)をよく理解して投資しよう!

この記事では、リップルの半減期について詳しくご紹介していきました。

リップルの半減期はない!ということでしたが、それに代るものがありましたね。

リップルは将来性のある仮想通貨です。今のうちにリップルに投資しておくのも良いですね。

ぜひ、BitMEXでリップルの取引をスタートさせてみてくださいね。

BitMEX(ビットメックス)公式サイトはこちら

リップル やばいリップル(XRP)がやばい?将来性や投資のリスク、今後の価格なども徹底解説! リップル 買い方【リップル(XRP)の買い方/購入方法】図解で分かりやすく解説!取引所やメリット・デメリットもわかる! リップル FX【保存版】リップル(XRP)のレバレッジ取引ができる取引所厳選!FXの注意点やメリット・デメリットがわかる!