Chainlink(リンク)の将来性を徹底解説!今後の予想価格や提携企業、評判、購入できる取引所を紹介!

LINK 将来性

リンクの将来性についてご紹介するにあたり、運営元や今度のロードマップを含めた知っておきたい基本情報、将来性やリンクが提携している企業について、リンクが買える取引所について、ツイッター上の口コミ・評判とともに海外のサイトの価格予想、注意点もご紹介します。

この記事を読んでわかること

・リンクの基本情報
・リンクの将来性/今後
・リンクの提携企業
・リンクが買える取引所
・リンクの口コミ・評判・価格予想

おすすめの取引所『BINANCE』

バイナンスコイン
・口座登録はとても簡単!5分で完了するから初心者でも安心。
・追証なしなのにハイレバレッジで取引可能!
・二段階認証でセキュリティにも定評あり!
・BINANCEに登録しておけば間違いなし!

\バイナンスに今すぐ登録/

Chainlink(リンク)はどんな仮想通貨?

Chainlink(リンク)はどんな仮想通貨?

リンクの基本情報を踏まえ、リンクの運営元、今後のロードマップについてもご紹介します。

Chainlink(リンク)の基本情報

Chainlink(リンク)の基本情報

Chainlink(リンク)
24時間取引高 約450億70,945,700円
時価総額 約1637億16,584,400円
最高値 約481円
技術 分散型オラクル
魅力 世界的超一流企業との提携による技術
おすすめ度 ★★★★

 

最高値を達成したのが2020年の2月19日で現在も価格が上昇傾向にあり、時価総額15位にランクインし、発行上限10億枚の仮想通貨になります。

独自のスマートコントラクトの技術によりその将来性も評価されており、ビットコインなどの相場に影響されにくい仮想通貨として注目が集まっている仮想通貨でもあります。

スマートコントラクトとは
契約を自動化すること

Chainlink(リンク)の運営元

CEOセルゲイ・ナザロフを中心に大学の教授らと協力し、スマートコントラクト社により開発され、スマートコントラクト社により運営されています。

Chainlink(リンク)の今後のロードマップ

独自のスマートコントラクトの技術とともに大手企業との提携もありその技術が磨かれ、他の取引所での上場も行われ普及や今後も企業との提携があると予想できます。

Chainlink(リンク)の将来性/今後

リンクは大企業とも提携しており、その提携があるだけで安泰とも言える企業ですので今後の将来性はその提携先が提携する限り有望とも言えます。

そこでリンクの将来性/今後を詳しく、提携している大企業にも注目してご紹介します。

スマートコントラクトを採用

スマートコントラクトを採用することにより、契約をプログラム化し自動的に行わせることで取引のスピードも早くなり、時間を短縮することにより手数料も安く済むことができます。

さらにリンクではスマートコントラクトの弱点現物資産との結びつけも可能としています。

オラクルを導入

オラクルとは
米国オラクル社が開発したデータベース管理システムのことで分散型オラクルのミドルウェアを目指して開発されました。サーバー上でネットワークでデータベースを共有して複数ユーザーが同時に利用ができ、データベース言語はSQLを利用
分散型オラクルとは
スマートコントラクトに外部データを提供を可能にするオラクル

1970年代から販売されており、世界初の商用データベースとして大規模な業務システムに幅広く利用されています。

海外で注目されている

ブロックチェーン上に様々な機能をもたらすことにより海外でも注目されている仮想通貨で、より簡単にスピーディに仮想通貨の送金も国際銀行間通信協会やクレジットカード、PayPalに連携して送金することを可能にしました。

大企業と続々提携している

グーグル、オラクルとも提携をし、グーグルにおいては提携されるのではないかというようなことをグーグルの関係者がネット上で発言しただけでリンクの価格は大急騰しました。

GAFAと言われるその1つのグーグルとアメリカのマイクロソフトと同じくソフトウェア会社3本の指に入るオラクルの大企業との提携をし今後も新たな事業などを起こしたりすれば価格が急騰する可能性もあります。

Chainlink(リンク)の提携企業

Chainlink(リンク)の提携企業

リンクは大企業とも提携しており、リンクの技術が役に立っており、どのくらいすごい技術なのかがこの提携企業との関係で理解できます。

Google

今やGAFAと呼ばれる企業の1つでインターネット検索サイト大手で、youtubeも買収しグローバル企業として知られています。

GoogleのBigQueryデータサービスにリンクの技術を統合し、イーサリアムからBigQueryデータをリクエストできる技術をグーグルと共同開発しました。

BigQueryは多くのデータを高速に分析するシステムのため、リンク独自のスマートコントラクトが活かされることとなります。

ORACLE

アメリカ合衆国カルフォルニア州に本拠があるマイクロソフト、IBMにつぐソフトウェア会社でJavaやクラウドアプリケーションなどの開発も手がけています。

オラクルブロックチェーンプラットフォーム上でリンクを利用出来るようになり、外部のデータソース、API、および支払いシステムに接続できるようになりました。

SWIFT

SWIFTとは
国際銀行間通信協会と言われ、本部はベルギーにあり、金融機関同士の通信にクラウドサービスを提供する会社

リンクのブロックチェーンの実証実験に成功し、国際銀行間通信協会の決済技術がリンクに組み込まれればさらにリンクのシステム向上になると考えられています。

Harmony

Harmonyとは
ハーモニーと言い、仮想通貨ハーモニーとしてアップルやグーグルのエンジニアが開発に携わっており仮想通貨として技術革新をし続けている仮想通貨

安全なブロックチェーンを提供するためにリンクのスマートコントラクトを応用し安全な契約が可能となりました。

ハーモニーはバイナンスのバイナンスチェーンで発行され、PBFTに強いとされている仮想通貨でもあり、このような企業とリンクが提携していることだけでもリンクのレベルの高さが伺え、今後もリンクが提供するようなことも可能性として期待できます。

Chainlink(リンク)が買える取引所TOP2!

Chainlink(リンク)が買える取引所TOP2!

リンクは海外でしか購入できない仮想通貨ですが、ここで多数ある海外の仮想通貨の中でもTOP2に絞ってオススメの仮想通貨取引所をご紹介します。

【海外取引所/おすすめNo.1】BINANCE

BINANCE 評判

BINANCE
おすすめ度 ★★★★/4
取り扱い通貨数 1000種類以上
レバレッジ対応 あり
最大レバレッジ倍率 125倍
日本語対応 なし

仮想通貨取引所としては世界でもトップレベルで取り扱い通貨数も多く、ハイレバレッジで取引でき、取引量も多いことから取引のしやすさもあり、BNB払いで取引手数料がお得にもなります。

BNB払いとは
1000種類以上の取引をする際にもこのバイナンス独自のBNB払いで便利に利用することができ、手数料も1年目50%、2年目25%、3年目12.5%、4年目6.75%、5年目で無料となります。
バイナンス binance fx【最新】BINANCE(バイナンス)でFX取引が可能に!レバレッジ取引のルールや取り扱い通貨について徹底解説!

【海外取引所】Coinbase pro

coinbase pro

Coinbase pro
おすすめ度 ★★★★/4
取り扱い通貨数 5種類
レバレッジ対応
最大レバレッジ倍率 5倍
日本語対応

取り扱い通貨数銘柄はビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、イーサリアムクラシックとなり、レバレッジの倍率は先物取引の場合3倍、信用取引の場合2~5倍となっております。

日本語にも対応しており日本の方でも取引がしやすい取引所となりオススメです。

Chainlink(リンク)の評判や口コミをチェック!

Chainlink(リンク)の評判や口コミをチェック!

リンクの基本情報や将来性/今後についてご紹介しましたが、評判や口コミからもチェックし細かいところまでリンクについてチェックしておきましょう!

現在も徐々に価格が上昇中

世界的に取引高も高いトップレベルの仮想通貨取引所バイナンスが2020年1月17日に先物取引としてリンクを取り扱い、1~75倍までレバレッジを効かせることができると発表したことの影響があると考えられます。

また、ラインのグループ会社の仮想通貨取引所ビットマックスを運営するLVCがリンクを取り扱うと発表、日本で初の取り扱いとなりその影響を受けての価格上昇と考えられます。

現在、時価総額12位まで上昇

12月18日に仮想通貨取引所フォビへ上場し、1月2日にマサチューセッツ工科大学のメディアMITテクノロジーが将来について有望なような記載があったため価格が上昇したものと考えられます。

フォビは世界的に有名な仮想通貨取引所ですし、マサチューセッツ工科大学も世界的にみても有名な大学でその影響力は大きいです。

 

将来性に期待

ほかのビットコインに影響される仮想通貨とは違い、スマートコントラクトの技術に加え提携した企業の技術により、市場に左右されずに徐々に高値につけていることは将来的にも期待ができます。

「冗談でなく、チェーンリンクは$1,000に到達する」

今チェーンリンクの相場は4ドルを超えている位置ではありますが、グーグルやオラクルなどの世界的大手企業との提携もあり、市場にも左右されずこのまま下落があっても上昇率が高いか、上昇トレンドを継続的になることがあれば1年にも足らない期間んでビットコインのように億り人の人も出てくる可能性があります。

Chainlink(リンク)の価格予想

Chainlink(リンク)の価格予想

リンクの基本情報や将来性/今後、提携先の企業についてご紹介した後で海外のサイトでの価格予想について知ることでよりリンクの将来性について知っておきましょう!

WalletInvestor

LINK is an awesome long-term (1-year) investment. The ChainLink price can go up from 2.080 USD to 5.020 USD in one year. The long-term earning potential is +141.33% in one year. The ChainLink (LINK ) future price in 2024 will be 16.491 USD.
引用:https://changelly.com/

【訳】LINKは素晴らしい長期(1年)の投資です。 ChainLinkの価格は、1年で2.080 USDから5.020 USDに上昇する可能性があります。 長期的な収益の可能性は、1年間で+ 141.33%です。 2024年のChainLink(LINK)の将来の価格は16.491 USDになります。

下落の場合もありますが徐々に価格を上げてきているリンクの予想として前者の予想はほぼ近くまで予想できており、2024年には今の4倍の価格になることを予想していますがこのままのチャートと同じ上昇の仕方であれば無理ではないと理解できます。

Crypto-Rating

Chainlink price will be at $2.48 in 1 week and $3.44 in 1 month. Analysis of the cryptocurrency market shows that Chainlink price may reach $7.37 by 1st of June 2020 driven by the potential interest from large institutional investors and more regulation expected in the field of digital currencies.
引用:https://changelly.com/

【訳】Chainlinkの価格は1週間で2.48ドル、1ヶ月で3.44ドルになります。 暗号通貨市場の分析によると、チェーンリンクの価格は、2020年6月1日までに、大規模機関投資家からの潜在的関心とデジタル通貨の分野での規制の強化により、7.37ドルに達する可能性があります。

マネーロンダリングなどの犯罪に関する利用がされるとしてG20では共同声明で仮想通貨への規制が強まることは前から言われていることにより徐々に話が進行しており、まだ歴史が浅い仮想通貨でも大手企業との提携など話題も再び大きくなり価格の上昇の話も出回っており、このリンクのチャートの動きからも達成する期待が持てます。

DigitalCoinPrice

Chainlink (LINK) price will increase. Chainlink (LINK) is a profitable investment. The price of 1 Chainlink (LINK) can roughly be up to $1.88 USD in 1 years time a 1X nearly from the current Chainlink price.
引用:https://changelly.com/

【訳】Chainlink(LINK)の価格が上がります。 Chainlink(LINK)は有益な投資です。 1 Chainlink(LINK)の価格は、現在のChainlinkの価格のほぼ1倍である1年間で、約$ 1.88 USDになります。

このデジタルコインプライスでは弱気の予想で価格が初期の頃に戻るとの予想ですが、チャートの状況からもその程度まで下がってもおかしくなく、また急上昇する可能性もあります。

Chainlink(リンク)の注意点

Chainlink(リンク)の注意点

技術もすごく、大手企業との提携もして、将来性も有望なリンクではありますが注意点がありますのでここでご紹介します。

国内取引所での取り扱いはなし

先ほどご紹介したリンクが買える仮想通貨取引所でもご紹介したように、リンクは国内取引所では取り扱いがなく、海外取引所のみの取り扱いになります。

なので外国語でいろいろ取引などをしなければいけませんが、コインベース のように日本語に対応している取引所もありますので先ほどご紹介した取引所をオススメします。

長期保有は、ハードウェアウォレット「Ledger nano S」がおすすめ!

リンクはオラクルやグーグルと提携しているほどなのでセキュリティには問題ないと思いますが、万が一のことを考えるとハードウォレット保有をオススメします。

取引所でも保持しているリンクを預けておくことは可能ですが、取引所のハッキングなどにより保持しているリンクがなくなったりする場合もあります。

特に長期保有の場合はリンクや預けている取引所について気にしない場合もありますので、安心して保持するのであればハードウェアウォレットのレジャーナノエスをオススメします。

レジャーナノエスであればハードウォレットの中でも知名度もあり持ち運びもしやすく、保管の際も小さい金庫でも入る大きさです。

ただ、中古のハードウェアウォレットではなくウイルスなどの危険性も兼ねて新品で公式認定サイトから購入することをオススメします。

Chainlink(リンク)の将来性まとめ

この記事のまとめ
・独自のスマートコントラクトの技術が高い評価を受けている
・グーグルやオラクルなどの大手企業との提携があり将来性も有望
・価格が上昇傾向で今後も価格が上昇する可能性がある
・国内取引所での取り扱いがなく、万が一のことも考えてハードウェアウォレットで保持することをオススメ

チェンリンクの凄さを理解でき、今後も投資や投機の参考になれば嬉しい限りです。

チェーンリンク自体の技術もすごいもののグーグルやオラクルなどとの大手企業との提携が続くのであれば将来性も有望と言え、今後も価格の上昇が考えられます。

ただあまりにも大きく影響力のある大企業ですので定期的な情報収集により投資や投機に役立てることをオススメします。

LINK 将来性Chainlink(リンク)の将来性を徹底解説!今後の予想価格や提携企業、評判、購入できる取引所を紹介!